Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

頭皮保湿は、乾燥している、頭皮にとって

非常に重要です。

頭皮が乾燥して、頭皮の保湿が必要に

なるのは、頭皮にダメージがあるからです。

ここでは、頭皮保湿につながる方法

まとめてみました。

頭皮保湿が必要な頭皮ダメージの対策・対処方法

頭皮保湿で頭皮ダメージをなくしましょう。

頭皮もお肌の一部、体や顔のような保湿ケアが

必要だったのです。

 

実は、頭皮は、手の皮膚の3分の1程度しか無く

もともと、皮膚の水分量の少ない場所です。

そのため、乾燥して、敏感になりやすい

場所でもあります。

 

そして肌の必須成分セラミドも不足してきます。

セラミドは、スフィンゴ脂質やセレブロシドとも

呼ばれ、角質層に40~65%を占めている、

細胞間脂質です。

このセラミド、2次バリア成分の役割をしており、

一次バリアである、

皮脂の次に、肌を守ってくれる成分なのです。

 

セラミドは、脂質のため、水には溶けません

そのため、外部からの水分の侵入や

内部からの水分流出を止めるため、

頭皮保湿には、無くてはならないのです。

 

しかし、一次バリアである、皮脂が

無くなり、乾燥が進むと、

セラミドも流れ出てしまいます。

 

そしてセラミドが流れ出てしまうと、

角質細胞内に、最近や汚れが入り込み安く

なります。

そうすると、かゆみが発生して、

それを掻く事で、さらに

悪化するような悪循環が

発生するものです。

 

そのため、重要なのは、一次バリアの皮脂の維持

と、二次バリアの保湿が必要になるのです。

 

頭皮の保湿がいらない、皮脂の維持のために

まず、先ほども説明しましたが、頭皮の保湿に必要

な一次バリアほ維持する事が、重要です。

 

頭皮の保湿を維持するためのシャンプーの方法

ここでは、頭皮の保湿を保つための保湿

に関係する部分だけ抜き出しますので、

 ⇒詳しくは、正しいシャンプーの方法を確認下さい。

 

まず頭皮の保湿すなわち、頭皮を乾燥

させない方法として、

1番大きいのは、シャンプー成分を必要以上に

使用しないこと。

シャンプーは、汚れを取るための目的ですが、

ここで、重要になる皮脂もとってしまう事が出来る

からです。

そのためには、必要の皮脂を維持しつつ、

汚れのみを取る必要があるのです。

 

頭皮の保湿に必要なのは、湯シャンです。

シャンプーを使わずに洗髪をする方法です。

お湯の温度は、38℃前後です。

皮脂は、もともと、常温では、液体の油です。

そのため、お湯でも十分溶かす事が出来る

のです。

 

ちょっと、汚れ落ちが悪い場合、温度を多少

上げるのはね問題ないのですが、

上限としては、40℃です。

それ以上は、頭皮のあかみ等に

繋がる、軽微な火傷につながり

ますので、それ以上の温度は厳禁です。

 

これによって、80%の汚れは、

十分におちています。

そのため、シャンプーの使用量

を減らす事が出来るのです。

いつもの3分の1程度で十分洗える

ようになるのです。

 

実際の必要な量は使って見て必ず調整

する必要があります。

その適量の調べた方ですが、

 

まず手の平で、シャンプーを適量取って

手の平で、お湯を足して、よく泡立てます。

洗浄力の強いものほど、

よく泡立つはずです。

 

これを頭皮に馴染ませて、泡立てようとして

泡だってしまったら、シャンプーの使用量が多い

合図です。

 

汚れを取り込むと、泡立ちは無くなり、乳化した状態になります。

つまり

泡立っている=シャンプーが多すぎる

という法則になります。

その場合は、減らして大丈夫です。

 

泡立ちが多い方が、汚れが落ちて

スッキリすると答える人が多いと思いますが、

実は、汚れと一緒に、

第一バリアである、必要な皮脂まで、

落としてしまい。

頭皮保湿のガードを自ら 捨てている

事になるからです。

 

頭皮保湿を考えるのであれば、まずは、

第一バリアの皮脂を考えたシャンプーの方法が

必要です。

 

シャンプーの種類から、頭皮保湿を考える。

一般的なシャンプーは、界面活性剤の種類で、

わけると、高級アルコールシャンプーという分類

のものが、市場では、よく見かけます。

 

このシャンプーは、

洗浄力が高く、

泡立ちも良く

安価である

のですが、

 

この洗浄力が高い事が、非常に問題となります。

そして、先ほどのように、洗浄力と、使用量を

注意すると、なかなか調整しづらい

事が、判ると思います。

 

そこで、おすすめなのは、アミノ酸シャンプーです。

洗浄力は、穏やかで、軽い泡立ちです。

中には、汚れ落ちが悪いのでは、

と思う人がいますが、

実は、このアミノ酸シャンプーで、

洗髪しても、1日1回以上は、使用しては、

いけない位の、シャンプーの洗浄力なのです。

 

おすすめなアミノ酸シャンプー

           森かける香風

 

頭皮保湿を邪魔する、紫外線の以外な効果

頭皮の保湿を邪魔するものとして、

実は紫外線があります。

 

紫外線の防止に、よく、顔や肌には、

UVカットのクリームなんかを

塗っている人がいますが、

髪や頭皮にも、UVカットが必要なのです。

実際、髪や頭皮をUVカットをしている人は、

少ないかと思いますが

 

実は、顔の6倍ぐらい、髪や頭皮は、

紫外線の攻撃を受けているのです。

これらは、皮脂だけでなく、第二バリアの

角質内のセラミドまで、影響をするものなのです。

 

そのためには、頭皮も定期的なUVカットが

必要なのです。

クリームのようなものが、

本当は良いのですが、

髪が、白くなってしまう等の弊害が

ありますので、スプレータイプ

のようなもので、こまめに

行う事が大事です。

 

紫外線は、以外にも、頭皮の乾燥だけでなく

加齢の進行をすすめる事もあり、

抜け毛やなんと白髪の原因である

とのコラムもあります。

 

そのため、UVカットはこまめに

行いましょう。UVカット商品が

あわない人は、

色の明るい、帽子等でも可能です。

 

 

頭皮保湿にやっぱりセラミドが良い

第2のバリアである、角質にある脂質成分セラミド

これが、第1の門である、皮脂が突破されたときに、

次の防壁となります。

 

セラミドは、保湿成分ですが、他にも、

コラーゲンや、ヒアルロン酸があると言われる方もいるかと

思いますが、これらは、実は分子量が大きく

浸透しにくいのです。

一方で、セラミドは、分量が小さいのと、

角質層のみで使うもののため、

頭皮 保湿の効果が高いものなのです。

 

保湿成分は、分類すると、3つに分かれます。

・水分を層の中に、挟みこむタイプ

・水分を抱え込むタイプ

・水分を吸収するタイプ

になります。

 

その中で、セラミドは、水分を層の中に

抱え込むタイプになります。

セラミドは、水分を角質層の中で、

細胞間脂質としての働きによって、

水分をはさみこんで、頭皮 保湿をします。

この方式は、とても、保水力が強く。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン等の保水力よりも

強いとされています。

 

セラミドが入っている 化粧品などの頭皮 保湿 製品は、

製品によって異なりますが、

2~24hの保湿効果が期待できます。

 

また、セラミドは、もともと、肌の角質層にある成分ですので、

敏感肌の人にも使用する事が出来ます。

そんな事で、アトピー性皮膚炎の人の治療にも

今後、使用が期待されるものです。

 

セラミドはね砂漠のように、湿度の極端に低い環境でも、

角質がしっかりして、セラミドが十分にあれば、

肌の潤いは維持出来るとされています。

 

頭皮 保湿については、 第2のバリアである、

角質層のキーとなる、このセラミドについて

十分に必要なのである。

また、足りない場合には、化粧品等で、

足してあげる事も出来るのです。

 

 

参考資料

頭皮保湿ローション

頭皮って顔よりもかさつきやすい

頭皮を化粧水で保湿はアリ?乾燥や紫外線ダメージから頭皮をケアする方法とは

絶対知っておくべき、プロに聞いた効果的なシャンプーのやり方

シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい

10年来悩まされてきたアトピー性皮膚炎がだいたい完治したので、

セラミドをお肌に塗ると保湿効果はどのくらい?

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket