LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

「アルコールシャンプー」「高級アルコールシャンプー」

と言われているシャンプーです。

実際、ドラッグストアーやスーバー等で販売さけているほとんどのシャンプーは

高級アルコール系と言われている

シャンプーです。

以前石油系といわれていたものとも実際異なります。 あっ細かい説明の前に 結構勘違いしている人が多いのですが 

頭についている”高級” これ値段が高い、高価と思い込んでいる方が多いのですが、

これは全然違います。 この高級については、

「一般的に炭素が5個以上繋がっているよ」という意味となります。

これは、界面活性剤の長さが長いという意味になります。お間違えなく。

 

高級アルコールシャンプーの特長

さて、高級アルコールシャンプーの特長としては

●安価である。

●非常に泡立ちが良い

●洗浄力が強い

●バリエーションが豊富(界面活性剤が安価なためそうなるのかもしれません)

 

これは内緒ですが、この材料で作るとメーカーとしては結構儲かるのです。

(内緒でお願いします。)

でもこれだけ見たら多分こう思うでしょう。

「安くて洗浄力が良いじゃないか」と思う方が大半かと思います。

以前、シャンプーのアンケートで、選ぶ基準は?の質問に対して、

1番答えが多かったのが洗浄力が良い事だったからです。

 

高級アルコールシャンプー何が問題?

でも何故 高級アルコールシャンプーが最近悪者になるのでしょうか?

1番良いとされる洗浄力が非常に強いからです。

多少歴史を振り返る事にもなりますが、

昔、髪や頭皮を洗うのは、毎日では無かったと聞いたら

一部の人は、「えーー」思うかもしれません、

しかし、毎日きちんと、シャンプーをするようになったのは、

昭和60年代ぐらいからとの事です。

私自身も、の祖父母の時代は、風呂には入っても、

髪を洗うのは1週間に1回なんてのもあった記憶があります。

今のシャンプーが出来たのは、

1926年昭和元年 葛原工業が植物シャンプーを出したのが最初のようです。

また、ここで問題となる高級アルコールシャンプーが使用されはじめたのが、

昭和13(1938年)に花王が発売したのが最初だったようです。

ただし今と違いアルコールシャンプーは、非常に高級品であったようです。

確かに高価な品物になると、1週間に1回やひどい時には1ヶ月に1回もあったようです。

まあ今では考えられないですが 余談ですが、

昔々の平安時代までいくと、髪の毛を洗うのは、1年に1回そのため、 

ツゲの櫛のように 目の細い櫛が重宝されていたのです。

 

今のように髪型を整えるのではなく、汚れをおとす目的で 櫛が使われたようです。

一方で現在の状況としては、清潔感が強くなり、

毎日のシャンプーは普通となりました、

しかも、人により、1日2~3回洗う人もいます。

そのため、洗いすぎの問題が出ているのが現在なのです。

そのため 洗浄力の強い 高級アルコールシャンプーについては、

性悪説となっているのです。

この辺りを間違えないでご使用いただきたいと思います。

 

高級アルコールシャンプー 洗いすぎでどうなる?

洗えば洗うほど、確かに汚れは、落ちます。

その汚れのものは何でしょうか? 半分は自分の皮脂ですよね。

この皮脂ですが、取れてしまうのです。

そうすると、乾燥してしまいます。

また、乾燥する事でひび割れをおこして、フケの原因になってしまうのです。

けっこう怖いですよね。

そのため 洗い方については、別記事を参照ください。

ここでは、使用量について制限する事をおすすめしたい。

必要量としては、だいたい5CC程度十分です。

よく泡立たせて洗うと 非常に気持ちが良くさっぱりとした感じになりますが それが、

非常に危険な事になるのです。

そのため、高級アルコールシャンプーを使用する時は

最新の注意をしてお使いいただく事をおすすめしたいです。

 

 

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket