育毛といって、飛びつかない人はいないほど、薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多い日本人。ある意味国民病となっています。昔は、男性特有の悩みでしたが、最近では、薄毛抜け毛で悩む女性も増えています。

育毛するための問題と対策 

育毛
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

育毛とは

育毛とは、現在生えている髪の毛を育てていく事で、薄毛や抜け毛にならないようにする事です。

髪の毛の生えている頭皮にある毛穴は実は一生変わる事が無いと言われています。そのため正常な状態であれば、髪の量が大幅に変わる事はありません。

しかし男性ホルモンなどをはじめとする、髪の毛の成長を抑制する様々な要因によって、薄毛や抜け毛に繋がるのです。一方で言えば、その要因をひとつひとつ対処していく事で、育毛効果を実感出来るのです。

また、育毛を考える場合目安としては、100本以上/日抜けるようになったら本気で育毛の事を考える必要があります。

育毛を妨げる要因とは

髪の毛の材料が足りない

髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質で出来ています。そのためケラチンを作り出す栄養素の摂取が足りないと髪の毛を作り出す事が出来ません。またケラチンは髪の毛だけで無く、爪などもケラチンで出来ているので、爪の調子も悪い場合は、栄養不足の可能性があります。

血行不良

どんなに栄養をきっちりとっていても、栄養が髪の毛まで届いていなければ、育毛には繋がりません。髪の毛を作り出す毛母細胞に栄養を伝えるのは、毛細血管の仕事です。そのため血行不良などが発生する事で、折角の栄養素が毛母細胞に届かなくなる事で、薄毛や抜け毛に繋がってしまうのです。

男性ホルモン

男性ホルモンであるテトロステロンが頭皮にある5α-リダクターゼ酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する事で、毛母細胞への栄養供給を抑制する働きがあります。そのため育毛抑制効果が高いものです。

これは一般的ににAGA(男性型脱毛)の原因となるもので、M字型脱毛などはこれが原因の可能性が高いです。これは遺伝性が高いものです。また男性特有のものですが、閉経後の女性も発生すると言われているものです。

間違っている育毛方法

頭皮を冷やす

頭皮は以外にも温度変化に非常に敏感です。時に急激な温度変化は、血管を収縮させてしまい血流の流れを悪くしてしまいます。また冷感商品も血流促進のために使用しますが、度々使用していると頭皮が厚くなったの固くなると言われていますで、やり過ぎは注意です。

頭皮を叩く

一時期、育毛のために良いとして頭皮を叩くような事がありましたが、現在は否定されており叩く事で、頭皮の毛細血管が傷つく事で、血行不良の原因となると言われています。

頭皮を掻く、擦る

頭皮は湿度が高い事もあり、非常に皮膚が柔らかい部分です。そのため爪をたてて掻いたり、指先で擦る事で、簡単に炎症をおこしてしまいます。それによって育毛に大事な毛母細胞にダメージを与えてしまいます。

過剰にシャンプーをする。

頭皮は身体の中で1番皮脂線が多い部分ですので、皮脂が多くなっています。そのためシャンプーを多様する人が多いのも事実です。汚れを取るためにシャンプーは必要ですが、過剰にする事で、頭皮を守っている皮脂か無くなり角質が向きだし状態となることで肌が乾燥して頭皮環境が悪くなります。

頭皮環境が悪くなると当然毛母細胞にも影響して育毛にはよくない環境になります。

脂肪分の多い食事をする。

普段から脂肪分の多い食事をして、野菜などの摂取量が低いと血液がドロドロにりやすく、ドロドロ血液は、当然血栓をおこしやすく、毛細血管の中に流れなくなります。そうすると髪の毛に栄養を運ぶ事ができなくなり、脱毛につながってしまうのです。

育毛対策(髪の毛が元気になる方法)

育毛に効く食事をする。

髪の毛の主成分であるケラチンは、18種類のアミノ酸から出来ています。その中でもシスチンと呼ばれる必須アミノ酸が重要です。シスチンは含硫アミノ酸とも呼ばれるもので、システインが2つ結合したものです。このシステインは、メチオニンと呼ばれる必須アミノ酸から合成されたものです。

そのためこのメチオニンの多い食品を取る事が育毛には最適なのです。

育毛に良いメチオニンの多い食品

メチオニンは、牛乳タンパクであるカゼインや小麦に含まれている、小麦タンパクなどに多く含まれている必須アミノ酸です。これらは、髪の毛や爪になるアミノ酸を取ることが大事です。

過度なダイエットによって、薄毛や脱毛が発生するのは、栄養失調によって髪の素となるメチオニンなどの有効なアミノ酸やタンパク質が不足ために発生するのです。それ以外には、育毛にはいくつかの栄養素が必要ですので、詳しくは、3つの育毛 方法で、髪の毛は復活する。にて確認をしてください。 

栄養豊富な血液を頭皮まで運ぶには

髪の毛の材料となる必須アミノ酸を取ると同時にその栄養を髪の毛の毛母細胞へ届ける事が育毛には大事なのです。そのためには血液がサラサラ状態でなくてはいけません。

血液のもととなる、鉄分やカルシウムをはじめとしたミネラル類や、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる食物繊維など、健康な血液と血管の正常な機能を保つ栄養分を取る事が重要です。また、各種のミネラル分を豊富に含むにんじん、ごぼうなどの根野菜は、髪の健康に必須の食材レシピです。

昔から昆布やわかめなどの海藻類は髪にいいと言われるのも、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富だから。さらに、あのヌメヌメとした部分に含まれるコンドロイチンが、育毛によく、髪の保水性や弾力性を高めるとも言われています。

育毛に必要な血行促進です。

頭皮のマッサージ

食事で、血液対策の他に血行促進のためには頭皮がやわらかい必要があります。

頭皮は、筋肉が無い事で、血圧の力だけで栄養素を送らなければなりません。そのため頭皮が固いと、簡単に毛細血管がつぶされて詰まってしまうのです。そのため、血液が滞って、毛根まで栄養を送る事が出来なくなるのです。頭皮のてっぺんの脱毛の原因の大半が、頭が固い事に由来していると言われています。

そのため、定期的なマッサージが必要となります。頭皮をこするようなマッサージだと 摩擦によって、短い毛や弱い毛が脱落するため、頭皮をもむのでは無く、頭皮と頭蓋骨をずらすように、伸ばし、動かすような方法が育毛にはおすすめです。

またこれによって、血管も伸び縮みしますので、弾力性が復活して、毛細血管の先まで血流が流れやすくなり、栄養素を毛母細胞まで送り届ける事ができるようになります。

育毛剤を使用する。

血行促進のために育毛に良いとされる薬液には、ミノキシジルがあります。もともと、血管拡張作用があるため、高血圧の薬として開発されましたが、後になりその血管拡張作用から、育毛の効果があると判り、育毛成分として販売されるようになったものです。

このミノシジルを外用薬として、使って販売したのが、リアップです。ただし、外用薬については、痒みを伴うとの副作用が報告されている。これは、ミノキシジル成分というよりも、主剤である、プロピレングリコールによるアレルギーの方が多いようです。

また女性が使用する場合は、成分が母乳に移行する関係で、授乳中の子供がいる場合は、避けるべきです。そして、これは治療薬では無いため、使用を継続する必要があり、外用薬よりも服用薬の方が効果が高いとの結果もあるようです。

育毛に必要なヘアケアを行う

育毛で必要なのは、毛母細胞を元気にするためには頭皮環境を良くする事です。1番は清浄にする事が大事なのですが、一般的にシャンプーなどで洗いすぎる傾向がありますので、正しいシャンプーの方法を読んで実践してください。

このサイトで紹介している、正しいシャンプーの方法は、多方面の情報を検証した結果、情報を更新しながら作成しています。この方法を使用すると、シャンプーをした後、頭皮がほんのり温かくなります。ならない場合は、足りない事になります。⇒正しいシャンプーの方法

育毛対策のための飲み薬

男性ホルモンが原因の男性型脱毛(AGA)に対して非常に効果が高い飲み薬がプロペシアというものです。これにはフィナステリド成分が含まれており、長期的に飲むことで高い育毛効果を発揮するサプリメントです。

80%程度の人が効果を感じるとの事です。これは5α-リダクターゼを抑える事で、育毛抑制因子であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える事で育毛対策をする方法です。現在では、プロペシア以外にもさらに強力なデュタステリドなどがあります。

育毛細胞を活性化する食品を取る

実は、育毛を促進させる食品が存在しています。それは体内のIGF-Iを増やす事で育毛細胞を活性化する事が出来るという事です。

これは、岡嶋医師が提唱しているもので、これは頭皮だけでなく、体全体の細胞活性に、効果があり、全身の細胞が活性化する方法です。

やり方としては胃にある物質が入った事で、知覚細胞が反応して成長因子が活性化するという理論で、検証によって カプサイシン、イソフラボンが効果が高い事が判っています。また、赤ワイン、オリーブオイル、カカオも育毛効果が確認されています。

代表的な育毛成分

育毛成分には、ミノキシジルのように直接効果が期待できるものの他に、化粧品成分として効果が期待できる成分が多数存在します。

アルギニン

アルギニンは、肉類に多く含有しており、続いて、大豆、玄米、レーズン、エビ、牛乳といったものに含まれ、血管の「老化防止」機能を持っており、血管の弛緩作用のある育毛成分です。

オタネニンジン根エキス

オタネニンジン根エキスは、オタネニンジンの根から抽出されたエキスです。オタネニンジン 一般名としては、”朝鮮人参(ちょうせんにんじん)”、”高麗人参(こうらいにんじん)”と呼ばれているもので、ウコギ科の多年草です。韓国や中国を中心に栽培されている植物です。主成分としてのジンノセサイドが、代謝と血行を促す効果があり、育毛成分として使用されています。

オドリコ花エキス

オドリコ花エキスには、フラボノイド、タンニン、ヒスタミン、チラミン、メチラミンなどの成分が含まれており、育毛効果のある成分です。

アルニカ花エキス

アルニカ花エキスはヨーロッパ原産で山地の牧草地に生えるキク科の多年草でアルニカ(日本では、ウサギギク)と呼ばれるもので、髪の毛の育毛刺激剤として効果がある育毛成分です。

オランダカラシエキス

オランダカラシエキスはアブラナ科の多年草である、オランダカラシ(クレソン)から抽出したエキスです。主成分であるシニグリンと呼ばれる配糖体の影響で、育毛作用のある成分です。

オレンジ油 

オレンジ油の主成分は、d-リモネン(90%)によって、血行促進をして、発汗作用を促し、老廃物を排出する効果があることで、育毛にも効果があるとされています。

加水分解コメエキス

加水分解コメエキスは、精米した米には、タンパク質が約2.7%含まれており、その60~70%がオリゼニンと呼ばれる特殊なタンパク質です。このタンパク質は、中心部分よりも、周辺部分に多くあるタンパク質で育毛効果のある成分です。

シャクヤクエキス(シャクヤク根エキス)

シャクヤクエキスは、ボタン科のシャクヤクの根から抽出されたエキスです。シャクヤクの根は、生薬としても使用されており主成分のペオニフロリン、テルペン類の効果による育毛効果がある成分です。

ショウガ根茎エキス

ショウガ根茎エキスは、ショウガ科の多年草のショウガ(生姜)の根茎から抽出されたエキスです。アンチエイジング効果がある事から育毛効果のある成分です。

酒石酸

酒石酸は、ぶどうやレモンなどに含まれている酸味成分で、毛髪の成長因子に直接作用することから、育毛成分として使われています。

センブリエキス

センブリエキスは、主成分であるスウェルチアマリンスウェルチアニンの働きによって血流促進作用によって毛根部に直接働きかけて、毛根に栄養素をおくる事で、育毛効果のある成分となります。

チョウジエキス

チョウジエキスは、チョウジノキ(一般的には香辛料として使用されるグローブの事)の花の蕾みから抽出したエキスで、グラム陽性菌、グラム陰性菌に対して広範囲の殺菌性能があり、その殺菌力で頭皮環境を良くする事から育毛効果のある成分とされています。

ニンニク根エキス

ニンニク根エキスは、アリシンの前駆体であるS-アリルシステインは、育毛効果に関係するIGF-1を増加する働きがあります。

豆乳発酵液

豆乳発酵液は、大豆や黒豆から作った豆乳を原料としてラクトバチルスやデルブリッキーなどの乳酸菌によって24時間の長時間発酵させる事で、アミノ酸、乳酸菌、およびアグリコン型イソフラボンを含有したエキスです。乳酸菌の発酵によって分子量を小さくする事で、浸透性を良くした育毛成分です。

ヒオウギエキス

ヒオウギエキスは、アヤメ科アヤメ属の多年草である、ヒオウギの根茎から抽出したエキスで、主成分として、フラボノイドのひとつであるイソフラボン(ベラムカンジン、テクトリジン、イリジン)が含まれている育毛成分です。

ホップエキス

ホップエキスはアサ科のつる性多年草である、ポップのまつぼっくりの様な形の毬果(きゅうか)から抽出されたエキスです。ポップエキスを抽出する種類としては、未受精の雌株に限られています。受精した雌株は苦みや香りが劣化してしまう事で使われないため、雄株等も別に栽培をします。主成分としては、苦みのもととなる、タンニン、フラボン配糖体、フムロンなどが入っておりDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える効果がある事から育毛効果のある成分です。

ユズ油

ユズ油は、ユズの種、果実、そしてユズの果皮から抽出したエキスです。柑橘系の中で、耐寒性に強く極東で生育できる数少ない種類です。また、柑橘類特有の、そうか病、かいよう病などがおこりにくいため、消毒をする必要が無く、無農薬栽培が容易な数少ない柑橘類です。主成分としては、ビタミンCビタミンE、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パンテトン酸、カロテン、食物繊維などの有効成分によって頭皮環境を良くする事から育毛効果のある成分とされています。

レモン果実エキス

レモン果実エキスは、その名前の通り、レモンの果実を皮ごと、圧搾して抽出した成分に濃グリセリンを配合したもので、新陳代謝を活発とする事で、血液循環が良くなる事で、育毛効果のある成分です。

ローズ水(ローズウォーター)

ローズ水(ローズウォーター)は、バラの花から水蒸気蒸留法による抽出した精油の副産物で育毛効果のある成分です。

育毛に必要な3つのポイントまとめ

おさらいですが、育毛に、必要なものは、次の3つです。

  • 髪をつくる栄養素を取る
  • 血行促進によって、栄養を髪の毛に届ける
  • 毛母細胞の活性化

育毛には、この3つが重要になります。実はどれがひとつ欠けても育毛や発毛には繋がりません。個人個人で原因が異なりますのでこのポイントを見ながら、育毛をすると良いでしょう。

どちらにしても、まずは、食生活を大事にする事が重要です。将来の育毛のために 若いうちから、必須アミノ酸を多く含む、豆類をたべて、脂質の抑えた食事をしましょう。

また中年過ぎからでも、食事と頭皮マッサージで、効果が出ますので、年だからといってあきらめず是非実践してそましょう。以外と簡単な方法で、育毛が成功するかもしれません。

育毛に関係する商品

1 2 3 4 .. 1360

"モウガ 薬用育毛剤 120mL バスクリン 育毛促進 育毛ケア 育毛剤 発毛促進 抜け毛予防 生薬 医薬部外品"

"モウガ 薬用育毛剤 120mL バスクリン 育毛促進 育毛ケア 育毛剤 発毛促進 抜け毛予防 生薬 医薬部外品"
3,043 円
"モウガ 薬用育毛剤 120mL 『モウガ 薬用育毛剤 120mL 』◆生薬が効く。抜け毛の多さが気になりだしたら◆有効成分生薬100パーセント◆1日1回約10プッシュ区分:医薬部外品【モウガ 薬用育毛剤 120mL 詳細】原材料など商品名モウガ 薬用育毛剤 120mL 原材料もしくは全成分有効..

ルチア ノヴェルモイ 発毛 育毛3点セット 育毛シャンプー&コンディショナー&育毛剤 85mlタイプ1本

ルチア ノヴェルモイ 発毛 育毛3点セット 育毛シャンプー&コンディショナー&育毛剤 85mlタイプ1本
49,116 円
ルチア ノヴェルモイ 発毛 育毛3点セット 育毛シャンプー&コンディショナー&育毛剤 85mlタイプ1本

"石澤研究所 植物生まれの薬用育毛美容液 180ml 【医薬部外品】【ヘアケア】【スカルプケア】【育毛】【育毛剤】【美容液】 【髪】"

"石澤研究所 植物生まれの薬用育毛美容液 180ml  【医薬部外品】【ヘアケア】【スカルプケア】【育毛】【育毛剤】【美容液】 【髪】"
2,808 円
"植物生まれの薬用育毛美容液 「植物生まれの薬用育毛美容液」は、カチコチ地肌をやわらかくうるおいに満ちた地肌に導く、柑きつ成分&3種類の植物有効成分で「美髪」を守る、女性のための薬用育毛美容液です。 【商品名】植物生まれの薬用育毛美容液【容量】180m"

育毛革命

育毛革命
1,620 円
著者名:堀内 英夫 編著 内容説明:育毛の仕事に取り組んできた理容師が、育毛に関する知識のすべてを公開する。育毛用ミネラル活性水「MO?KONさま」の使い方や、育毛研究グループの検証座談会の内容、「MO?KONさま」開発者へのインタビューも収録。【「TRC MARC..

すっごい育毛剤 80mL

すっごい育毛剤 80mL
2,480 円
「商品情報」ビワ葉エキス配合のお肌に優しい育毛剤!【特長】・お求めやすく続けやすい育毛剤をコンセプトにこの育毛剤は開発されました。・いままで育毛剤を使ってみたかったけれど高くてなかなか使用できなかった方にも おすすめできる育毛剤です。・すっごい育毛剤は安..

1 2 3 4 .. 1360

CS Shop

参考資料

育毛の方法~効果的な育毛剤・シャンプーの使い方や食べ物~|発毛治療

やってはいけない育毛法|育毛シャンプー・育毛剤ルチア

育毛剤と発毛剤の違い | スカルプD公式サイト – アンファー

育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法まとめ – NAVER まとめ

効果的な発毛・育毛対策 薄毛・抜け毛の悩みはリーブ直販の商品で発毛 

薄毛対策室

育毛

改善率80%超!薄毛克服最強セット!!

わが頭争 ~ 遺伝的ハゲに効くたった一つの方法

抜け毛を予防したいならシャンプーの方法と順番を変えよう!男性版