LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

頭皮乾燥は何故おこるのでしょうか?特に冬場が乾燥しているのもありますが、湿度の高い夏場でも乾燥してしまう事もあります。

この頭皮乾燥する原因と対策の方法についてまとめました。原因を知って、頭皮乾燥の問題を解決しましょう。

頭皮乾燥する原因と対策

フケ乾燥肌によっておこる。

フケは、頭皮の乾燥によって発生します。頭皮乾燥肌になるという事は、重要な皮脂がなんらかの原因で、なくなっている事です。保湿力が極端に減っているのです。

保湿力が無くなれば、当然、頭皮乾燥してしまいます。それによって頭皮が角質化が通常よりも早くすすむようになり、角質化して、脱落したものが、フケです。

実は、乾燥肌によって、ふけが発生するのです。

また、フケ症と呼ばれる場合は、まずは、頭皮乾燥を疑う必要があります。フケ症になると、汚れと判断して、過剰に洗う人が多いですが、フケも頭皮の一部ですので、逆効果になる事もあります。

頭皮乾燥の原因はなんだろう

頭皮乾燥する原因としては、紫外線や乾燥した空気など外部環境によるものと、頭皮トラブル等による、内部原因の大きく2つがあります。頭皮乾燥を感じると、地肌を直接うるおそうと考えがちですが、頭皮乾燥原因によって対策が異なります。

頭皮 乾燥

頭皮乾燥する原因 1・・・温度差

冷暖房の効いた部屋にいると室内と屋外の湿度差があり頭皮乾燥してしまいます。頭皮が汗をかいたり、冷やされたりの繰り返しす事で、皮膚の水分量が減少して頭皮乾燥します。

皮膚に優しい湿度は60%~65%です。加湿器や観葉植物を置いて湿度を保たせ、エアコンの風は直接当たらないようにしましょう。特に頭皮トラブルを持っている人は、この頭皮乾燥が顕著に出ます。そのため、毎日の頭皮ケアが重要になります。

頭皮 乾燥する原因2・・・紫外線

紫外線は、皮脂が十分あれば、問題無いですが、皮脂が少ない場合、紫外線によって、皮膚が傷つきます。それによって水分の維持が出来なくなります。実は頭皮は、顔の6倍近い紫外線を受ける場所なのです。

一般的ではないですが、頭皮乾燥対策として、UVカットクリーム等を髪の毛や頭皮に塗ってください。春から夏にかけて焼けやすい人は、この方法が良いかと思います。頭皮乾燥等の頭皮トラブルが起こりやすい人は、帽子などももちろん有効です。

頭皮 乾燥の原因3・・・頭皮の傷

多くの例としては、爪によるかきむしりです。頭皮フケ や 頭皮のかゆみ がある人は特に注意が必要です。フケやかゆみの対策で、シャンプーの時に、きもちよいから、すっきりするからと言って、爪をたてて、ゴシゴシ思いっきり洗ってしまう人が結構います。

一次的には、気持ちよいかも知れないですが、これをすると、頭皮が傷ついてしまいます。頭皮に傷が出来ると、潤いを維持出来なくなり、そこから頭皮乾燥が進行します。また、先端の固いもので、ブラッシングすると、頭皮が同様に傷がつくので、やわらかいもブラシでの、ブラッシングを使う事をオススメします。

頭皮 乾燥の原因4・・・油脂成分の食事が足りない

もともと 体質的に、皮脂が少なくて、頭皮乾燥がおこりやすい人は皮脂の材料となる、食べ物の摂取量が少ないと考えられます。皮脂は、その名前の通り、油脂です。

皮脂が多い人は、控えるべきですが、動物性の脂肪等を取る事で、皮脂が増加します。皮脂は健康な食生活をしていれば、適量排出するように出来ていますが皮脂が出にくい人は、動物性脂肪の摂取量が極端に少ないと考えられています。

そのため、動物性脂肪を多く含む食品の摂取を心がけましょう。但し、本来肉類の方が脂肪等は、多いのですが、頭皮ケア等を考えると、魚介類の摂取は頭皮だけでなく、髪の毛にも良いため、こちらの摂取をおすすめいたします。

頭皮 乾燥する原因5・・・シャンプーの方法が間違っている

シャンプーのやりすぎです。シャンプーは、頭皮乾燥原因として実はトップでしょう。

シャンプーで、頭皮が乾燥する原因としては、洗浄力の強いシャンプーを使いすぎている可能性があります。1日に2回、3回と行う人が、いますが、はっきり言ってやり過ぎです。

特に、高級アルコールシャンプーのように、脱脂能力の高い、シャンプーを使用する場合、必要な皮脂まで、取ってしまうため、頭皮の潤いを維持出来なくなり、頭皮乾燥が進行してしまうのです。

また、シャワーの温度を気をつける必要があります。適温は、38℃ですが、温度が上がると 皮脂が溶けやすくなるため、落ちるようになります。そのため、高い温度でシャワーをすると、脱脂と同じ現象がおきます。

頭皮乾燥防ぐ対策方法

頭皮乾燥を防ぐためには、やはり、健康な皮脂状態を保つ事が重要です。皮脂は、0.5マイクロメートル位しか、厚さしかありません。この薄い油膜が、頭皮の潤いを守っているのです。

そのため、頭皮乾燥をおこさないためには、皮脂を適量 残すのが、良い方法なのです。

頭皮乾燥を防ぐ 対策 1

皮脂の分泌量は、普段食べている食事の量や内容で決まってきます。そのため、適度に油脂を含む食事をする事が重要です。

皮脂の材料となる、商品としては、肉や魚などの油脂を含む食品です。また、ケーキや菓子等の油脂と糖で出来た食品も皮脂を増加させるものです。

ただし、脂肪分は、血行促進を阻害する事から、育毛にはふさわしくない食品が多くあります。そのため、DHA等 血液をサラサラにする成分を含む魚肉等は、皮脂の分泌に効果のある、バランスの良い食品と言えるでしょう。

他に、皮脂分泌量を促す事の出来るものとして、油脂の代謝について、有効に働くビタミンB1です。ビタミンB1を多く含むものとして、レバー、うなぎ、ヨーグルト、納豆等があります。

こせらを食べることで、皮脂の分泌が多くなり、頭皮乾燥対策となります。

頭皮乾燥を防ぐ対策 2

まずシャンプーの見直しが必要です。先ほども書きましたが、市販で見かけるシャンプーのほとんどが、高級アルコールシャンプーと言われている分類のシャンプーです。

これは、脱脂性能の高いシャンプーで、必要な皮脂まで、根こそぎとってしまう、機能を持っています。1週間程度あけて、使用するなら問題ないのですが、毎日しかも、2回/日等ははっきり言って使いすぎです。

そこで、おすすめは アミノ酸シャンプーです。アミノ酸シャンプーは、脱脂能力は、高級アルコールシャンプーほどありませんが、毎日洗髪をするのであれば、十分汚れ落としが可能な洗浄力です。

また、アミノ酸シャンプーは毒性も低いため、頭皮トラブルになりにくいシャンプーです。このレベルの洗浄力でも、1回/日以上は、おすすめしません。

また、正しいシャンプーの方法を守って、正しい手順で、シャンプーをする事が大事になります。

ちょっとした、裏技ですが、ツバキオイル、オリーブオイル等で、頭皮に油分をつけてから普通にシャンプーをしてみましょう。強制的にさっぱりとは洗えなくなります。そのため、皮脂が守られることで、健康な皮脂の状態になります。洗い足りないからと言って、いつも以上に洗うのはNGです。

頭皮乾燥を防ぐ対策 3

シャンプーを使わない。いわゆる、湯シャンといっている方法です。えっと思われるかもしれませんが、乾燥が酷いかたは、お湯だけで、シャンプーをすすめます。

スタート時は、ダメな皮膚剥離してしまい、パサパサになるかも知れませんが、髪の毛が生え替わる頃にはサラサラな髪の毛と頭皮乾燥等も心配が無い状態となります。その時のお湯の温度は、38℃ちょっとぬるく感じるかもしれませんが、これ以上は肌をいためるた温度アップはNGです。

半年位は、シャンプーを使うのはやめましょう。使ったとしても、アミノ酸シャンプーをおすすめします。

どちらにしても 皮脂を健康に保つ事で、頭皮乾燥は、ほとんど 防げると言ってよいでしょう。そのため、内部外部両方からの、頭皮乾燥対策が必要です。

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket