[ラウリルベタイン]植物由来成分から出来たコンディショニング成分

ラウリルベタインはベタイン系の両性界面活性剤です。そのため、pHによって性質が異なり、酸性下では、洗浄剤、起泡剤、水溶性増粘剤としての働きがあり、アルカリ性下では、帯電防止剤、ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤としての働きがある成分です。

ラウリルベタイン

ラウリルベタイン
出典【写真AC】

成分評価3

ラウリルベタインとは

ラウリルベタインは、天然由来成分であるヤシ油脂肪酸パーム核油をベースとして作られた、ベタイン系の界面活性剤です。ヤシ油脂肪酸、パーム核油から、抽出したラウリル酸脂肪酸アルキルエステルアミノ酢酸ベタインを反応させて合成する、洗浄成分です。

ベタイン系は、両面界面活性剤のため一般的に弱酸性シャンプーでは、コンディショニング成分として利用される成分です。主にシャンプー、リンス、コンディショナー、ハンドソープ、ボティーシャンプーと幅広い用途に使用されています。

また、非常に刺激の強い洗浄成分の代表である、ラウレス硫酸Naなどの刺激を緩和する働きがあり、頭皮や髪の毛に対して、刺激を緩和する働きがあります。

ラウリルベタインは、化粧品の名称ですが、医薬部外品、医薬品に使用する場合は、ラウリルメチルアミノ酢酸ベタインと名称が異なりますが同じものです。類似成分として、ラウリルグルコシドラウロイルアラニンNaなどがあります。

ラウリルベタインの効果、効能

ラウリルベタインは、両性界面活性剤のためアルカリ性下では洗浄剤、酸性下では、コンディショナーとしての性質があります。

洗浄成分として使用する場合、起泡性が高く、水溶性増粘剤としての働きもある、ため非常に泡立ちの良い洗浄剤です。ラウレス硫酸Naのようなアニオン系界面活性剤との相性も良く、刺激抑制効果があります。

またコンディショナーの場合は、帯電防止剤としての機能があるため、髪の毛のきしみやごわつきといったものを取る事で、ヘアコンディショニング剤として働きがあります。また頭皮の改質を行う皮膚コンディショニング剤としての働きもあります。

ラウリルベタインの毒性、副作用、安全製

ラウリルベタインは、肌への刺激を緩和する効果もあり、毒性、副作用については、低いと考えられますが、植物由来成分だから、安全製が高いという事はありません。

成分が含まれる製品一覧

botanist シャンプー(株式会社I-ne(イーネ))

ボタニスト ボタニカルスカルプシャンプー 490mL

成分が含まれるその他の商品一覧

1 2 3 4 .. 186

ヒルコス シャンプー 美容室 メンズ シャンプーセットアミノ酸 パウチ ノンシリコン 4個セット ヘナ 白髪染め helcos

ヒルコス シャンプー 美容室 メンズ シャンプーセットアミノ酸 パウチ ノンシリコン 4個セット ヘナ 白髪染め helcos
500 円
Ajnヘアクレシャンプー落ちにくい汚れ除去シャンプー全成分 水、ココアンホ酢酸Na、DPG、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、塩化Na、ジステアリン酸PEG‐150、グリチルリチン酸2K、クエン酸、PEG‐1ラウリルグリコール、フェノキシエタノール 使用用途 ヘアクレン..

GUEST&ME ソープ(3個入り)

GUEST&ME ソープ(3個入り)
8,097 円
サイズ:1個:W80×D45×H25mm素材:石ケン素地、水、ラウリルベタイン、ヤシ脂肪酸、香料などカラー:ベージュ

銀座まるかん すっぴんパワーシャンプー

銀座まるかん すっぴんパワーシャンプー
3,000 円
素材:水、エタノール、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ラウリルベタイン、コカミドプロピルベタイン、チャ葉エキス他

スケーター 除菌 ウェットティッシュ 20枚入 パウ・パトロール 日本製 WTS2-A

スケーター 除菌 ウェットティッシュ 20枚入 パウ・パトロール 日本製 WTS2-A
1,106 円
サイズ:幅8.5×奥行14.5×高さ3cm素材・材質・成分=不織布/水/エタノール/ラウリルベタイン/PG<br>グリセレスー26/ベンザルコニウムクロリド/ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

Pinatural(パイナチュラル) ゲルファミリーアミノシャンプーN 詰替用パック入り 500ml

Pinatural(パイナチュラル) ゲルファミリーアミノシャンプーN 詰替用パック入り 500ml
4,189 円
仕様: B0305-500PC内容量:500ml全成分:ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEN、ラウリルベタイン、1 2-ヘキサンジオール、塩化Na、ベタイン、ポリクオタニウム-10、コカミドメチルMEA、オウゴンエキス、ダイズ種子エキス、オレンジ油、クエ..

1 2 3 4 .. 186

CS Shop




参考資料

ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのラウリル硫酸との違い

ラウリルベタイン(Cosmetic-info.jp)

NIKKOL AM-301(chemical navi)

ラウリルベタイン(10万人のスキンケア)

ラウリルベタイン(KAO)