マンゴー種子油は、マンゴーの種子より抽出したオイル成分で、閉塞剤、エモリエントの効果のある成分です。

マンゴー種子油(mangifera indica seed oil)

成分評価3

マンゴー種子油とは

マンゴー種子油Mangifera Indica (Mango) Seed Oilは、ウルシ科の植物であるマンゴーの種子から抽出した黄色味のある油脂成分です。

マンゴーの原産地はインドからインドネシア半島で、主にインド、メキシコ、フィリピン、タイ、台湾などで生産されています。また国内では、沖縄、宮崎、鹿児島、和歌山、熊本などで栽培されています。

マンゴー種子油の成分としては、ステアリン酸、オレイン酸、バルミチン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキジン酸、バルミトレイン酸で構成されていて、シアバターとよく似た脂肪酸構成です。

マンゴー種子油の効果、効能

マンゴー収油は、閉塞剤、エモリエントの効果がある成分です。

マンゴー種子油の毒性、副作用、安全性

マンゴー種子油は、毒性等のデーターが無いですが、食品として食べられている事も考えると安全性が高いと考えられるものです。

成分が含まれている製品一覧

botanist シャンプー(株式会社I-ne(イーネ))

ボタニスト ボタニカルヘアオイルスムース80mL

ボタニスト ボタニカル ヘアオイル モイスト80mL

成分が含まれるその他の商品一覧

参考資料

マンゴー種子油とは…成分効果と毒性を解説

マンゴー種子油(cosmetic-info.jp)

公開特許公報(A)_マンゴー種子油を用いた化粧品およびその製造方法

マンゴーカーネルオイル 450g (マンゴー種子油) 遮光プラボトル入り 【キャリアオイル】【手作り化粧品材料】

マンゴ種子油の効果