[植物由来界面活性剤]は本当に体に優しいのか。

植物由来界面活性剤と書くと、オーガニックの関係が頭に浮かぶ 方が非常に多いと思いますが、そもそも、 植物由来界面活性剤とそれ以外のものは何が違うのでしょうか?

植物由来の界面活性剤

植物由来 界面活性剤

植物由来界面活性剤とは

植物由来界面活性剤と呼ばれるものはどんなものでしょうか?

もともと界面活性剤と呼ばれているものは、脂肪酸とアルカリが熱で反応した合成品です。その界面活性剤の品質は、脂肪酸とアルカリの種類によって決定します。ここで使われている脂肪酸が植物由来の場合、植物由来界面活性剤と呼んでいます。

植物由来界面活性剤はオーガニック?

植物由来の界面活性剤を使用しているとオーガニック洗剤や単にオーガニック成分と表現される事があります。

オーガニック成分については、正式な規定は無いですが自然に優しい環境にやさしいを定義したりすると1番合致するのは固形石鹸や石鹸シャンプーとして使用される液体石鹸になります。

固体石鹸と液体石鹸は素材が実際違う別物ではありますが、濃度を薄くしていくと界面活性剤としての能力が無くなってしまう事で自然環境では分解する事から、環境に優しいと言えるでしょう。一方で、洗浄力としては強く脱脂力が強力なのは言うまでもありません。またpHを低くして弱酸性にすると洗浄力が無くなってしまう事からアルカリ性の状態で使用する必要があります。

分類としてはオーガニックではありますが、肌に刺激が少ないという事はありません。

ただ、固形石鹸などはグリセリンなどの保湿剤を入れ込む事も出来ますので、肌荒れをしにくく調整する事も可能です。

天然由来は植物由来の界面活性剤と異なるのか?

よく天然系素材100%と表示されている洗浄成分などを見かける事があります。シャンプーの成分をよく知っている私としては???となってしまいます。代表的な天然由来の界面活性剤について紹介いたしますので性質をみてみましょう。

レシチン

大豆や卵黄に含まれている界面活性剤です。マヨネーズなどで油と水を均一に混ぜる事が出来るのは、レシチンと呼ばれる天然の界面活性剤のおかげです。もちろん食べる事が出来ます。

サポニン

サポニンはなまこやひとでなど体内に存在する天然の界面活性剤で、水で泡立つ性質があり洗浄成分として使われる場合がある。細胞膜を壊す働きがあるため、傷口等がある場合は使用しない方が良い成分です。また経口毒性を持っている事から口に入れる事は出来ません

ただ、洗浄力があるからといって、シャンプーなどの工業製品に使用する事は出来ない。

シャンプーで使われている天然由来の界面活性剤とは

シャンプーなどの化粧品などでは、かなり平気で天然由来と表示されている事がよくあります。一般的に天然由来100%などとかかれるものは、アミノ酸系やベタイン系と呼ばれているものです。

これらは実際は100%天然素材ではありません、天然素材である脂肪酸を使って、合成された界面活性剤になります。

石油系洗浄成分は植物系界面活性剤よりも危険なのか?

一般的石油系と呼ばれる界面活性剤は次のようなものがあります。

などの事を石油系界面活性剤と表現しているのをみかけますが、実はどれも植物由来の界面活性剤なのです。実はどれもヤシ油由来の脂肪酸が原料として作られているものです。

知らなかった人は驚かれたのでは無いでしょうか?

そもそも何故、植物由来界面活性剤に拘る(こだわる)のか?

そもそも、良し悪しはありますが、 界面活性剤は、ちょっと乱暴な言い方をすると、脂肪とアルカリを熱で反応されると出来るものなのです。そのため、その品質については、脂肪または油脂に影響します。

界面活性剤

界面活性剤は、図のように油分と混じりやすい親油基と水と混じりやすい親水基両方の性質をもっているものです。そのため、親油基と言われている部分で汚れ(油)をキャッチして、大量の水を使う事で、ミセル構造になって汚れ(油)を包み込むます。

MicelleColor

そのため、表面には水分子があるから、皮膚には、安全と以前CMで言っていたものがありました。本当でしょうか?

実際は肌に良い脂肪酸を使用したとしても、洗浄剤として合成された場合は、別物になっていますので、肌に影響が無いとはいいきれません。

植物由来界面活性剤の真実

界面活性剤はファンデーション、クリーム、軟膏等にも実は使用されています。これは浸透を目的として使用されています。そう界面活性剤は、汚れを落とすのと同時に浸透する能力もあります。

シャンプー等で使用する場合浸透性は必要ありません。植物由来界面活性剤だから浸透しない事は、絶対にありません。

そのため洗浄剤としてのポイントは分子量が大きく皮膚へ浸透しにくいもの、そして浸透したとしても、その毒性が低いもの、この2つが重要になります。

そのため、植物由来 界面活性剤だから、オーガニックだからは安全とは思わないでください。

肌への刺激の少ないアミノ酸洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分と呼ばれるものは、全体的に分子量が多いものが多く、浸透性が低い割に洗浄力があるもので、肌への刺激を最小限にしています。

そのため肌の弱い人などはアミノ酸シャンプーを使用する事をオススメします。

1

美容クリーム/敏感肌/シミ/しわ植物由来100%・合成界面活性剤が無添加のノンケミカル☆岡田美容クリーム(50g)【敏感肌用】【8,000円..

美容クリーム/敏感肌/シミ/しわ植物由来100%・合成界面活性剤が無添加のノンケミカル☆岡田美容クリーム(50g)【敏感肌用】【8,000円..
5,720 円 (税込)
評価 4.82
ギフト対応 *こちらの商品の配送方法は宅配便のみでお願いいたします。 また、お支払い方法は代金引換または、クレジットカードのみでお願いいたします。 納得無添加の植物由来の原料のみ使用。 肌にやさしい成分だけを厳選して配合しました。 合成界面活性剤が無添加のノ..

ペリカン石鹸 クレンジング洗顔石鹸 メイク・ウォッシー Make Washy 植物由来精油ブレンド フラワーバスケットの香り 75g 合成界面活性..

ペリカン石鹸 クレンジング洗顔石鹸 メイク・ウォッシー Make Washy 植物由来精油ブレンド フラワーバスケットの香り 75g 合成界面活性..
715 円 (税込)
※ギフト包装を希望される方は選択肢のギフト包装ありにチェックを入れてください。ギフト包装ありにチェックがない場合はギフト包装なしでお送りします。予めご了承くださいませ。 ※おまかせは袋のラッピングの場合もございます。 ※200円ラッピングはひとまとめにラッピング..

1

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

参考資料

オーガニック洗剤、エコ洗剤、天然成分100%洗剤…は安全な洗剤なの?

「植物由来」「植物性」等の宣伝の怖さ(楽天ブログ)

「石油系合成界面活性剤」の勘違い ~「石油系」洗剤は「植物性」?~

植物系の界面活性剤と石油系界面活性剤(教えてGoo)

化粧品に含まれる界面活性剤で肌に影響を与えるのは一つだけ!

危険なオーガニックコスメの裏側!メディアに騙されず健康な肌を自分で守るための知識

界面活性剤