LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

キウイエキスは、果実から抽出するエキスで、

マイルドな保湿作用、収れん作用、

皮膚柔軟化作用、抗酸化作用を

もつ成分である。

キウイエキス

 

成分評価 5

 

キウイエキスとは

キウイエキスは、その名前の通り、キウイフルーツ

の果実から抽出する、美容成分である。

キウイフルーツは、マタタビ科に属する植物で、

ビタミン類をはじめに、タンパク質、アミノ酸、

タンニン、糖類(グルコース、フルクトース)、

そして有機酸(クエン酸、キナ酸)などを

含む天然成分です。

食物から抽出した、美容エキスのため、

美白、保湿作用、収れん作用、皮膚柔軟化作用、

そして抗酸化作用を持っている。

一般的に、清涼感や清浄なイメージ

を与える目的で、配合される事がある。

化粧水・乳液・クリーム・美白化粧品などに使用される。

キウイエキス

キウイエキスのその他機能

そして、キウイエキスには、その他様々な機能があります。

 

抗ニキビ作用

男性ホルモン(テストステロン)は,皮脂腺に存在する

5α-レダクターゼにより,脂腺細胞内で生理活性の

強いジヒドロテストステロン(DHT)に転換されます。

DHTは脂腺細胞にあるDHT受容体と結合し,

脂腺細胞を刺激して増殖を促したり,皮脂の分泌を

増大させたりします。

 

発生した皮脂は,嫌気性菌であるP. acnesの栄養源となり、

アクネ菌 は増殖します。従って,DHTはP. acnesを増殖させることから,

ニキビの発症に密接に関与していると考えられます。

 

アクネ菌は,ヒト皮膚毛包内の常在菌で,皮脂が過剰に貯留した

場所で盛んに増殖を始めます。

増殖したアクネ菌が産生するリパーゼは,皮脂中の

トリグリセライドを分解して脂肪酸を遊離させます。

遊離した脂肪酸は,白血球の真皮への遊走,浸潤,炎症因子の

放出という一連の炎症反応を引き起こします。

炎症因子は皮膚を刺激し,炎症のみならず,

表皮の角化も進行させます。

これらが,ニキビの発症・悪化のメカニズムです

 

テストステロンに粗酵素液(S-9,オリエンタル酵母),

各種濃度に調製したサンプル溶液を添加して反応後,

ガスクロマトグラフィーでジヒドロテストステロン(DHT)を

定量しました。その結果,

キウイ種子エキスに5α-レダクターゼ阻害作用が

認められ,DHTの生成が抑制されたことが確認

されました。また,キウイ種子エキスの含有成分で

あるquercitrinにも同様に阻害作用が認められました

 

抗シワ作用

キウイ種子エキスの線維芽細胞に及ぼす作用を,

ヒト新生児線維芽細胞であるNB1RGBを用いて

検討しました。

その結果,キウイ種子エキスは線維芽細胞の

増殖を促進し,皮膚細胞の増殖を促進する

可能性が示唆されました。

キウイ種子エキス摂取前と4週間摂取後のシワの

面積を比較すると,10名中7名のシワ面積が減少し,

目尻のシワ改善作用があることが,

ヒトにおいて認められました

キウイ種子エキス摂取前と4週間摂取後の保湿性

の変化は,皮膚水分量(Corneometer 計測値)の上昇が

認められる被験者と,下降が認められる被験者が

みられ,摂取前後における保湿性の差は

認められませんでした

一方,皮膚pHは摂取前に比べて,健康な肌pHである

pH 4.5~6.0に収束しました。

キウイ種子エキスは,肌を健康なpHに収束させ,

正常な状態に改善する効果があることが明らかになりました

 

抗くま(美白)作用

肌のくすみや色黒,シミは,メラニンが原因です。

生体内では,チロシナーゼの働きでチロシンから

ドーパキノンが生成し,その後,酸化反応などが

進行してメラニンが生成されます。

キウイ種子エキスに,このチロシナーゼを阻害する

作用が認められました。また,含有成分である

quercitrinおよびkaempferol 3-O-rhamnosideにも

同様に阻害作用が認められました

 

キウイ種子エキスの抗酸化活性

ヒトの生体内では,ストレスなどの刺激により

活性酸素が発生します。

この活性酸素は酸化傷害を引き起こし,

細胞等を損傷し,種々の生活習慣病や

老化促進と密接に関係しています。

 

そこで,キウイ種子エキスの抗酸化作用を,

スーパーオキサイドジスムターゼ(SOD)様活性および

1,1-ジフェニル2-ピクリルヒドラジル (DPPH) ラジカル

消去能を指標に評価しました。

その結果,キウイ種子エキスは,濃度依存的に

SOD様活性およびDPPHラジカル消去能を示しました。

 

キウイ種子エキスの保湿作用(外用)

キウイ種子エキス(1%)溶液または蒸留水を

ヒトの皮膚に直接塗布し,

水分保持能力を測定しました。

蒸留水のみを塗布した場合,

ほぼ40分で塗布前の水分量に戻っていますが,

キウイ種子エキス溶液では,120分以上水分を保持しました

 

抗炎症作用

LPS(リポポリサッカライド)で刺激したマウス由来

マクロファージ様細胞(RAW264.7)を用いて,

キウイ種子エキスのPG E2産生に及ぼす作用を

検討しました。その結果,キウイ種子エキス

(1~100 g/mL)は,PG E2の産生を濃度依存的に

抑制しました。また,含有成分である

quercitrin(100 g/mL)および

kaempferol 3-O-rhamnoside(100 g/mL)にも

有意な抑制作用が認められました

 

成分を含む、製品一覧

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

キウイ エンパワー ボリューム レシピ シャンプー

キウイ エンパワー ボリューム レシピ トリートメント

キウイ エンパワー ボリューム レシピ シャンプー詰め替え

キウイ エンパワー ボリュームレシピ トリートメント詰め替え

 

参考資料

キウイエキス

キウイエキス

キウイ種子エキス

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket