Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

シャンプー抜け毛を気にする人は多いのではないでしょうか?

毎日シャンプーをする度に、何か抜ける感じが多いと嘆く人もいる事でしょう。安心してください、シャンプーで抜け毛を気にしなくて、良くなります。

シャンプー抜け毛が多くなる、原因と対策

シャンプー抜け毛があっても問題無い?

実は、人間の髪の毛は、約10万本あると言われています。その中で、たいていの人は、1日に、50本程度は毎日抜けています。そのため、多少の抜け毛があっても実際問題ありません。

抜け毛が気になったらちょっと確認

でも、毎日シャンプーをして、抜け毛が急に気になったら、ちょっと確認する必要があります。

枕について自分の抜け毛、シャンプーの抜け毛 自分でよく観察してください。太いものや長いものが多いのであれば抜け毛は問題ありません。

抜け毛で問題になるのは、短いものや、細いものが多くなる事です。一般的に、毛根からの抜け強度は50g/本程度ありますが抜け毛がおこりやすい人は、極端に弱くなっています。

また切れ毛がおこりやすい人も同様で、髪内部のコルテックスが流出している事で髪の毛の強度が落ちているのです。

⇒ダメージが髪に残らないために注意する5つの事

こちらも参照ください。

シャンプーによる抜け毛を防ぐためシャンプーを選びましょう。

シャンプー 抜け毛

ダメージが髪に残らないために注意する5つの事

でも説明していますが、髪の毛は、毛根からの成長はありますが、髪の毛じたいは 一度傷がつくと、再生しません。そのため、シャンプーの選び方は、重要です。

シャンプーは、界面活性剤の種類で3つに分類されますが、

高級アルコールシャンプーは、石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプーこの中で、高級アルコールシャンプーは、ラウリル、ラウルス等の表示があるもので、それじたいは、悪いものではないのですが、洗浄力が高いシャンプーです。

そのため、最低でも1週間程度 間を開けて使用するのなら良いのですが、毎日、1日数回は絶対にしては行けないシャンプーです。

同様に、石鹸シャンプーは、環境特性は良好ですが、やはり高級アルコールシャンプーと同様に、洗浄力の高いシャンプーです。そして、アルカリ性の強く、弱酸性等に調整が出来ないため、洗い上がりがパサパサとなってしまうため、必ず、リンスやコンディショナーがセットで必要なものです。

最後に残ったアミノ酸シャンプーは、

現在の処、髪や頭皮にとって、一番良いため、当サイトでのおすすめはアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーは、頭皮はもちろん髪の毛に対して低刺激で、洗い心地の良いシャンプーです。そのため、髪の毛のダメージに繋がりにくいものです。

シャンプーの選び方についてはこちらを参照

シャンプーで抜け毛が゛おこりやすい本当の理由

シャンプーをすると抜け毛が気にする人が多いのは、何かバサッとおちていると思う人がいめかと思いますが実際シャンプーで抜け毛がおこるのは当然です。

先ほども説明をしましたが、シャンプーをして、髪や頭皮を洗うと、皮脂等があらい流されます。皮脂は、皮膚の防御以外に、髪の毛がくっつかないように潤滑剤の役割も持っています。

その潤滑剤は、シャンプーの洗浄剤で、除去してしまいます。

こんどは、それによって髪同士の摩擦係数があがってしまいます。摩擦があがれば、当然の事ですが、引っ張られやすくなり抜け毛や、髪の毛の強度がおちていれば、切れ毛につながるのです。

抜け毛を防止する、正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法でも説明していますが、

シャンプーをする場合

1)髪の毛を整える

2)髪と頭皮をしっかりとお湯で洗う

3)シャンプーを泡立てる

4)シャンプー泡を頭皮につけて、マッサージで洗う

5)お湯ですすぐ シャンプーの3倍の時間をかけて

6)タオルドライしっかり水気を取る

7)ドライヤー乾燥 冷風で乾燥させる。

 

このような工程で、シャンプーをするのですが、各工程では、すべてにひの行為に理由があります。抜け毛に関係するのは、シャンプー洗いのマッサージです。

このマッサージですが、勘違いしている人が多いのですが、

  • 指は動かしては、行けません
  • 頭皮を動かして、頭皮を伸ばすようにマッサージをしてください。

何故こんな方法を推奨しているかというと

抜け毛がおこりやすい人は、毛根の抜け力が 通常50g程度が、20~30g/本と、大幅に低下しています。そのため、髪の毛を大事に育てる事が重要だからです。

そのため、洗い方が重要なのです。

正しいシャンプーの方法の詳細はこちら

 

朝のシャンプーが抜け毛を助長する。

シャンプーをする時間にも実は注意が必要です。

朝にシャンプーをする人は、抜け毛になる可能性を上げています。

髪が伸びるライフサイクルとしては、

成長ホルモンが活発に動くのが

夜の10:00~午前2:00の間です。

その時に、頭皮が汚いと成長の妨げになります。

そのため、夜の10時前に頭皮を洗う、シャンプーをする必要があります。

きちんと、乾かして 寝る必要があります。

 

もちろん洗浄力の強いシャンプーで、洗髪をしてしまうと

後々 頭皮の乾燥でトラブルがありますので、

使用するのは、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

また、実際髪が一番伸びる時間は、

その後の2時~翌朝の5~6時頃の朝方までです。

 

シャンプーを使って良いのは、1日1度だけです。

それ以上は、現在一番低刺激と言われている

アミノ酸シャンプーでも、それが限界だからです。

 

朝のシャンプーをやらない方が理由としては、

先ほどの髪の成長に係わります。

髪が成長すると、その周りの毛穴も広がります。

これは、一次的ですので、

しばらくすると、締まるのですが、

朝起き抜けのシャワーは、

一番毛穴が開いているタイミングです。

そのため、毛穴の内部にシャンプー液が入り込んでしまいます。

毛根にダメージを与える可能性があるためです。

 

もちろんシャンプーを使用しない、湯シャンであれば、問題無いです。

 

ただし、朝のシャンプーを外出前の時間の無いなかで、

行うため、生乾き状態で、外出する危険性もあります。

 

生乾きの場合、髪の毛にほこりがつきやすくなる他

頭皮が濡れたままでいると、雑菌が繁殖しますので注意が必要です。

 

1日1回のシャンプーの夜寝る前 10時前に頭皮を洗う必要があります。

どうしても、朝のシャンプーをしたい人は、

シャンプー液を使わずに、湯シャンをおすすめします。

 

シャンプーで抜け毛がおこらない裏技

一番良いのは、先に紹介した、正しいシャンプーの方法がベストですが、

実はこんな、裏技があります。

それは、髪と頭皮を先にリンスやコンディショナーで洗う事です。

実はこの方法、イギリスのセレブの間で流行している方法で、リンスや、コンディショナーで、髪を最初にコーディングをする事で、髪の内部に、成分を染みこませてしまい。

後からシャンプーでをする事で、余分にコンディショナー成分を取り除くだけで、必要な皮脂等は、その内側のため、髪へのダメージを最小源に抑える事が出来るのです。

また、コンディショナー、リンスが先に入る事で、髪の摩擦力が減った状態で、シャンプーが出来るため、髪の毛が、摩擦で傷む事を最小源にする事が出来ます。

但し、この方法を使用すると、さっぱり感を望む人は、コーティングがもう一枚ある関係で、普段より、強いシャンプーを使いたくなる衝動があるかもしれませんが、絶対にやめましょう。

 

 

参考資料

毎日の洗髪方法の改善で無用な抜け毛を防ぐ

薄毛・抜け毛に悩む方にオススメのシャンプー

原因はシャンプー?女性の抜け毛とシャンプーの関係

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket