pH調整剤(pH regulator)

pH調整剤(ペーパー調整剤、ピーエィチ調整剤)英語では、pH regulatorです。pHは、水素イオン濃度の事で、1~7は酸性、7~14アルカリ性を表します。pH調整剤によってpHを6~6.5に調整する事で、食品や化粧品などの腐敗防止や変色防止に使用されています。

代表的なpH調整剤としては、クエン酸クエン酸Na、リン酸などがあります。

参考資料

pH調整剤(wiki)

pH調整剤|避けた方がよい添加物

コンビニのパンは超危険?見えないかたちで大量の添加物、健康被害の恐れ

食品表示にあるph調整剤とは?危険性はあるの?

食品添加物で最も危険!PH調整剤入りの食料品の恐怖。加工食品を買わない事

[ケイ酸Na]コンクリートの強度アップに使用される水ガラスは、泡立ちを良くするキレート剤で使用されている。

12858PV

シャンプー 成分
ケイ酸Na

ケイ酸Na(ケイ酸ナトリウム)は耐熱素材として開発されたが、現在、石けん、洗剤の泡立ちを阻害する、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)イオンに対するキレート剤、pH調整剤として使用する成分です。 ケイ酸Na 成分評価 […]

[リンゴ酸]りんごから取れた食品添加物は化粧品では酸化防止剤として使われます。

7679PV

シャンプー 成分
リンゴ酸

リンゴ酸はりんごから見つかった有機酸で、食品添加物として使用されている成分で、化粧品、シャンプーでは、酸化防止剤、pH調整剤として使用されている成分です。 リンゴ酸 成分評価5 リンゴ酸とは リンゴ酸は、英語でmalic […]

[グリシン]睡眠障害に良いアミノ酸は保湿効果が高かった

4527PV

シャンプー 成分
グリシン

 グリシン(glycine)は、アミノ酢酸(aminoacetic acid)の事で、タンパク質を構成するアミノ酸の中で、最も単純な構造である。多くの種類のタンパク質では、グリシンはわずかしか含まれないが、ゼラチン、エラスチンといった動物性コラーゲンの約3分の1がグリシンである。コラーゲンの構成要素からも判る通り、保湿効果、血行促進、抗菌性、酸化防止、キレート作用、pH調整、安定剤、保存剤として期待できる成分です。

ページの先頭へ