Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

よく泡立てた シャンプー液を髪の毛頭皮に

まんべんなくつけましょう

 

ステップ3はいよいよ泡立てたシャンプーを髪の毛にもっていきます。

指先で、軽くもむように、洗う事が重要です。

こする必要はありません。

 

また、洗う場所としては、生え際を中心に全体的に泡だたせる事がとても重要です。

それは汚れを取るのは、泡だからです。

泡が汚れを吸い込み、が頭皮と髪の毛をきれいにするのです。

絶対に気持ちよいからと言って、ツメをたてて洗ってはいけません、

なせなら、頭皮がキズがつくからです。

キズが出来る事で、そこに、細菌が入り込み、炎症をおこします。

そうなると”かゆみ”が出たり、皮膚が角質化して、”ふけ”となったり、

頭皮がアルカリに傾きニオイを出したりします。

つまり、洗い方が、トラブルの原因に直結します。

また、洗っている、シャンプー液自身も薬品と言う事をお忘れ無く。

汚れも落としますが、必要な皮脂も、取ってしまう機能があるのです。

そこで、重要な事が泡立てる事が非常に重要なのです。

これにより、洗浄成分が直接頭皮にふれるのを少なくする事か出来るのです。

また洗う時に頭皮の消臭に重要なポイントとしては、

耳の後ろと首の後ろです。

ここには、アポクリン汗腺という、強いニオイを出す器官があります。

この部分も一緒に丁寧にあらいましょう。ただし洗いは手早くが重要です。

 

やって良かった正しいシャンプーの方法5ステップ(ステップ4)

 

 

アミノ酸シャンプー森かける香風

森かける香風

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る