Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

頭皮  乾燥するときの保湿はどうすれば、

良いのでしょうか?

頭皮が乾燥するのは、外的要因も

ありますが、普段のシャンプー等の頭皮ケアの

問題もあります。

頭皮 乾燥に保湿の対策方法をまとめてみました。

頭皮乾燥保湿 対策する方法

 

頭皮は、顔よりも、かさつきやすい。

もともと、水分量が少ない、頭皮ですが、

体や顔と比較すると、非常に乾燥しやすい

場所でもあります。

乾燥すると、肌は敏感になります。

そして、肌の必須成分、セラミドが不足気味になりがちです。

 

頭皮 乾燥をほっといて、保湿をしないとどうなる

加齢が原因の薄毛や白髪ですが、頭皮 乾燥が原因のひとつ

なんて知っていましたか?

頭皮 乾燥や紫外線によって、頭皮ダメージがあると、

薄毛や白髪になるというデーターもあります。

そのため、頭皮 乾燥には保湿が重要なのです。

 健康な髪は、頭皮からと言いますが、

お顔のスキンケアと同様に、

頭皮のアンチエイジングが必要なのです。

保湿のために、化粧水をつかうのも 有りですね。

 

頭皮の保湿に化粧水って本当!?

実は、頭皮の保湿目的で、

化粧水を使われている人が大勢いる

事に驚きました。

特に、冬場、頭皮は乾燥しやすいから

使っているとの事でした。

化粧水を頭皮にもちろん問題ありません。

但し、普段自分の顔に塗って、効果を感じられる

ものを使いましょう。

頭皮 乾燥の保湿については、冬場だけでなく、

夏の頭皮にお使いになっても良いです。

 

化粧水で出来る、頭皮 乾燥 保湿対策

頭皮 乾燥は、紫外線による、頭皮ダメージが原因もあります。

頭皮は、実は 顔の6倍もの 紫外線を浴びています。

毛髪で、覆われているので、問題ないと思われる方も多いですが、

体の中で、一番紫外線を受けているのです。

紫外線は、頭皮 乾燥だけで無く、近年では、

薄毛や白髪の原因のひとつとなっています。

頭皮の健康のためには、保湿が重要なのです。

その場合 化粧水で保湿という選択肢もあります。

 

頭皮 乾燥の保湿だけでなく、皮脂対策に良い、化粧水

頭皮トラブルのひとつに、頭皮べたつきがあります。

これは、皮脂の大量分泌ですが、保湿する事で、この分泌を抑えられる

可能性があるのです。

皮脂の分泌をコントロールするには、ビタミンCが入った化粧水が

おすすめとなります。

 

頭皮 乾燥のための保湿 シャンプーの方法

毎日 誰もが実施している、シャンプーは、

やり方次第で、頭皮 乾燥の原因にもなりますし、 頭皮 乾燥 保湿対策に

なったりします。

まず、シャンプーの方法を見直してみましょう。

 

頭皮 乾燥に 保湿という対策が必要な人は、

基本的に、皮脂量が少なく乾いていると考えられます。

そのため、実は、シャンプーは必要ないのかも知れません。

 

そこで、提案したいのが、湯シャンです。

 

頭皮 乾燥保湿対策がいらなくなる、湯シャン

 

湯シャンは、ハリウッドのセレブスターたちが

はじめたシャンプーの方法で、

ホメオスタシスを考えて、皮脂を必要以上出さない

方法の、シャンプーです。

 

とっても簡単です。

シャンプー等を使わない、洗髪方法でする

 

人間皮脂は、常温で液体状です。

そして実はお湯に溶けるものなのです。

皮脂の融点は38℃ですので、

洗い心地が足りない場合は、温度を

上げても良いですが、限界温度は

40℃になります。

 

最初は、皮脂が多く出てしまうでしょうかが

約半年ほどつづければ、それほど出なくなります。

 

また、洗髪前に、お風呂に使って、

汗を流すことで、頭皮べたつきを 防止する事も出来ます。

ちょっと時間がかかりすぎると思う方は、次の方法があります。

 

頭皮 乾燥が無くなる、正しいシャンプーの方法

 

正しい、シャンプーの方法は、

どちらにしても、まず湯シャンからスタートです。

実は、湯シャンでおちるのは、髪の毛について、

汚れはほぼ100%、しかし頭皮の

こびりついた皮脂は若干残ってしまうのです。

それでも、80%の汚れがおちる方法です。

 

この正しい、シャンプーの方法では、残りの20%

の汚れを落とすための方法となります。

 

シャンプー成分はどうしても、汚れを取るとともに

必要な皮脂も取ってしまう性質があります。

必要な皮脂を取ってしまうことで、

頭皮 乾燥がすすみ、保湿の必要が出てくるのです。

ポイントとしては、3つあります。

 

・シャンプーの使用量を限界まで減らす

・必要な皮脂に触れさせない

・シャンプー成分を頭皮に残さない

 

この3つを守る事で、頭皮の乾燥を防ぐ事が出来るのです。

 

ひとつ目は、泡立てる事です。

泡立てる事で、シャンプー成分と水(お湯)混ぜます。

泡は、実は、表面に界面活性剤の汚れを取る

吸盤が外に向いているような形になっています。

これが、汚れに近づいて、触れると、汚れを包み込んで

まるいボール状態になります。

これをミセルと言いますが、

汚れを包み込むと、泡から乳化した、白濁状のものに

変わります。

これを、お湯で洗い流す事で、汚れが落ちるのです。

 

汚れは、若干ですが、必要な皮脂より、出ていると考えられますので、

それらを順番に取っていく事になりますので、

極力必要な皮脂への影響が最小になります。

つまり頭皮ダメージである、頭皮 乾燥保湿無しで防げるのです。

 

直シャンみたいに、シャンプ成分を直接頭皮に

かけるような事をすると、必要な皮脂も同時に

脱脂しますので、頭皮トラブルをまねく方法となります。

 

また、よくいらっしゃいますが、

シャンプーで、2度洗い等も同様に必要な皮脂まで、

取ってしまう行為ですので、やらないようにしましょう。

どうしても、2回洗いたい場合は、

もう一回も湯シャン等にする事をおすすめします。

 

ここで、注意です。

頭皮で、泡立ちが良い場合は、すでに

汚れが取れている状態です。

使用しているシャンプーの量を

減らしましょう。

 

次に、すすぎですが、シャンプーの3倍は時間をかけて

たっぷりの お湯で洗い流しましょう。

シャンプーの成分である、界面活性剤は、

皮膚に付着したり、最悪浸透してしまいます。

そのため、早めに洗う事が重要です。

 

シャンプー成分が残留していると、

頭皮トラブルのもとです。

洗浄成分は、揮発する事はありません、

そのため、洗い残すと

頭皮のの乾燥、かゆみ等の原因になります。

確実に落とすのも大事ですが、

使用量の調整も必要です。

 

泡立ちが良いからといって

使いすぎると、自分の頭皮トラブル

となるからです。

 

余談では、ありますが、シャンプーの時に

オイルを使うのも効果的です。

皮脂のかわりに肌を守ってくれるため、

保湿には、効果的です。

 

安心して使えるアミノ酸シャンプー

 

正しい、シャンプーの方法で、頭皮 乾燥 保湿 対策

にもなりますが、

頭皮のためを考えるなら

シャンプーは、アミノ酸シャンプーを選択するべきです。

アミノ酸シャンプーは低刺激が最大の特徴ですが、

実は、洗浄力としては十分なのです。

 

この洗浄力がそれほど無いアミノ酸シャンプーでも、

使用して良いのは、1回/日のみです。

それだけ普段使用しているシャンプーの洗浄力は

ものすごい強いものと思って下さい。

 

アミノ酸シャンプーの特長としては、

・低刺激で、頭皮ダメージが おきにくい事です。

・頭皮への浸透がしにくい

。界面活性剤として毒性が低い

 

これらの特長により、頭皮へのダメージが

高級アルコールシャンプと比較すると、

20分の1程度まで、

頭皮への刺激が低いシャンプーになります。

 

頭皮 乾燥 等の頭皮トラブルがおきにくい

シャンプーなのです。

頭皮 乾燥で 保湿が入らなくなります。

 

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風は

頭皮 乾燥の人にも良いシャンプーです。

 

 

参考資料

頭皮保湿ローション

頭皮を化粧水で保湿はアリ?乾燥や紫外線ダメージから頭皮をケアする方法とは

シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい

正しいスキンケア完全攻略マニュアル~限られたお金と時間を有効に使って美肌を手に入れる~

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る