Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

 

アミノ酸シャンプーは界面活性剤に

アミノ酸系の洗浄成分を配合した

シャンプーです。

髪のダメージや頭皮 かゆみ等の

頭皮トラブルのおこしやすい人は、

是非使ってもらいたいのが、

アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーは、髪と頭皮に優しい

アミノ酸シャンプーはやさしいシャンプー

アミノ酸シャンプーは、まず、どんな

ものなのか、理解すれば、知らなかった

人でも、是非使いたくなります。

是非、ご使用前に、見ていただきたい

です。

 

髪に優しい、アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が穏や

かなのが最大の特徴です。

洗浄力が穏やかだと、汚れが落ちない

のではと不安になる人も多いかと

思いますが

アミノ酸シャンプーの洗浄力でも、

十分に汚れが落ちるレベルなのです。

 

また、髪の毛の汚れは、整髪剤等を

つけていなければ、はっきり言って

髪の毛につく汚れであれば、

お湯だけで十分汚れを落とす

事が出来ます。

 

一方で、洗浄力の強い高級アルコール

系シャンプーを毎日使用すると、

頭皮の皮脂が取られすぎてしまうため、

頭皮が乾燥したり、逆に、それを補お

うと過剰に皮脂が出るね頭皮べたつき

等の頭皮トラブルがおきやすいです。

 

そのような頭皮トラブルを防ぐため

には、アミノ酸シャンプーは、最適

なのです。

 

髪と頭皮がしっとりとする。

アミノ酸シャンプーは、頭皮の皮脂を

取り過ぎないため、全体的にしっとり

とした、仕上がりです。

 

ただ、どちらかと言うと、さっぱりが

好きな人が実は多いですが、

そのさっぱりの感覚は、皮脂を

取り除いた合図です。

頭皮トラブルの始まりを

です。

 

フケも抑えるアミノ酸シャンプー

フケの原因の大半は頭皮 乾燥です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が

穏やかな事で、頭皮が乾燥しに

くいのです。

そのため、アミノ酸シャンプー

フケの原因のひとつである

頭皮乾燥がおこりにくいのです。

 

髪が元気になる、アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、頭皮への

刺激が少ない事で、毛根等への

ダメージが少ないため、

シャンプーの刺激による、

頭皮 薄毛や抜け毛の軽減にも

繋がります。

 

市販でも使うならアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、高価なため、

通販やサロンシャンプーが多いは事実

ですが、市販でもアミノ酸シャンプー

あります。

 

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸系の

界面活性剤を使用しています。

 

アミノ酸系成分として、

ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸

・ラウロイル・グリシン・メチルアラニン

・サルコシンなどが代表的な

成分になります。

 

メインの成分(上位3つまでの成分)で

約80%を締めますので、これらが、

書かれていれば、

それが、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸系が入っていないのに、

アミノ酸シャンプーとして、広告

表示している、ものもありますので

必ず、成分表の確認が必要です。

 

毎日の洗髪に使えるのはアミノ酸シャンプーだけ

代表的な界面活性剤は、

高級アルコールシャンプー

石けんシャンプー

そして、

アミノ酸シャンプーですが、

毎日、洗髪に使用出来るのは、

アミノ酸シャンプーだけです。

 

他の2つの界面活性剤は、非常に強く

脱脂してしまうため、もし使用したい

場合は、7日以上間を開けて使用する

事をおすすめします。

 

アミノ酸シャンプーの大きなデメリット

アミノ酸シャンプーには2つのデメリット

があります。

1)価格が高い

アミノ酸系の界面活性剤によるが、

だいたい、高級アルコール系の

代表である、ラウレス硫酸Naと

アミノ酸系界面活性剤の代表

ココイルグルタミン酸Naと比較

すると、10倍の価格差があります。

 

1番成分として、使用している

ものですので、商品の価格

にそのまま帰ってくるのです。

 

ただ、通販やサロンの場合

流通コストが抑えられる事で、

それでも、多少安価になって

いるものが多いのも事実です。

 

2)洗浄力が弱い

洗浄力が弱いのは、メリットでもあり

欠点でもあります、こびりついた皮脂

等は、しっかり洗ってあげないと

落ちない可能性があるからです。

 

そのため、正しいシャンプーの方法

をきちんとマスターしましょう。

 

アミノ酸シャンプーは、ちょっと高級なシャンプー

アミノ酸シャンプーは、界面活性剤が

高価な事もあり、他の配合成分も全体適に

良い物をつかっている場合が多いです。

 

コンディショナー成分

コンディショナーと言うと、通常は、

オイル系が一般的です。

ただし、オイル系のコンディショナー

はどこまで、いっても油ですので、

界面活性剤の洗浄力を抑える

ものです。(実際 油脂も汚れ)

そのため、どちらかと言うと、

高級アルコールシャンプーの

ように、洗浄力の強い、界面活性剤

が必要になります。

 

一方で、洗浄力な穏やかな

アミノ酸シャンプーは、オイルを配合

出来ませんそのため

ランクが上な、カチオンポリマー

というものを一般的に使用します。

 

このカチオンポリマー

界面活性剤の中にある時には、

単なるマイクロ樹脂ボールなの

ですが、界面活性剤が、洗い

逃がされて、析出すると、

プラスの電荷をもった、

ものになります。

 

これは、髪の毛は、通常マイナスに

帯電しているのを利用して、

髪の毛の表面に付着するのです。

また、髪の毛 ダメージが多い場所は

、特にマイナス帯電が高いため、

カチオンポリマーが付着します。

電荷の力で、付着するため、簡単には

、取れません。

 

また、カチオンポリマーのプラス同士が

反発するため、髪と髪の間に空気層が

入る関係で、全体的にボリュームアップ

したようになります。

 

髪の毛が薄い人や細くて、ぺしゃっと

なってしまう人のコンディショナー

は、このカチオンポリマーが必要

なのです。

 

オイル系については、ボリュームダウン

の機能があります。

 

 

弱酸性

弱酸性は、今や一般的にやっている

方法ですが、通常は、アミノ酸系の

界面活性剤も、勘違いしている人が

多いですが、アルカリ性です、

そのため、クエン酸等の酸で、

PHを調整して、作っているのです。

 

これは、アミノ酸シャンプーは、

もとより、高級アルコールシャンプー

も同様に対応可能ですが、

石けんシャンプーは、機能的に、

PH調整が出来ません。

 

アルカリ性は、頭皮が鍛えられる

と言っている商品もありますが、

頭皮を守っている、常用菌の

表皮ぶどう球菌、アクネ菌等に

ついては、アルカリ性に弱いため、

アルカリで洗うと洗い流されて

しまい、最低でも3~4時間は、

日和見菌による、弱酸性

のバリアが無くなってしま

います。

 

また継続的にアルカリで洗ってしまう

と、日和見菌の復活に段々時間が

かかるようになり、頭皮のフローラが

崩れてしまいます。

そのため、弱酸性については、

頭皮を守るため、最低限必要

なのです。

 

アミノ酸シャンプーは現在1番評価の高いシャンプー

 

アミノ酸シャンプーは、今現状で、

評価点数の高いシャンプーです。

もちろん100点ではないですが、

他のシャンプーよりは、上位

となっています。

 

そんな、アミノ酸系界面活性剤で

ある、ココイルグルタミン酸Na

ベースとして、カチオンポリマー

である、オクタニウム-10を配合

漢方薬成分配合で、頭皮を清潔に

する、機能をつけ、香料にオレンジ

を入れて、香爽やかにしたのが、

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風 です。

 

森かける香風

 

 

参考資料

必見★アミノ酸シャンプーおすすめ4選と髪の洗い方★

髪に優しくて、プチプラ♪おすすめの市販☆アミノ酸シャンプー4選と選び方!

やさしい洗浄力♡アミノ酸系シャンプーで美髪に!

ノンシリコンって本当にいいの?髪と頭皮に良いシャンプーの選び方

「アミノ酸系シャンプーを使っていたら頭皮がベタついてきた」~シャンプーの仕方を見直してみましょう^^

美しい髪は地肌から!抜け毛予防にもおすすめのシャンプーの選び方

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket