LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

化粧品成分のPGは正式にはプロピレングリコール

用途としては、主に、保湿、抗菌といった

機能がある成分です。

PG(プロピレングリコール)

 

成分評価 3

 

プロピレングリコールは

一般的には、多価アルコールで、化粧品類では、

PGと略される事が多いですが、正式名称は、プロピレングリコール、

化学用語で言うと1.2-プロパンジオールという成分です。

入れる目的としては、保湿、抗菌の目的で使用される。

 

もともと、組成がアルコールですので、界面活性剤と同様に

浸透性があります。その浸透性によって、混入されている、

有効成分を皮膚内部に導く機能があります。

そのため、混入成分に問題があると、過剰に反応しやすい

事もあります。

 

cc7737f5e5e67cfa714ff9da84ec3127_s

 

安全性・毒性

毒性が示唆されていますが、LD50が18~24g との事で、

うまみ調味料 16g/kg よりも安全である。

カフェインの0.2g/kgよりも安全である。

ただし、PGは、化粧品でいう、表示指定成分に入っており、

個人差はありますが、その刺激性で、

アレルギー等の注意が必要な成分です。

 

※表示指定成分とは

通常化粧品に分類するものは、水を除く全成分

の表示が義務づけされていますが、

医薬品、医薬部外品の一般的に内容成分を

明記する必要はありません。

その中でも、必ず表示する必要があるのが、

表示指定成分です。

そのため、気をつける必要はありますが、

危険性を示唆するものではありません。

 

化粧品やヘアケアに入れた時の使用感

・アルコール系のため、さっぱりとした使用感が出ます。

・脂との相性もよいため、成分が溶けやすい

・アルコールの抗菌効果が期待できます。

 

浸透促進剤

他の水性系有効成分の浸透を助ける効果が

あるため、化粧品として、使用する場合、

他の成分が良い成分であれば、問題ないが、

あまり良いと言えない成分を混入した場合、

必要以上に成分を吸収させてしまう効果が

ある。

 

成分が含まれている製品

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

ミントブレンド クレンジング レシピ

ヘアレシピ シャンプー ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピシャンプー

ハニー アプリコット エンリッチ モイスチャーレシピ ヘアフードマスク 洗い流すトリートメント 

ハニー アプリコット エンリッチ モイスチャー レシピ トリートメント

ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピシャンプー詰め替え

ハニー アプリコット エンリッチ モイスチャー レシピトリートメント 詰め替え

キウイ エンパワー ボリューム レシピ シャンプー

キウイ エンパワー ボリューム レシピ トリートメント

キウイ エンパワー ボリューム レシピ シャンプー詰め替え

キウイ エンパワー ボリュームレシピ トリートメント詰め替え

 

 

参考資料

敏感肌なら避けるべき!要注意な化粧品成分まとめ<スキンケア編>

保湿剤プロピレングリコールの危険性

PGの効果や安全性

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket