LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ぶどう種子油またはグレープシードオイル

は、ぶどうの種子から圧抽法によって

得られる乾性油である。

保湿・美白、収れん、抗酸化があると

期待されている成分です。

ぶどう種子油(グレープシードオイル)

 

成分評価 5

 

ぶどう種子油(グレープシードオイル)とは

通常ぶどうの種子は、廃棄される部分です。

この種の部分から抽出したものが、ぶどう種子油です。

ぶどう種子油は、ぶどう栽培がさかんな、

イタリアをはじめ、フランスやチリ、スペインなど

のぶどう栽培地区では、副産物として

料理等に使用されていましたが、近年になり、

健康に良い成分が含まれているとの事で、国内でも

生産をされるようになってきた。

ぶどう種子油

 

ぶどう種子油の作り方と成分

ぶどうの種子には、平均約10%程度の油分を

含んでおり、圧縮法によって、そのオイル成分

を抽出しまするそして、100kgの種子からわずか

100mLの油しか取れないため、非常に貴重な

オイルである。

実際そのオイルは、オリーブ油のようですが、

組成としては、大豆油に酷似しています。

リノール酸を多く含み67~71%、次いで

オレイン酸18~20%、ステアリン酸3~4%、

パルミチン酸6~8%、リノレン酸が0~1%

そして不ケン化物の主成分ステアリンで

エントロジオールを含有するのが

特長です。

また、ぶどう種子エキスのポリフェノールとして

プロアントシアニジンがあります。

これは、ビタミンEの5倍の抗酸化力があります。

リノール酸は、酸化しやすいのですが、

抗酸化力に優れた、ポリフェノール、ビタミンE

によって、リノール酸が酸化されにくくなっています。

 

ぶどう種子油の効果

プロアントシアニジンは、抗酸化力

だけで無く、シミ。そばかすの生成

を促すメラニンの生成を抑える働き

がある事から美白効果を期待できます。

またプロアントシアニジンには、

コラーゲンやエラスチンといった美肌成分

を分解する、コラナーゼやエラスターゼ

といった酵素の活性化を抑える働きが

あり、肌にハリと潤いの効果が期待できます。

 

特に、ぶどう種子油は、全身に使用

する事が出来るオイルで、

乾燥肌で気になる部分や、

マッサージをする時のオイルとして

使用したりと、幅広い用途があります。

ぶどう種子油は、刺激の少ないオイル

であるため、デリケートな、肌質の人が

塗っても大丈夫なもので、乾燥肌以外

に、脂性肌、混合肌の人にお使い頂ける

オイルとなっています。

 

成分を含まれる製品一覧

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

グレープ シード ブースター オイル 洗い流さないトリートメント

 

参考資料

ブドウ種子

ぶどう種子油

グレープシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket