Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

おすすめ 成分として、シャンプーは、

いろいろな化学物質によって出来ている複合物質です。

ご自身の使用している、シャンプーにどんな成分が入っているか

現在のお使いの製品の裏を見て、

良いものか悪いものかを確認してみましょう。

製品の成分表からシャンプーの実態を見ましょう。

薬事法と成分でみるシャンプーの考え方

ご存じでしょうか?

シャンプーの成分 表示については、明確なルールがあります。

基本の考え方としては、成分として、重量比で

大きい配合物質から書いて行く必要があります。

水が成分としては、シャンプーの40~50%を締めるため、必ず1幡

に書かれる事になりますが、水のみは除外して良いため、

2番目の成分が、シャンプーの界面活性剤(全部で約40%前後)であるため

だいたい、3番目ぐらいまで見ると、そのシャンプーの性質が判ります。

 

薬事法では、シャンプーは、一般的には、化粧品の扱いとなっているため

だいたい、成分シャンプーには書かれていますが、

一方で、一部ですが、医薬部外品の許可をもらっているもの

については、成分シャンプーに書く義務がありません、

 

どちらかと言うと、その有効成分のみ書けば良いため、

医薬部外品 扱いのシャンプーについて、すべての成分

シャンプーには、書かれていません。これは、ちょっと不思議な現象と思います。

 

それでは、化粧品と医薬部外品で、成分に違いがあるのか

というと、実は ほとんど 同じものです。

これは、知らない人が見たらびっくりするかも、しれません。

 

成分シャンプーとしては、同じでも、宣伝等については、扱い

がかなり、変わります。

医薬部外品としては、効能をうたうことが 出来ますが

化粧品には、効能を書く事が出来ません。

書けるのは雰囲気のみです。

これは、有効成分が入っていたとしても、書けません。

 

何が違うかと、いうと、経口毒性から始まる、10項目程度の

試験に合格しているか、どうかですが、非常に費用も時間

もかかるため、メーカー側も 積極的に医薬部外品としての

認可を取ろうとはしません。

但し、ある程度、売れてきた後に、許認可を取って

実は、こんな 効能があります。を広告に載せるため

実施するのが、実態でしょう。

 

実際、成分の詳しい人なら、成分から、このシャンプー

医薬部外品に、合格するか判りますが、

現在、販売されている、シャンプーのほとんどが、

医薬部外品としても、通用するものなのです。

 

人気有名なシャンプー成分として、シャンプーの中身を見てみましょう。

TUBAKIシャイニングシャンプー

 

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、

塩化Na、セージ油、ツバキ種子油、

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、

ローズヒップ油、ポリクオタニウム-11、ワイルドタイムエキス、

ショウキョウエキス、ツバキ花エキス、

ジバルミチン酸アスコルビル、硫酸Na

 

成分表の表示ルールとシャンプーの中身

先ほども書きましたが、成分シャンプーの中の多い

ものから書かれています。

水が1番多くて、2番目にラウレス硫酸Naとつづくのです。

ただし、成分の絶対量(何% 含まれているか)は、

公式の発表はありませんので、

想定での説明になりますので、ご了承下さい。

 

この、成分シャンプー中で表示義務はありませんので、

載せていないものも多いかと思います。

40~50%程度が水です。

成分としては、体への影響はありませんが、

有効成分を使いやすくするために必要不可欠なものです。

 

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naは、洗浄力の強い 高級アルコール洗浄剤に代表とされる

アニオン系界面活性剤です。

この成分については、洗浄力が強いと同時に、必要な皮脂まで

取ってしまうおそれのあるものです。

 

コカミドプロピルペタインは、一方で、非イオン系の界面活性剤なため、

体に影響の少ない界面活性剤ですので成分としては、大きな問題はありません。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 

これも実は界面活性剤の一種で、

アニオン系界面活性剤にあたり、髪の柔軟性、保護を目的とした成分です。

 

ここまでの 界面活性剤と水で、成分の約90%近くを締めているため

ここまでの成分を1番注目しなければならないのです。

 

アルギニン

アミノ酸の一種で、アルカリ性が高く、コンディショナー成分として

使用されているものです。

 

塩化Na

ラウレス硫酸Naと混ぜると、増粘効果があります。収れん作用によって、

タンパク質を変性させる事が出来ます。

 

セージ油

香油です。料理でも使用して、肉の臭みを取るのに使用されるものです。

 

ツバキ種子油

これは、商品名も出ている、ツバキ油です。別名カメリア油

古くから髪に艶と潤いを与える髪油(水油)の主要な素材ではあるが、

入っていても、1%程度と思われる。効果については不明である。

通常は、ツバキ油を原液を使用するとの事であるが、この場合

シャンプーという属性上仕方が無いかと思う。

 

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

効果の高いUV吸収剤で安全性の良いものであります。

化粧品等に多く使用されていますが、

シャンプーの成分としては、疑問です。

 

ローズヒップ油

美肌成分95%と言われている、美肌効果の高いオイルです。

一方で、ローズヒップの実1kgから3g程度しか取れない事で、

希少価値も高いオイルです。

 

ポリクオタニウム-11

一般的には、カチオンポリマーと言われているもので、

プラスに帯電している、粒子のため、

髪のダメージ部分に耐電により、保護させる効果がある成分です。

 

ワイルドタイムエキス

キメを整えて肌を保護する効果があります。
日焼け後のケアやニキビの炎症を鎮静する他
肌を清潔に保つ働きも期待できる成分なので肌荒れの
予防にも良いとされています。

 

ショウキョウエキス

ショウキョウと言われると聞きなれない方が多いと思いますが、

じつはショウガの生薬名です。

日頃わたしたちが食べている生姜から抽出されるショウキョウエキス

には頭皮に限らず、髪の毛やお肌にも有効な作用をもつため、

基礎化粧品やコンディショナーなど多くの美肌・美髪商品にも

使われています。

それ以外にも生姜の摂取は、冷え性の改善や血行促進、

ダイエットなど健康面でも様々な効果があることも有名です。

 

ツバキ花エキス

保湿、抗酸化作用をもつ成分

 

ジバルミチン酸アスコルビル

ビタミンCを油溶性にして安定化したビタミンC誘導体。

化粧品にはビタミンCとして、肌あれ、色黒、シミ、ソバカス、

日焼け、雪やけなどに対する予防、効果を目的として使用されています。

 

硫酸Na

温泉の主成分として、肌を柔らかく滑らかに保つ効果があり、

角質の柔軟作用がある事から、シャンプー、洗顔料に入れる成分である。

 

成分から見るシャンプーの実態と考察

ちょっと成分シャンプーとしては、多いため、長くなってしまいましたが、

少し参考になったでしょうかる

これらの成分が集まってシャンプーが出来ています。

良い成分もあれば、?の成分も見られます。

そのため、ご使用の時は成分をみて、シャンプーをお使いになる

事をおすすめ します。

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

参考資料

シャンプー解析ドットコム

ノンシリコンシャンプーのおすすめは、成分比較で一番良いもの!

消去法で避ける、90%の悪いシャンプー

ノンシリコンシャンプーを激安で購入する方法

絶対知っておくべき、プロに聞いた効果的なシャンプーのやり方

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの効果や安全生

アルギニン

塩化Na 効果・効能

セージの効能

平成椿油事情

チノソーブS

ローズヒップオイルの美肌効果およびエイジングケア効果その1

カチオンポリマー

ワイルドタイムエキスの効果

ショウキョウエキス

椿花エキス

成分辞典【し:各成分の意味】

硫酸ナトリウム効果や安全生

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る