LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

カフェインは、アルカロイドの一種で、

覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用

のある、精神刺激薬の一種です。

そして、コーヒーに多く含まれる

事で、カフェインと名前がついた。

 

カフェイン

 

成分評価 5

 

カフェインとは

カフェインは、飲食物である、コーヒー、緑茶、

ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラ等の飲料物

そして、風邪薬などの総合感冒薬、鎮痛剤に

使用される成分です。

 

カフェインは、精神刺激薬ですので、

覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用

を促す効果がある。

 

一方で副作用としては、

頭痛、集中欠如、疲労感、不眠、痛み

などがあ。

国内では、それほどないが、

欧州では、アルコールに対して強い

一方で、カフェインに弱い遺伝子が

多くあり、カフェイン酔いなるものが

存在している。

カフェイン

カフェインの性能

カフェインの主な作用として、中枢神経を興奮させ、

覚醒させる事であるが、

それによって、強心作用、脂肪酸増加作用、

呼吸量と熱発生作用により、

皮下脂肪の燃焼効果、脳細動脈収縮作用ね

利尿作用等があり、医薬品としても使用されているが、

副作用として、不眠、めまい等がある。

カフェインは、薬物として、法的には、

禁止・制限された成分ではないが、

妊娠中の女性などは制限した方が良く

限度をこえた摂取は避けた方が良い

ものである。

 

また、カフェインの取り過ぎは、

体内のカルシウムや鉄分を体外

へ排出する効果があるため、

これらが足りない人は、避けた

方が良い成分です。

 

成分を含む製品一覧

キウイ エンパワー ボリューム レシピ スカルプ フィード エッセンス 洗い流さないトリートメント

 

 

参考資料

カフェイン

飲み物のカフェイン含有量一覧「コーヒー」「紅茶」「お茶」など

1ヶ月のカフェインレス生活で起こった10個の素敵な変化♬

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket