[アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス]渋皮から取れるポリフェノール由来のヘアコンディショニング成分

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスは、栗の渋皮から抽出したエキスで、ゼラチナーゼ抑制、エラスターゼ活性抑制、光老化抑制、ヘアコンディショニング、皮膚コンディショニングなどの効果がある成分です。

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス(Aspergillus/Castanea Crenata Pellicle Ferment Extract)

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

成分評価5

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスとは

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス(Aspergillus/Castanea Crenata Pellicle Ferment Extract)は、国産の栗(クリ:Castanea crenata)の渋皮を麹菌(コウジ菌:Aspergillus)で発酵して抽出した発酵クリ渋皮エキスです。片倉コープアグリ株式会社では、マロンジェットという商名で、BGなどで抽出したものを販売しています。

栗(クリ)の実を守る渋皮には、実を保護するためのタンニンなどのポリフェノールが多く含まれており、発酵させる事で、そのポリフェノールが増強させる事で、抗酸化性を高める事が出来ます。

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスは、化粧品成分として、使用される成分で、アスベルギルス/栗渋皮発酵エキスマロンジェットなどとかかれる場合もありますが、医薬部外品等では使用出来ない成分で、化粧品のみ使用が出来る成分です。

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスの効果、効能

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスは、渋皮に含まれているポリフェノールの影響によって、ゼラチナーゼ抑制、エラスターゼ活性抑制など光老化抑制が期待でき、ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤として使用され、肌荒れ防止として、クリーム、乳液、化粧水などに使用されています。

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスの毒性、副作用、安全性

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキスはタンニンの苦み成分が強いものですが、渋皮煮などで食べることが出来るもので毒性は無いと判断できるもので、安全性も高いものです。

成分が含まれる製品一覧

haruシャンプー(株式会社nijito)

haru デリ・レシピトリートメント250g

成分が含まれるその他の商品一覧

1

"phiten(ファイテン)アクアゴールド UVカットミルク・SPF50 PA+++ 1012AC036000"

"phiten(ファイテン)アクアゴールド UVカットミルク・SPF50 PA+++ 1012AC036000"
2,332 円
"SPF50 PA+++の日焼け止め。ウォータープルーフタイプで汗をかいても安心。顔にも体にも使えます。紫外線を乱反射させ、しっかりUVガード。美肌ケア成分に、ファイテンならではの「アクアゴールド」を配合。日焼けのトラブルを抑える、リンドウ科植物のエキス配合。天然うる..

1

CS Shop

参考資料

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス(cosmetic-info.jp)

マロンジェント(cosmetic-info.jp)

アスペルギルス/クリ渋皮発酵エキス(クリ等)

マロンジェント(マツモト交商)

桜繭クリーム全成分

潤透花ハッピーエッセンス【定期コース/2ヵ月ごと1本】