LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

育毛といって、飛びつかない人はいないほど、薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多い日本人。ある意味国民病となっています。昔は、男性特有の悩みでしたが、最近では、薄毛、抜け毛で悩む女性も増えています。

これは、女性の社会進出による、ストレス増加、食生活の乱れ等が起因していると言われています。さて 育毛については、原因から考えた対策方法考えてみましょう。

育毛を邪魔する原因と対策 

育毛にまず必要なのは、毛根への栄養補給です。

まず始めに、育毛で悩む場合の目安ですが、だいたい人は、50本/日程度は抜けています。

ただし、育毛が気になる薄毛、抜け毛になる人は、100本以上/日の抜け毛があるそうです。実際数える人は少ないですが、ちょっと多いかなと思ったら現状確認のために抜け毛の数を計ってみたらいかがでしょうか。

100本以上なら、すぐに育毛対策をしないとダメな状態かもしれません。

育毛

育毛には良い食事から。

髪は約18種類のアミノ酸から構成している、ケラチンというタンパク質から出来ています。その中で1番多いのが、シスチンというアミノ酸です。このシスチンは体内で合成出来ない必須アミノ酸である、メチオニンからつくられています。そのため、必須アミノ酸を多く含む食品が、育毛には最適な食物なのです。

必須アミノ酸は、豆腐に代表される大豆食品やイモ類、玄米などに多くふくまれており、これら植物性の食品が良質なタンパク質の源となります。

もちろん、肉、魚、卵などの動物性タンパク質にも必須アミノ酸が非常に多く、タンパク質を効率的に作れる食品ですが、髪の毛のためにと多く摂り過ぎるとかんじんの健康を害することもあるので注意が必要。

また 過度なダイエットによる脱毛は、栄養失調によって髪の素となるタンパク質が不足すると抜け毛や薄毛につながり、育毛が必要になります。必須アミノ酸メチオニンの入っている食品についてこちらのブログを参照してください。

3つの育毛 方法で、髪の毛は復活する。 

育毛には必要な血行促進です。

どんなに、きちんと栄養をとっても、毛根細胞に栄養がいかないと木の根っこの部分に必要な栄養素をとどけるのが毛細血管の役割です。畑に自動的に栄養のある水をまくホースみたいなものと考えれば判りやすいでしょうか。

血行促進には、2つの側面があります。ひとつは、血流を良くするため、血液のもととなる、鉄分やカルシウムをはじめとしたミネラル類や、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる食物繊維など、健康な血液と血管の正常な機能を保つ栄養分を取る事が重要です。また、各種のミネラル分を豊富に含むにんじん、ごぼうなどの根野菜は、髪の健康に必須の食材レシピです。

昔から昆布やわかめなどの海藻類は髪にいいと言われるのも、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富だから。さらに、あのヌメヌメとした部分に含まれるコンドロイチンが、育毛によく、髪の保水性や弾力性を高めるとも言われています。

もう一方で、頭皮の弾力です。頭皮は、筋肉が無い事で、血圧の力だけで栄養素を送らなければなりません。そのため頭皮が固いと、簡単に毛細血管がつぶされて、詰まってしまうのです。そのため、血液が滞って、毛根まで栄養を送る事が出来なくなるのです。頭皮のてっぺんの脱毛はこれがほとんど原因です。

そのため、定期的なマッサージが必要となります。頭皮をこするようなマッサージだと 摩擦によって、短い毛や弱い毛が脱落するため、頭皮をもむのでは無く、頭皮と頭蓋骨をずらすように、伸ばし、動かすような方法が育毛にはおすすめです。またこれによって、血管も伸び縮みしますので、弾力性が復活して、毛細血管の先まで、血流によって栄養素を毛母細胞まで、送り届ける事ができるようになります。

血行促進のために育毛に良いとされる薬液には、ミノキシジルがあるこれは、もともと、血管拡張作用があるため、高血圧の薬として開発されたが、その血管拡張作用から、育毛の薬としても販売されるようになった。

このミノシジルを外用薬として、使って販売したのが、リアップです。ただし、外用薬については、痒みを伴うとの副作用が報告されている。これは、ミノキシジル本体というよりも、主剤である、プロピレングリコールによるアレルギーの方が多いようです。

また女性が使用する場合は、成分が母乳に移行する関係で、授乳中の子供がいる場合は、避けるべきです。

そして、これは治療薬では無いため、使用を継続する必要があり、外用薬よりも、服用薬の方が効果が高いとの結果のようです。

育毛のためには、必要な、正しいシャンプーの方法

実際正しいシャンプーの方法を実践するだけで、育毛に良い事は判っています。

このサイトで紹介している、正しいシャンプーの方法は、多方面の情報を検証した結果、情報を更新しなが作成しています。この方法を使用すると、シャンプーをした後、頭皮がほんのり温かくなります。ならない場合は、足りない事になります。⇒正しいシャンプーの方法

先祖から継承 ハゲは遺伝する。

そう実は、育毛の大敵 ハゲは遺伝します。ちょっとストレートですが、特に男性は、親がハゲていると、自分では大丈夫と思っていても突然抜け毛が酷くなり、将来的に育毛の必要性があります。遺伝でのハゲの特長としては、おでこが後退するハゲ方です。天辺のハケについては、遺伝ではありません。

男性型脱毛原因のほとんどがこれです。ジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。これは、男性ホルモン テストストロンが毛根の5α-リダクターゼ酵素で変化したもので、育毛を阻止しようとする働きがあります。

このDHAの働きを抑制する物質として注目されて効果があると言われているのが、フィナステリド というもので、薬の名前は、プロペシア というものです。が、長期的に飲むことで育毛効果を発揮するサプリです。

80%程度の人が効果を感じるとの事です。これは、あくまでも、男性型脱毛のDHT(育毛阻害因子)を眠らせる事ができるため、育毛のリミッターを解除する事が出来るものです。 

同様に育毛を促す効果のものとして、IGF-Iを増やす事で、育毛細胞を活性化する。これは、岡嶋医師が提唱しているもので、これは、頭皮だけでなく、体全体の細胞活性に、効果があるものです。

やり方としては胃にある物質が入った事で、知覚細胞が反応して成長因子が活性化するという理論で、検証によって カプサイシン、イソフラボンが効果が高い事が判っている。また、赤ワイン、オリーブオイル、カカオも育毛効果が確認されています。

育毛に必要な3つのポイントまとめ

おさらいですが、育毛に、必要なものは、次の3つです。

・髪をつくる栄養素

食事を通じて、髪の栄養素のもとになる、ものを血液に流す必要があります。 

・栄養を髪の毛に届ける(血行促進)

毛細血管まで、血液を循環するように、血行促進になる事を行って下さい。加齢で、毛細血管がつまってくるため、頭皮マッサージをしながらのシャンプーは育毛に有効です。 

・毛母細胞の活性化

毛母細胞も残念ながら、加齢等には、勝てませんので、ここは薬に頼るしかないです。

この3つが重要で、どれがひとつ欠けても育毛・発毛には、繋がりません。個人個人で、この部分は、違いますので、順番に増やしていく事が必要です。このポイントを確認しながら組み合わせて行く事で、育毛になります。

どちらにしても、まずは、食生活を大事にする事が重要です。将来の育毛のために 若いうちから、必須アミノ酸を多く含む、豆類をたべて、脂質の抑えた食事をしましょう。

中年過ぎからでも、食事と頭皮マッサージで、効果が出るとの事も年齢が、いっているから、もうダメと考えずに、是非実践をしてみましょう。簡単な事で、生涯 フサフサとした、育毛生活が目指せるかもしれません。

頭皮に優しいアミノ酸シャンプー 森かける香風

アミノ酸シャンプー 森かける香風

参考資料

薄毛対策室

育毛

改善率80%超!薄毛克服最強セット!!

わが頭争 ~ 遺伝的ハゲに効くたった一つの方法

薄毛の食卓 5か月で64.5%の人が発毛した食事法

抜け毛を予防したいならシャンプーの方法と順番を変えよう!男性版 

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket