コンディショニング(conditioning)

コンディショニング

コンディショニングは、英語のconditioningの場合、(機械を)調整する。(動物を)調教するような意味ですが、化粧品などでは、髪や肌を整える成分や方法についてコンディショニングと呼ばれており、髪の指通りを良くしたり、肌の弾力などを良くしたりするものの事をコンディショニングとよんでいます。髪の調整の場合はヘアコンディショニング、肌の調整の場合は、皮膚コンディショニングなどと表現しています。

一般的な使い方としてはシャンプーによって、アルカリ性になった髪や肌を、酸性成分によって中和したのが最初で、クエン酸などが使用されていました。従来よりリンスインシャンプーコンディショニングインシャンプーなどがありますが、主成分と中和してしまうものが多く性能が充分に発揮されないものが多く別々に使用する事が望ましい。但し、同じコンディショニング成分でもカチオンポリマーのようなものは中和される事は無いため、主成分の洗浄力を邪魔する事なくコンディショニング成分としての力を発揮します。

[スイカズラ花エキス]忍冬(ニンドウ)と呼ばれている漢方薬成分は皮膚コンディショニング成分

321PV

シャンプー 成分
スイカズラ花エキス

スイカズラ花エキスは、アジア全土で見られるスイカズラの花から抽出したエキスで、血管拡張作用、収れん作用、殺菌作用、抗炎症作用、皮膚コンディショニングの効果が期待できる成分です。 スイカズラ花エキス(Lonicera Ja […]

ページの先頭へ