Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

頭皮フローラは、健康な髪や頭皮にとって、非常に大事なキーワードです。これが正常でないと、頭皮トラブルが起こり、健康な髪の毛も生えてこないのです。

あなたの頭皮フローラは正常ですか?

頭皮フローラとは

フローラ」と言う言葉をご存じですが?

ここで言う、フローラとは、表皮細菌の事を指しています。表皮を顕微鏡などで、拡大して観察すると、表皮細菌がコロニーを形成しており、それが、ある意味花のように見える事から、フローラと言われています。

最近、腸内フローラについては、雑誌やテレビなどに特集を組まれており、腸内の健康に必要なものと認識されており、便秘や下痢などの対策にオリゴ糖をとったり、ヨーグルトを取ったりと対策を色々しているかと思います。

実は、そんなフローラが頭皮にも存在しており、一般的に頭皮フローラと呼ばれて、健康的な皮膚形成にいちやくかっています。

人の表皮にいる細菌・微生物として代表的なものは、好気性の表皮ブドウ球菌、ミクロコッカス菌、嫌気性のアクネ菌が大半をしめる構造です。微量であるが、カビ、真菌等もいます。

この表皮ブドウ球菌が主に人の汗や皮脂を餌にして、酸性の弱酸性の脂肪酸を排出、また皮脂腺にいるアクネ菌は 皮脂を餌にして、同様の脂肪酸を排出し、皮膚表面を常に弱酸性に保っています。

この弱酸性は、自分たちが、住みやすい環境づくりのために行っている事ですが、アルカリ性を好む、黄色ブドウ球菌、カビや真菌等を抑え、アンモニア、インドールの発生を抑える という効果もあり、皮膚の消臭、殺菌にも貢献しており、病気の感染予防や健康的な皮膚には、非常に重要な要素となっています。

頭皮もトラブル(フケ、かゆみ、ニオイ)がある場合、このフローラが崩れている可能性があります。そのため、トラブルがある場合、このフローラを正常な状態になるような対策が重要となるのです。  

頭皮フローラが崩れる恐ろしさ

頭皮フローラは、実は、身体にとっては、第一防衛ラインのような役割を持っています。

よく真ん中にお城がある、城下町のようなイメージをするとかなり判りやすいです。城下町ですから、お城があって、城の周りには、城壁があって、城壁の入り口には兵隊がいて、その外側には、城下町の町民がいろいろな商売をして賑わっている。

たまに、外からならず者が悪さをしても、町民が一気団結して、追い出してしまう事がおこり、直接兵隊が動くような事は少なくなります。

実はこの町民にあたるのが、日和見細菌(表皮ぶどう球菌、アクネ菌)と呼ばれ、頭皮のフローラを形成しているものたちの事を指します。ここでは、城壁は表皮であり、兵隊は免疫細胞、城はもちろん我々の身体を表します。

つまり、この城下町で、マフィアが幅をきかせて、町民を苦しめだすと、外部からの外敵に対して対処出来なくなるばかりか、町のマフィアと結託して、城をおそうような計画をたてて、手引きをしてしまうよな事に発展していきます。このマフィアが悪玉細菌である(黄色ぶどう球菌、真菌、マラセチア菌にあたります。)

通常、町民(日和見菌)はマフィア(悪玉細菌)を抑える力をもっていますが、時たま城(人間)の方針で、町を大掃除する事で、町民がいなくななってしまう事があります。この大掃除が実はシャンプーです。

頭皮フローラが減る?シャンプーの恐ろしさ

シャンプーは、髪や頭皮をあらうために、重要な行為ですが、実は、シャンプーをする度に頭皮を守っているはずの、頭皮フローラを壊しているのです。

通常シャンプーなどによって、頭皮の日和見菌が減少しても、身体は、ホメオスタシスという現象によって、もとに戻ろうとして働き始め、ある程度時間がたてば、頭皮フローラは、復活します。

しかし、この頭皮フローラが復活するのは、数時間はかかります。人によっては、数日かかる人もいるようです。これは個人差がありますので何とも言えません。

この頭皮フローラが復活する間、正常であれば、弱酸性の頭皮が、アルカリ性に変わっています。それによって、普段はおとなしいはずの、黄色ぶどう球菌、真菌、マラセチア菌などが、繁殖を開始するのです。これらは、皮膚の炎症をおこし、悪臭も発生させます。

つまりきれいにしているつもりの、シャンプーによって頭皮を汚している事実があります。

頭皮フローラを活かした洗い方はスッキリは厳禁!

頭皮を健康に保つ湯シャンのメリットとデメリット

もちろん洗髪をしないわけにはいきません。

頭皮フローラを活かした、洗髪の仕方として、湯シャンがあります。

湯シャンの場合、頭皮フローラを痛める事がありません、

しかし、若干余分な皮脂が落ちにくいという問題もありますので、運動をして、毛穴から汚れを押し出したりといったものも必要です。また、一度壊れてしまった頭皮を復活させるには、最低でも半年はかかると言われています。その間皮脂が過剰に出るなどするため、別のケアが必要になってきます。

また、皮脂はお湯で流れるのですが、スタイリング剤等を使った場合は、落ちません。そんなデメリットが発生します。

シャンプーの使用量を調整する

湯シャンによって汚れ落ち度は80%程度です。つまり20%分の汚れ落ちがあれば十分なのです。

そのため、湯シャンである程度汚れを落とした後、シャンプーの量をいつもの5分の1から初めて見ましょう。

シャンプーの量を調整するポイント

①スッキリ、サッパリは多すぎる。

スッキリ、サッパリといった感覚がある場合、皮脂まできれいに取れている可能性が高いです。そのため、皮脂を残すようにするため、スッキリ、サッパリ感がある場合は、さらに減らしましょう。

②頭上では、泡だったらすでにNG

シャンプーの使用方法として、手で一度泡立てて、頭全体に泡を行き渡らせたときに、泡が消える位が丁度良いのです。頭上でシャンプーがもこもこ状態の場合は、シャンプーの使用量が多い事になります。

③乾かしたときに、頭皮のつっぱりが出たら、シャンプーが多い。

お風呂上がり、乾燥してきて、頭皮がつっぱると言う方がたまにいますが、これも必要な皮脂まで、おとしていますので、洗いすぎです。乾燥してくるから、オイルをつけるのは、非常に馬鹿馬鹿しい事です。

頭皮フロラーには、アミノ酸シャンプー

シャンプー必要量の調整をしていくと、量の調整が難しいシャンプーが、色々でてくるかと思います。

特に洗浄力の強う、高級アルコールシャンプー、石鹸シャンプーなどは、使いにくいと思います。

そこで、おすすめなのは、アミノ酸シャンプーと呼ばれるものです。

現在販売されているシャンプー類の中で、1番頭皮への影響が少なく、洗浄力もあるという部類です。

また、洗浄力がマイルドなため、使用量の調整も簡単です。

そのため、頭皮トラブルがおきやすい方は、アミノ酸シャンプーという選択肢をおすすめいたします。

 

当社のアミノ酸シャンプー 森かける香風は 頭皮フローラが正常に

保たれるように作られています。

 

アミノ酸シャンプー「森かける香風」

森かける香風

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る