シャンプー洗浄力が購入の1番の理由と言う人が、いまだに大勢います。確かに、テレビ宣伝ばかり、見ていると洗浄力の強いシャンプーの方がよさそうに見えますが、実は大問題のきっかけになります。

シャンプー洗浄力が頭皮を腐らせる理由

シャンプー 洗浄力

シャンプー洗浄力で、頭皮が乾燥する。

シャンプー洗浄力は、非常に洗浄力が強いものが、売られています。手洗い用の石けんよりも、洗浄力が強いのでは、ないでしょうか?

理由としては、はっきりしています。頭皮は、体の中でも、皮脂線が集中している場所です。(髪の毛どうしがつかない用に皮脂を流している)

そのため、皮脂が多くしばらく洗っていないと、頭皮のべたつきが多くなってくるからです。ここで、ポイントは「しばらく洗っていない」つまり、毎日洗う習慣がない時代に開発された、界面活性剤を使っているのです。

実は、毎日シャンプーをする習慣が出来たのは、80年代後半CMで、朝シャンをうたいだした時辺りからのようです。つまりライフサイクルが違ってきたのです。

もともと、昭和前半で、開発された、シャンプーは、洗浄力が強かった。それは戦時中のため、風呂に入れないのが当たり前の時代、たまに洗ったら、すっきりしたいと思うのは、当然、当たり前でした。

また、この頃は、風呂に入らないことで、頭皮がかなり汚く、シラミがわいて問題となっていた時代、頭皮まで、しっかり洗う必要があり、洗浄力の強いシャンプーが開発されました。

その名残で、作られているのが、現在で言えば、高級アルコール系の界面活性剤です。

現代人は、頭皮を洗うのは、毎日のライフサイクルになり、高級アルコールシャンプーはちょっとシャンプーの洗浄力が強すぎるようになったのです。

そして、その強すぎる洗浄力が、頭皮の乾燥を生んでしまうのです。

頭皮が「すっきりする」は 危険信号

シャンプーの宣伝では、スッキリ爽快 みたいな、頭皮が一皮むけた用な商品が、非常に人気がありますが、体の事を考えるなら、スッキリと感じるのは、頭皮トラブルの道を一歩一歩前進しています。

シャンプーで、洗髪をした時に、「スッキリした」と思う時点で、頭皮で何が起こっているかというと、必要な皮脂がキレイに洗い流されています。

それと同時に、皮脂の外側のバリアである、常用菌のフローラも消失しています。

ここで常用菌とは、表皮ぶどう球菌やアクネ菌を指します。これが通常元の状態にもどるには、3~4時間かかると言われています。洗髪したてで、頭皮や髪の毛は、水分を含んで膨潤していますが、皮脂などの油分が無い事で水分がいっしょに蒸発してしまいます。

これによって頭皮の乾燥が始まってしまうのです。

外部環境の影響でも乾燥はもちろんおきますが、皮脂がしっかりしていれば、砂漠のような乾燥した気候の場所でも、肌は潤いを保てるようです。

シャンプー洗浄力は、実際どのくらいが良い

これは、非常に難しいです。それは、ライフスタイルで、頭皮の汚れ方が人によって違うからです。

ただし、全体的には、使用量が多い傾向があります。私から、言わすと洗浄力の強い、シャンプーを利用して使用量も多くしている傾向があるのでは、ないでしょうか?

また、2度洗いなどはとんでもない話です。

簡単なシャンプーの適量の見つけ方

実は、シャンプーの適量を調べるのに、ちょっとおもしろい方法があります。

途中までは、正しいシャンプーの方法

と同様に、まず、髪と頭皮を38℃のお湯で、洗い流す処からはじまります。しっかりと、頭皮を洗った後、手に適量のシャンプー成分を取り出します。髪の長さや、シャンプーの種類によって異なりますが、最初は500玉ぐらいポンプタイプなら、だいたいどのメーカーもワンプッシュが必要量です。

その後、手の平の上で、お湯を足して、もこもこ泡をたてましょう。(そのまま頭皮につけてはダメです。)

そしてその泡を頭皮にもっていき、頭皮に馴染ませていきます。馴染ませた後、泡がたっている状態であれば、シャンプーが多い事になります。

泡が出ている状態は、まだ、汚れを取り込めるという合図になり、頭皮に必要な皮脂も既に汚れとして取り込んだ事を意味します。

頭皮の乾燥を防ぐためには、シャンプーの量を減らす必要があるのです。そのため手の平で泡だてたシャンプーを頭皮に馴染ませた時に、泡が消える位がちょうど良い量なのです。

シャンプー洗浄力が強くて、頭皮が乾燥すると

頭皮を洗っている状態で、泡が一杯でている状態はすでに汚れが、取れている状態ですので、早めにすすぎに入る事が、重要です。

長時間、泡立てていると、泡立ちが落ちてくるのは、手や髪の毛、頭皮の皮膚が剥がれ落ちているだけです。注意が必要です。

シャンプーの洗浄力は、弱いと、汚れが取れないですが、強くても、必要なものまで、取ってしまうのです。ただ、今みたいな使い方で、足りない方は、ほとんど無いと思われますので、使用量が少ないのでは?と心配する事は、ほとんど無いと言ってよいでしょう。

問題は、シャンプー洗浄力で、頭皮の皮脂がごっそり取り除かれることで、乾燥するのですが、頭皮トラブルのほとんどが頭皮 乾燥からスタートします。

頭皮乾燥でおこる、乾燥フケ、髪の毛ダメージ

初期に出る 頭皮トラブルとしては、乾燥フケ髪の毛のダメージではないでしょうか?乾燥していると言うことは、水分を保持出来ない状態が続いています。そうすると、潤いが必要に、頭皮から、水分を放出している関係で、どんどん、からから状態となり、頭皮のひび割れが発生して、角質化、脱落とつづき、最終的には、フケとして落ちるのです。

先の話で、表皮ぶどう球菌などの常用菌は、3~4時間で、回復といいましたが、人によっては、24時間近くかかる人がいるようです。これは、毎日同様の乾燥を繰り返しを行う事で、回復力が落ちてしまう事に起因します。

頭皮の乾燥がまねく、頭皮べたつき異常

頭皮乾燥がきっかけで、頭皮がべたつく人がいます。これは、体の防御反応である、ホメオスタシスが異常に反応した結果です。

回復力が強い人にみられますが、常時シャンプー等で、乾燥をさせる事で、早く、回復をしないといけないと体が、反応して、乾燥した、頭皮に皮脂を大量分泌するようにします。

皮脂は、通常1~2時間で、復活するのですが、このような人は、なんと、30分程度で、皮脂がじんわり上がってきて1時間後には、頭皮べたつきになってしまうようです。

そして、頭皮 べたつきが酷いと、また、洗浄力の強いシャンプーを使いたくなるという悪循環となります。

そして、また、脂性フケのような、頭皮べたつきがある状態で、フケが出るようなものが延長線上にあります。

さらに酷くなると現れる、頭皮 かゆみ、頭皮 臭い

さらに悪くなると、頭皮のかゆみ 頭皮の臭いが発生します。頭皮のかゆみは、原因は、いろいろありますが、頭皮がかゆくなるものとしては、乾燥によって、炎症をおこし、頭皮 かゆみが発生する事が多いのです。

また、フケといっしょに発生しますが、真菌やマラセチア菌の繁殖です。これらは、皮膚表面が弱酸性であれば、通常繁殖しないのですが、シャンプー等によって、皮脂とともに、その上で、繁殖している日和見菌をいっしょに洗い流してしまう事で、皮膚表面がアルカリ性になってしまい、悪玉細菌である、黄色ぶどう球菌、真菌、マラセチア菌などが大繁殖するのです。

特にマラセチア菌は、脂漏性皮膚炎という病気の原因とされている細菌で、ものすごい頭皮のかゆみを併用します。これは、一度なると皮膚科への通院 以外では改善は難しいレベルです。

一方で、頭皮の臭いですが、同様に、悪玉最近は、皮脂を食料として、過酸化物質を排出します。これが、頭皮の臭いの原因となります。実際、油のような臭いの場合は確実にその可能性があります。

まとめ

このように、シャンプーの洗浄力によって、様々な疾患の引き金になり、最終的には、頭皮が腐った状態になります。日々の頭皮ケアを、しっかりとする事で、防げる問題ですので、知識を持ってケアして、将来の頭皮トラブル防止に努めましょう。

参考資料

洗浄力で選ぶ

【これは…】市販のシャンプーの洗浄力【トイレ洗ってみました。】

美容院スタッフが本気で選んだ良い成分しか入っていないシャンプー10選

市販のシャンプーで髪や頭皮のタンパク質は変性しません

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も