[ステアリン酸グリセリル]オーガニック化粧品に使用される乳化剤

ステアリン酸グリセリルは、ステアリン酸とグリセリンのエステル結合したもので、エモリエント剤、乳化剤としての機能がある成分です。

ステアリン酸グリセル

ステアリン酸グリセリル




成分評価 3

ステアリン酸グリセルとは

石けん合成時の副生成物のグリセリンと、大豆由来の脂肪酸であるステアリン酸とを脱水素反応であるエステル結合によって合成した、界面活性剤です。

特に非イオン系に属する、界面活性剤です。浸透作用、乳化、分散等に優れており、特に乳化安定性を高める助剤として多く使われています。

腐敗、酸化されにくい構造である事から、化粧品、石けん、シャンプー または リンスなど幅広い用途がある。

また、界面活性剤であるが、安全性が高く、食品や医薬品にも使用されており、無添加をうたっている化粧品に配合され成分のひとつです。

ステアリン酸グリセリルの効果、効能

ステアリン酸グリセリルは、ノニオン系界面活性剤で、乳化安定性が高いため、乳化剤として使用される成分です。また、浸透性、分散性が優れているため、エモリエント剤としても使用されています。

ステアリン酸グリセリルの毒性、副作用、安全性

ステアリン酸グリセリルは、オーガニックに分類されている化粧品によく見かける成分のひとつで、天然成分由来の合成界面活性剤です。天然由来だから、100%安全という事ではないですが、刺激が少なく、比較的安全性の高い部類に入る成分といえるでしょう。

この物質については、何故か発がん性の記事をよく見かけますが、少なくとも、公式の文書にステアリン酸グリセリドが発がん性との記述は見られなかった。また非常に歴史が古く昔から使われ続けているものには、間違い無いため、それほど気にする必要がない成分とも言えるでしょう。

成分が含まれる製品一覧

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

キウイ エンパワー ボリューム レシピ トリートメント

キウイ エンパワー ボリュームレシピ トリートメント詰め替え

リマーユ(リバテープ製薬株式会社)

リマーユトリートメント 200g

リマーユヘアトリートメント 200g

守り髪(株式会社ティエラコスメティクス)

守り髪トリートメント 400mL

成分が含まれるその他の商品一覧

1 2 3 4 .. 41

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ 45"

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ 45"
11,000 円
"シミのもとの無限ループへ。薬用 美白美容液 シミができる肌特有のダメージ状態を徹底的に研究。 シミのもとの無限ループへアプローチし、全方向から効かせる。 根本原因へ働きかけ、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。 2種の美白有効成分を、肌の奥まで届け効..

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ レフィル セット"

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ レフィル セット"
10,670 円
"続けてわかる 美容液レフィルセット 続けてわかる。美白はHAKU。 美白美容液Z レフィル セット。 メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ。 [セット内容] ・メラノフォーカスZ (医薬部外品) 付け替え用レフィル 45g ・メラノフォーカスZ (医薬部外品) 特製サイズ 6g×2本..

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ 45 (レフィル)"

"資生堂 HAKU メラノフォーカスZ 45 (レフィル)"
10,670 円
"シミのもとの無限ループへ。薬用 美白美容液 シミができる肌特有のダメージ状態を徹底的に研究。 シミのもとの無限ループへアプローチし、全方向から効かせる。 根本原因へ働きかけ、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。 2種の美白有効成分を、肌の奥まで届け効..

"資生堂 新リバイタル エマルジョン 2"

"資生堂 新リバイタル エマルジョン 2"
9,790 円
"ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 「光ダメージ」に向き合うリバイタル。贅沢なうるおいで肌を満たしながら、「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、 ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液。美白有効成分4MSK*配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)。 肌..

"資生堂 新リバイタル エマルジョン 3"

"資生堂 新リバイタル エマルジョン 3"
9,790 円
"ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液 「光ダメージ」に向き合うリバイタル。贅沢なうるおいで肌を満たしながら、「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、 ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液。美白有効成分4MSK*配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)。 肌..

1 2 3 4 .. 41

CS Shop




参考資料

「ステアリン酸グリセリル」は発がん性物質で

誤解が多い?化粧品の界面活性剤について【1】

ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリル