LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

頭皮 乾燥 フケに悩まれている人は、実は男女共年齢問わず

年々増加傾向にあります。

特に日本人は、清潔好きな国民です。

この清潔好きが、頭皮 乾燥 フケの原因のひとつになります。
ここではそんな頭皮 乾燥 フケについての基礎知識をご紹介します。

フケというと、どうしても不潔なイメージが先に立ちます。

そのため、髪の毛や頭皮に関する悩みのなかでも、

フケは人に相談しにくいものだと言われています。

しかし、実際には「頭皮が清潔かどうか」とは関係のないフケもあります。

フケには、頭皮が乾燥することで起こる「乾性フケ」と、

頭皮の脂分が過剰なために起こる「脂性フケ」の2種類があります。

頭を何日も洗わなかったり洗い方が雑だったりする場合に出るフケは、

脂性フケです。

 

頭皮 乾燥 フケが出る?洗っても改善しないフケの原因。

もし、毎日丁寧に頭を洗っているのに

一向に改善の兆しが見えないのだとしたら、

それは頭皮 乾燥 フケなのかもしれません。

「えっ」思われるかもしれませんが実は、フケで悩んでいる人の過半数

が実は頭皮 乾燥 フケで悩んでいるのです。

 

頭皮 乾性 フケのサイン

頭皮 乾燥 フケになる場合は以下のような特徴が見られます。

当てはまる項目が多い人は、頭皮の乾燥を疑ってみましょう。

 

(1)肩にフケが落ちてきて積もる

サラサラとしたフケは乾性フケの特徴です。

脂性フケはベタついているため、

頭皮から自然に落ちて肩に積もることはほぼありません。

 

(2)白く細かいフケが出る

頭皮 乾性 フケと脂性フケでは色や形状にも違いがあります。

白く細かいものは頭皮 乾性 フケで、脂性フケは黄色っぽく大きいのが特徴です。

 

(3)念入りにシャンプーしても改善しない

脂性フケは汚れや毛穴の詰まりが原因になりますから、

しっかり洗うことで改善が期待できます。

しかし、頭皮 乾性 フケの場合は頭皮 乾燥が原因ですので、

洗っても根本的な解決にはなりません。

むしろ、シャンプーをしすぎるとかえって悪化してしまいます。

 

いかがでしょうか、2つ以上、あてはまった場合、

頭皮 乾燥 フケに間違い無いでしょう。

今まで、対策と思っていた事が、実は違っていた

と言うことが判ると思います。

 

フケの正体は古くなった頭皮の細胞

フケの正体は、頭皮の表皮細胞です。

健康な頭皮であれば、一定の期間で新陳代謝が行われ、

表皮細胞が入れ替わります。

これを細胞のターンオーバーといいます。

 

本来であれば、古くなった細胞はアカなどの形で

自然と少しずつ剥がれ落ちることになります。

しかし、頭皮が乾燥等のダメージがあると

ターンオーバーが過剰になってしまい、表皮が、角質となって

どんどんと過剰に外れ落ちるのです。

この頭皮の乾燥した、角質は形も大きく量も多いため、

当然目立つようになります。

 

これが、多くの人が悩まされている頭皮 乾燥 フケの正体なんです。

つまり、頭皮 乾性 フケが出るということは、

頭皮の角質層にダメージがあり、

ターンオーバーが上手くいっていないという証拠なのです。

 

乾燥しすぎると頭皮が無防備に

健康な頭皮は、顔などの皮膚と同じく、

角質層と皮脂によって守られています。

 

しかし、シャンプーやブラッシングのし過ぎなどによって

頭皮の角質層がダメージを受けると、

頭皮を守るバリア機能が損なわれます。

皮脂というと、悪いものであるかのように感じますが、

頭皮にとって一定量の皮脂は欠かせないものなんです。

 

皮脂を過剰に洗い流すと、皮脂が無くなり

頭皮が乾燥してしまいます。

それによって、頭皮のひび割れがおこり、

表皮が角質として、剥がれる事で、フケになってしまいます。

 

そのため、キズ等の原因となるような

洗浄力が強すぎるシャンプーを使用したり

爪を立てて頭皮を洗ってしまうことが

頭皮 乾燥 フケの原因となります。

 

頭皮 乾燥 フケ防ぐための対処方法

頭皮 乾燥 フケの原因は、先ほども説明しましたが、頭皮ダメージです。

そのため、次の3つが最適です。

 

1)頭皮 乾燥 フケ 対策のため、湯シャンを行う

シャンプーをまったく、使わないという事です。

まず、頭皮 乾燥ま原因である、シャンプーの使用

をやめてみましょう。

 

湯シャンの場合、38℃が適温とされています。

理由としては、頭皮は、常温で液体の脂に上

38℃で融解が始まる 脂だからです。

温度を上げれば、それだけ、皮脂は、溶けやすく

なりますが、頭皮 あかみ等の原因になるため、

最大でも、温度は、40℃までとします。

 

また、洗う時は、爪を立てないで、必ず

指の腹で丁寧に洗ってください。

 

実際この湯シャンで、汚れの80%程度

が落とす事が出来ます。

 

通常の湯シャンは、これで、終了です。

一次的に、皮脂の増大を感じるかと

思いますが

半年かけて、皮脂分泌量が安定するまで、

時間をかけてまちましょう。

 

正しいシャンプーの方法を実践して、頭皮 乾燥 フケを防ごう

湯シャンは非常に良い方法ですし、

ホメオスタシスの観点から見ると、長期的にも良い方法

なのですが、時間がかかるという問題があります。

 

そこで、提案したいのが、正しいシャンプーの方法です。

 

最初に、湯シャンにて、頭皮の38℃のシャワーで

洗い流します。

これによって、先ほども書きましたが、汚れ

の80%を赤い流す事が出来ます。

 

次にシャンプーを取り出します。

シャンプーは必ず手の平で受けて下さい。

通常であれば、500円玉程度の量で

十分なはずです。

 

少し、お湯を足して

手の平で、泡立てて下さい。

 

直シャンというのを CMでやっていましたが、

これは、非常に脱脂しやすい方法ですので、

絶対にやらないで下さい。

 

泡だったシャンプーを頭皮にもっていって下さい。

頭皮全体にまんべんなく、シャンプーを

回して、頭皮を洗いましょう。

頭皮の上で、泡立っている

状態であれば、

シャンプーの量が多いと思います。

 

シャンプーの量が多いと、頭皮 乾燥 フケの

原因となりますので、必ず調整してください。

実際、最初に湯シャンをしている関係で、

シャンプーの量も少量で泡立つようになっている

はずです。

 

次にすすぎです。

このすすぎがシャンプーの工程で一番重要です。

シャンプーは短時間で1分程度の短時間で、

手早く行うのが、基本ですが、

すすぎについては、3倍以上の時間をかけて

丁寧に洗う事が重要です。

 

これは、汚れを落とすのでは無く、

残留した、シャンプー成分をしっかり

落とすのが目的です。

皮脂の汚れと、シャンプー成分と

結合したものは、簡単に落ちますが、

界面活性剤単体で残ったものが

残留しやすいです。

 

そのため、時間をかける必要があるのです。

シャンプー成分が残留したままね乾いてしまうと

頭皮トラブルが発生してしまうからです。

 

最後に乾燥ですが、

自然乾燥し、髪のダメージに繋がりますので、

しっかり乾かす必要がありますが、

おすすめは、ドライヤーを使った

冷風乾燥です。

 

温風乾燥は、早いですが、髪のダメージ

や頭皮の軽い火傷等がおきて、

非常に難しいからです。

冷風乾燥であれば、乾燥させすぎもありませんし、

髪のダメージもありません。

それでも十分乾燥させる事が出来ます。

正しいシャンプーの方法の詳細はこちら

 

頭皮 乾燥 フケなら アミノ酸シャンプーを

正しいシャンプーの方法でも、80%程度解決

しますが、完璧をもとるのであれば、

アミノ酸シャンプーをお使い頂くべきです。

 

一般にドラッグストアーで、入手出来る、

シャンプーは、高級アルコールシャンプーと

言われる分類のシャンプーですが、

非常に脱脂力が高いために、

今回のような、

頭皮 乾燥 フケがおこるような人では、

強すぎるシャンプーなのです。

 

そのため、洗い上がりの

しっとりとした、低刺激の洗浄力を持っている

アミノ酸シャンプーが最適なのです。

 

ここので、実践すれば、

頭皮 乾燥 フケ の悩みは、95%は解決致します。

 

 

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

参考文献

そのフケ、頭皮が乾燥しているサインかも?

頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー方法とは?

フケが出る

100円でしかも超キレイ!自宅でできちゃう炭酸ヘアケアマジック

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket