Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

塩酸L-メチルチロシンは、

アミノ酸のひとつである、チロシン

の塩酸塩であり、

ヘアコンディションの機能を

持った、成分である。

塩酸L-メチルチロシン

 

成分評価 3

 

塩酸L-メチルチロシンは、

チロシンの塩酸塩である。

ここで、チロシンとは、タンパク質を

構成するアミノ酸の一種で、

納豆を長期保存して、出てくるブツブツ部分

や、タケノコの節部分のブツブツ、

長期熟成チーズのジャッリとした食感の

部分がタンパク質が分解して出来たチロシンです。

423ce79cab761efbb4e5db0681645276_s

チロシンは、脳内ホルモンである、

ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン等の

神経伝達物質の 前駆体

としての役割のある物質です。

 

そして、塩酸L-メチルチロシンについては、

塩酸塩となる事で、

ヘアーコンディショニング成分としての

機能のある成分です。

 

成分が含ませる製品一覧

ハニー アプリコット エンリッチ モイスチャーレシピ ヘアフードマスク 洗い流すトリートメント 

 

参考資料

メチルチロシンHCl

L-チロシンメチル塩酸塩

チロシン

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket