シャンプーの成分から判るそのシャンプーの特長とは

シャンプーの成分は、様々な化学物質から出来ています。そんなシャンプーの本質を知るためには、成分の事について知っておく必要があります。

シャンプーの成分をちょっと分析してみましょう。

シャンプー 成分

シャンプーの成分を知っておく前に

シャンプーは分類として化粧品と医薬部外品の2つの種類が存在します。

化粧品と医薬部外品についてシャンプーの成分が大きく違うかという事はありません。実際シャンプーの成分が違うと思っている人が大多数とは思いますが。実は、この2つには大きな違いはありません。

どちらも製造販売をするためには厚生労働省への登録が必要になりますが、医薬部外品については、性能テスト等の試験が多くハードルが高くなる事で、化粧品として販売する業者が大多数となっています。

また化粧品は有効成分が入っていたとしても、効果、効能を書くことが出来ません。一方で医薬部外品は、登録のハードルが高いことで広告に効果、効能を書くことが出来ます。

そして重要な事は、「化粧品は全成分を配合量の多い順番で書く必要がある」という事です。そのため上に書いてある成分ほど配合量が多いという事になります。また医薬部外品はもともと有効成分だけを書けば良いきまりでした。ただ2018年4月に全成分の表示義務にかわりましたので2021年以降は全成分がかかれている事でしょう。

シャンプーは5つの成分で出来ています。

シャンプーの大半は水です。水と聞いて???と思われた方も多いと思いますが、シャンプーの成分では、実は1番多い成分が水なのです。シャンプーの種類によって異なりますが、40~60%は水です。

ご自分のシャンプーの成分表をよく見ていただきたい。商品によっては、水が表示されていないものもあります。これは、水の場合は、書かなくても良い事になっているため、省略しているのです。

また、水のかわりとして、海洋深層水や海水などを使用しているシャンプーも存在しています。

洗浄成分

シャンプーには絶対に必要な成分のひとつがこの洗浄成分です。洗髪が目的なので当たり前ですが。洗浄成分として様々な種類がありますがすべてアニオン界面活性剤です。製品などによって配合量が多少異なりますが1つの製品に30~40%がこの洗浄成分にあたるものです。

単一の成分では無く複合して使用する場合があります。

一般的に、高級アルコールシャンプー石鹸シャンプーアミノ酸シャンプーと呼ばれものはこの洗浄成分に何をしようしているかで決まります。

また主の洗浄成分がアニオン界面活性剤でも、助剤として非イオン界面活性剤、両性界面活性剤などを組み合わせて使用する事が一般的です。これによって泡立ちを良くしたり、刺激性を減らしたりする事が出来るのです。

高級アルコールシャンプー石鹸シャンプーアミノ酸シャンプーなどの区分けについては、明確な決まりがありません。そのため高級アルコール系洗浄成分であるラウレス硫酸Naアミノ酸系洗浄成分の代表であるココイルグルタミン酸Naなどがいっしょに配合されてい場合があります。その場合メーカー毎の自主規制となっている関係でアミノ酸シャンプーと表示したりする場合があります。そのため成分を知る事が大事なのです。

この場合”アルコール系アミノ酸系混合シャンプー”なんで表示するのが実際は正しいと思います。

有効成分

有効成分と書きましたが、ここでは、コンディショニング成分、、保湿成分、除菌・抗菌成分、消臭成分、育毛成分等があります。

この部分は各メーカーとしては、1番の宣伝文している処ですが、成分比率としてはどんなに多くても、10%前後しか入っていないものです。

使用頻度が高い成分としては、保湿のために使用するグリセリンPCA-Naそしてコンディショナー成分であるポリクオタニウム-10でしょうか、除菌、消臭、育毛等の成分については、完全なものはあまり無いですが、主立ったものは血行促進に効果があるものが多いです。

香料

香料成分は、シャンプー全体の1%以下ほどしか入っていませんが、香の無いシャンプーは売れないため必ずと言って良いほど香料が入っています。

特に女性に好まれるは、フローラル系、柑橘系の香料を好んで使用しています。もちろん香料には髪や地肌に対する効果、効能はありません。

どちらかと言うと、香料によって気分を良くしたり、残り香りを楽しむために使用するものです。

防腐剤

固形の石鹸などはアルカリ性のため防腐剤を使う必要はありませんが、シャンプーは腐敗します。そのため防腐剤は欠かせません。代表的な防腐剤としては、パラベン類フェノキシエタノールなどです。

防腐剤は1%以下と決まっているためそれ以上は配合されていません。

もともと有効成分などは栄養価が豊富で腐敗しやすい成分になります。グラム陰性菌やグラム陽性菌などの様々なカビや細菌などからシャンプーの品質を守る必要があるため防腐剤は欠かせません。パラベン類のように様々な範囲の菌に対抗したものが非常に有効で配合量も抑えられるメリットがありますが、昨今のノンパラベンブームによってオーガニック系のシャンプーは他の防腐剤を利用する事があります。防腐剤の入っていないシャンプーは存在しません。

ここでちょっと注意があります。

一般によくやってしまう シャンプーの使用方法の間違いとしては

1)水で薄める

最後の方で、薄めて使っている方もいますが、これも、すぐに使い切るなら問題ないですが、24h後には、雑菌だらけのシャンプーになってしまいます。

2)次のシャンプーを継ぎ足してしまう。

同じ製品であれば、問題ないとも言えますが、異なるシャンプーを足してしまうと、抗菌のバランスが崩れてカビが生える可能性がありますご注意してください。

シャンプーの成分について

人によって、髪や地肌の性質が異なりますが、長期で使用するものですので、成分を吟味して、自分にあったものをご使用になるのが、1番になります。

関係する商品一覧

1 2 3 4 .. 9967

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー 【シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メン..

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー 【シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メン..
4,273 円
21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー 【シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ レディース】 【アロマの香(300ml)】

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ
5,596 円
21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ
5,260 円
21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ
4,117 円
21種類の天然植物成分配合 安心シャンプー シャンプー アロマ アロマシャンプー 天然 天然成分 植物 前身 頭皮 オールインワン メンズ

U-MA ウーマ クールシャンプーEX 200mL 日本製 スカルプケア ヘアケアシャンプー アミノ酸系洗浄成分 クール成分 メントールシャンプー

U-MA ウーマ クールシャンプーEX 200mL 日本製 スカルプケア ヘアケアシャンプー アミノ酸系洗浄成分 クール成分 メントールシャンプー
3,080 円
U-MA ウーマ クールシャンプーEX 200mL■商品特長ウーマシャンプーのクールタイプ登場です!3つのクール成分(セイヨウハッカ葉エキス、スペアミント油、メントール)を配合。アミノ酸系洗浄成分が、余分な皮脂汚れだけを洗い流し、負担をかけずに頭皮と髪を清潔な状態へと導..

1 2 3 4 .. 9967

CS Shop

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

参考資料

シャンプーの洗浄成分/界面活性剤の代表例

シャンプーの頭皮に良い成分・悪い成分はなに?頭皮に合ったシャンプーの選び方を解説