LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

頭皮トラブルは人によって、非常に大きい悩みです。今回ご紹介する頭皮トラブルは、9つあり、ほとんどが、複合的な原因であり、正しい処置をする事で、頭皮トラブルの解決に繋がります。

頭皮トラブルの原因とその種類

これらは、頭皮トラブルのには内部原因と、外部原因と様々です。ひとつひとつ見て自分にあったスカルプケアを行う事で、美しい髪にも繋がります。

ただ、良かれと思った事が、実は頭皮トラブルの原因となったりしますので、慎重に検討しましょう。

頭皮トラブルが抗がん剤で発生する。

よく、がん治療のため、抗がん剤を投与すると、副作用として、抜け毛という頭皮トラブルが発生します。これは、抗がん剤によって、体内に活性酸素が発生して、正常な細胞を攻撃する事から、おこる現象のひとつで、毛母細胞のように、耐久性の低い細胞が、活性酸素の攻撃を受けると、脱毛が発生するのです。

通常でも、朝起きると、枕に大量の髪の毛が。またブラッシングすると、大量に抜け毛がおこる等で、抜け毛の悩みがある人も多いですが、50本/日程度であれば、まったく問題無いです。

ただ、抜けた毛の先が、変形していたり、極端に短い毛がある場合は注意が必要です。

最近では、女性も抜け毛で、悩まれている人が増加しています。特に秋口は、春と比較すると、3倍近く、抜け毛につながるとのデーターもあります。これは夏場のダメージがこの時期に現れるからです。

抜け毛の原因と対策の詳細はこちらから

フケかゆみが止まらない

頭皮トラブルで代表的な問題が、フケかゆみです。

フケは、髪の毛の間か覗いていると、不潔なイメージがでしまい、他人だけで無く、自分自身も気持ちの良いものではありません。

そんなフケは、頭皮の角質が剥がれ落ちる事で、発生するため、多かれ少なかれ発生しているものです。ただ、フケ症の人が、目立つ原因としては、頭皮のターンオーバーが崩れて、通常よりも頻度が高く、古い角質がどんどん剥がれ落ちる事で、発生しているのです。

そんなフケ原因としては、何らかの原因で、頭皮環境が異常状態となっている事でおきます。

頭皮環境の問題としては、皮脂バランス、常在菌のバランス、肌質などが上げられます。特に皮脂バランス、常在菌のバランスをコントロールする事が、フケ予防の第一歩になります。

また、フケには、乾性フケと脂性フケの2種類があります。気がついたら、肩に白いものがパラパラとは乾性フケ、一方で、髪の毛に黄色くて、髪の毛にまとわりつくようなフケが出たら脂性フケです。

フケについては、2種類のフケそれぞれに対処の方法が異なります。原因にあった対処が大切です。

フケの原因と対策について

かゆいもうかして原因はストレス?

蕁麻疹のように、急に、頭皮かゆみがおこると、多くの方がかゆみ原因ストレスではと思うようです。ただ、実際は、ストレスで直接、痒い原因なる事は無いようです。

ただ、肌ストレスによって、頭皮が乾燥しやすくなったり、逆に皮脂が多く出たりがする事があります。それによってかゆい原因になる可能性があります。特に頭皮のかゆみは、我慢出来ない事もあり、掻きむしってしまい、さらに悪化するといった事もある頭皮トラブルです。

かゆい 原因として、ストレスの他に次のようなものがあります。

☑紫外線があたる

紫外線は、顔の6~7倍の紫外線量がふりそそいでいます、そのた活性酸素の影響で肌細胞が痛んでいる可能性があります。

☑冷房の風が直接あたる。

冷房の風は、頭皮の乾燥を促します。乾燥によって、頭皮環境が悪くなり、頭のかゆみが出る場合があります。

☑整髪料、コンディショナーが原因

整髪料やコンディショナーは、髪の毛に取っては、良いものでも、頭皮にとっては、悪い場合が多いです。整髪料、コンデイショナーが頭皮につくと、湿疹が出来たりする事で、頭皮のかゆみが出たりします。

☑シャンプーでの洗いすぎが頭皮がかゆい原因?

きれいにすれば、かゆいのが取れると思っている人が多いですが、実は、シャンプーでの洗いすぎによって、頭皮乾燥して、かゆみが出ている可能性もあります。

☑カラーリングで頭皮かゆみが出てくる。

美容院などで行う、カラーリングやパーマなどは、ジアミン系の非常に強い薬液を使用する。これらは、頭皮に、刺激が強く、人によっては、かゆみが発生するのです。最近では、頭皮の事を考えて、塩基性染料、HC染料などを使用する場合があります。

頭皮のかゆみの原因と対策の詳細はこちら 

肩の痛みが薄毛の原因!?

肩の痛み、肩こりは、血行が悪くなっておこる現象ですが、実は、頭皮への、血行不良が発生している可能性があります。

髪の毛が生えるためには、栄養が頭皮にいく必要があります。その栄養を運んでするのが血管です。血行不良が発生すると、頭皮へ栄養がいかなくなり、髪の毛をつくるための栄養が届かなくなり、結果的に薄毛や脱毛に繋がる可能性が高いのです。

特に薄毛は、毛細血管のつまりが原因で発生しますので、生え際よりも、頭の天頂部分で発生することが多いのです。

正しいスキンケアで、頭皮トラブルの改善に

通常、頭皮については、スキンケアはしないですが、頭皮トラブルが頻繁におこりやすい人は、シャンプー、コンディショナーなどを見直す必要があります。

理由としては、必要以上に頭皮の皮脂を取り除いてしまった事で、頭皮トラブルとなるケースがあります。

また、以外にも、紫外線は、顔の6~7倍浴びていると言われています。髪の毛や頭皮の、UVケアも、頭皮トラブルを減少させるのに必要なものです。

髪のエイジングケア頭皮から

髪やせ・うねり、縮毛、切れ毛などの髪の毛のダメージについては、髪に美容液を塗ったり、トリートメントを塗る事で、対処しようとしている人が多いのですが、髪の毛を一度キズがつくと、修復は出来ないのです。

特に、外部要因としては、シャンプー、紫外線などダメージの原因となるものがありますが、土台である頭皮環境を良くする事が、髪のダメージを減少させるエイジングケアとして近道です。

そのため、シャンプーなどは、地肌に良い、自分にあったシャンプーを選ぶ必要があります。

髪の毛ダメージの原因と対象の方法の詳細は、こちらへ

育毛

育毛については、実は、男性ホルモンのテストステロンが大きく係わっています。

但しそれだけでは、対処が出来ません。

昔であれば、海藻を多く採ると育毛に良いとの事もありました。

効果が無いとの発表もありましたが、

育毛に大事な要素である、血行促進には、

大きく係わるため、一概に効かないとも言いがたい状態です。

ただ、育毛には、食事、血行促進、毛根の活性化

3つのキーワードが揃う必要があるため、

最初に実施するのは、食事から、育毛を考える事です。

育毛に関する原因と対策の詳細はこちら

 

 

 

頭皮 べたつき

頭皮がべたつくのは何かの影響で、皮脂線から、大量の皮脂が分泌しているためです。

本来、皮脂は、適量が頭皮の潤いを保つ為に、一定量排出しており、

頭皮の乾燥等をおこらないようにしている。しかし、頭皮へのダメージ等

で、皮脂が異常分泌するため、皮脂のべたつきに繋がる。

皮脂のべたつきによって、かゆみ、フケおよび臭い等のその他の

頭皮トラブルの原因となるものです。

頭皮べたつきについて原因と対策の詳細はこちら 

頭皮 乾燥

頭皮の乾燥はきれい好きな人に多い頭皮トラブルです。
頭皮が水分を保持出来なくなり、頭皮が乾燥して、

の水分不足になってしまう現象です。

一般的には、乾性フケをともなう頭皮トラブルです。

一般的な原因は、皮脂不足です。いくつか原因がありますので、

詳細を見てください。

頭皮 乾燥の原因と対策について詳細は、こちらから

 

頭皮 臭い

毎日しっかりと、シャンプーをしていても、昼頃になると、頭皮が臭い?!

何故?と思っている人が、多く存在します。

原因によって、頭皮の臭いも違いますが、酷い人の場合、

古い油のような臭いがする場合もあります。

その原因は、洗いすぎかもしれません。

頭皮の臭いの原因と対策について詳細はこちらから

共通した頭皮トラブルについての対応

実は、詳細の内容を見ていると 気がつくかと思いますが、

対策について、共通の項目もいくつかあります。

 

まずは、食事です。

体の材料になるための食事に手抜きは説体にいけません。

特に頭皮ケアを考える場合、タンパク質とその働きを助けるためのミネラルの摂取は欠かせません。

動物性のタンパク質よりも、魚等のタンパク質の摂取を心がける方が良いです。

また、アルコールの摂取、タバコは 頭皮のダメージにつながりますので、控えた方が良いです。

 

次に、自分にあった 良質なシャンプーを選ぶ事が重要です。

現代人の生活スタイルとしては、

やはり低刺激で、界面活性剤に毒性の低いものをおすすめ致します。

そんなると、アミノ酸シャンプーが一番です。

⇒詳しくは、シャンプーの選び方を参照願います。

 

やはり、シャンプーの成分を考えて選ぶ事をおすすめします。

 

実は、シャンプーの種類については、重要度としては、3番目と考えています。

シャンプー の 仕方を考えて頭皮環境を良くしよう

食事の次に、重要なキー項目としては、やはり正しいシャンプーの方法です。

ハリウッドでも、流行している、湯シャンからもわかる通り、セレブのように健康に非常に気をつかう人たちは、こぞってシャンプーを直接やる事を否定しています。

ただ、湯シャンは、食生活も改善する必要があり、脂質の多い食べ物を減らして、皮脂がそれほど出ないようにする事が大事です。

正直、生活スタイルを徹底すれば、多分こちらの方が良いのかも知れないですが、食事の改良や、一次的な皮脂増加等のリスクが発生します。アレルギー体質の人は、正直推奨するやり方です。

一般的な日本人の感覚では、ここまでは出来ないと思って、今回正しいシャンプーの方法についてまとめています。

どちらにしても、重要な事としては、38℃の適温のお湯できっちり洗髪する事です。ただし、この方法ですと、皮脂の分泌がおさまるまで、約半年程度かかるため、湯シャンに挑戦する場合、それだけの期間、我慢が必要です。

頭皮がベタツクという、頭皮トラブルが自然に落ちるのを待つ事となります。

⇒詳細は、こちらの正しいシャンプーの方法を参照願います。

 

シャンプーの種類についてもね当サイトでは、アミノ酸シャンプーを推奨していますが、

正しいシャンプーの方法で、先に実践されてから、シャンプーの種類を変えていくのでも、

良いかと思います。

また、シャンプー後のすすぎが本当に重要です。

使用したねシャンプー液をしっかりと落とす事で、シャンプー液が残留する事での

頭皮トラブルを防ぐことになるからです。

 

これらを実施する事で、頭皮トラブルの大半は、病院に行く必要も無く

解決するはずです。

是非実施してください。

 

関連記事

かに、カニ、かに食べ放題

[ウーマシャンプ]最後に行き着くスカルプシャンプー7の秘密

 

 

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket