LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

頭皮かゆみは 非常につらい。傷みなら、耐えられるけど、かゆみは無理とかと言って掻きむしる人が多いと思います。しかし結果悪化してしまいます。実際頭皮かゆみは何が原因で、発生するのでしょうか。

頭皮かゆみを招く真の原因と対策

もともと、人に”かゆみ“という 感覚は無いのはご存じでしょうか?

実は、かゆみを感じているのは、”痛点”つまり傷みなのです。軽度な痛みが”かゆみ“に感じているだけなのです。そのため、頭皮かゆみは何らかの原因で頭皮を傷つけているために発生しているのです。

実際、毎日シャンプーをしているのに、何故かゆみが無くならないと思っている人がいたら、その原因は、あなたが、毎日使っているのシャンプーに原因があるかもしれません。

実は、シャンプーによって頭皮が傷つく事で、頭皮のフローラが崩れる事で、頭皮かゆみの原因となる、黄色ぶどう球菌、真菌、マラセチア菌といった、悪玉細菌が繁殖しやすい環境になると言われています。また、これらの悪玉細菌は、頭皮かゆみだけでは無く、フケ湿疹が発生して、様々の問題がおこると言われています。そんな頭皮かゆみの原因についてちょっとまとめてみまました。

考えられる頭皮かゆみの原因

頭皮 かゆみ

頭皮かゆみの原因 その1

熱いお湯で、洗髪をする人がいます。本人曰く、「ひりひりとした、熱さが大好き」ちょっとマゾ的な感覚ですが、頭皮かゆみが出る人は絶対にやめてください。

シャワーの温度の適温は38℃です。上げても40℃まで、ぬるめに感じるかも知れませんが、40℃以上のシャワーは、頭皮にとっては厳禁です。実際、40℃以上になると、軽い火傷が出ると言われています。

一般的に、”あかみ”は軽く腫れている状態です。腫れによって、頭皮かゆい事になります。

 

頭皮かゆみの原因 その2

爪をたてて洗う。頭皮かゆみがある時に、思いっきり爪を立てて洗うと、たしかに気持ちよい、でもこれは、一次的な事です。

頭皮は、手などと比較すると、皮膚の厚さが3分の1程度しか無く、髪の毛でガードされている事もあり、非常に傷つきやすいのです。シャンプーの時に爪をたてる事で、頭皮に傷がつきます、その傷に雑菌が入る事で、頭皮かゆみが発生します。

この場合、頭皮かゆみは傷に雑菌が繁殖する事が主な原因なのです。

頭皮かゆみの原因 その3

頭皮かゆみはシャンプーが原因!

「毛穴汚れに直シャンで 頭皮の汚れは残らず落とせ」こんなCMがあったかと思いますが、これも頭皮にとっては大変危険な行為です。頭皮は手の皮膚と比較して、3分の1程度しかありません。しかも、髪の毛に常にガードされて、湿度も高めの環境にいるため、実はとってもデリケートです。

そのためシャンプーは、泡立ててから頭皮に持って行く事が、非常に重要なのです。何故直シャンがダメかと言うと、シャンプーの不要な機能が強調されるからです。

シャンプーの洗浄成分である、界面活性剤には、洗浄、乳化、浸透の3つの機能があり、シャンプーには、浸透の機能は不要なのですが、直シャンは、浸透しやすくなる方法です。

汚れが落ちるからと思われる人もいますが、汚れと入れ替わって、シャンプーがその場所に残ってしまうのです。そしてさらに奥深くまで入り込んでしまうのです。

直シャンは、頭皮かゆみが発生しやすい方法のひとつなのです。

頭皮かゆみの原因 その4

シャンプーの時には、すすぎが非常に大事です。すすぎか不十分ですと、これまた頭皮かゆくなる原因です。 

シャンプーの主成分は界面活性剤なのですが、汚れを包み込む事も出来るのですが、一度皮膚に付着すると中々、皮膚膚に付着してなかなか落ちないものなのです。

そのため、一般的にシャンプーの時間の約3倍程度 時間をかけてすすぐ必要があります。特にシャンプー 成分は揮発しないため、乾燥してくると、成分が濃縮されて刺激が強くなってしまい、頭皮かゆみの原因となるのです。しかも、さらに刺激の強いものは、頭皮が荒れているにもかかわらず、かゆみを感じないなんて事もあります。

特にシャンプーを使いすぎる、2度洗いするなどは、問題外な行為です。残留するシャンプーの量が増えるだけで良い事は、ひとつもありません。

頭皮かゆみの原因 その5

頭皮乾燥する事で、頭皮かゆみが発生します。冬場に乾燥するなど、気温、湿度の影響も大きく影響しますが、根本の原因としては、皮脂を取り除き過ぎる事にあります。

そのため、シャンプーのやり過ぎは、皮脂を取り過ぎる事での頭皮トラブルが発生します。シャンプーは、汚れを落とすという事は良いのですが、必要な皮脂まで、落としてしまうため、シャンプーのやり過ぎが、頭皮乾燥を招く原因となっています。

頭皮乾燥については、頭皮かゆみだけでは無く、頭皮ニキビフケそして臭いなどに繋がるため注意が必要なのです。そのため、必要な皮脂まで脱脂しない事が重要なのです。

また、頭皮が乾燥する事で、皮膚が敏感になり、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎などアレルギー反応による湿疹に発展してしまう事もあり、ここまで言った場合、早めに医師に相談する必要があります。

頭皮かゆみを防止するための対策

頭皮かゆみを防ぐためには、正しいシャンプー方法を覚える必要があります。それたけで、頭皮かゆみが防げく事が出来ます。

今回取り上げた、頭皮かゆみの原因は、頭皮フローラのバランスを崩す行為が原因となっています。頭皮フローラは、何もしなければ、自浄作用によって、常に一定の細菌バランスによって、安定していますが、頭皮をシャンプーで洗浄したりすると、常在菌と言われている、弱酸性のバリアが一次的に崩壊します。

もちろん数時間後に復活はしますが、頻繁に実施していくと、復活が追いつかなくなってきます。そうすると、少数派であった 悪玉細菌である、黄色ブドウ球菌、真菌、マラセチア菌等が増殖し、頭皮環境を悪化させる事が、結果的に頭皮かゆみに発展していき、重症化すると、病院にいかなくなてはならなくなります。

そのため 次にあげる「正しいシャンプーの方法」を覚えて実践するだけで、シャンプーによる、頭皮かゆみがおこる事の大半を防止する事ができます。

シャンプー頭皮かゆみを防ぐ方法

1)予洗いをして、頭皮ケア

シャンプーを使う前ににしっかりとお湯で予洗いをします。これによって、汚れの80%が落ちます。また、シャンプー 成分が頭皮まで、浸透しやすくなるため、少ない量で洗う事が出来ます。もちろんシャワーの温度は38~40℃になります。

頭皮ケアを考えるなら、絶対にやってほしい事です。特にシャンプーの使用量を劇的に下げる事が出来ます。実は皮脂は、38℃前後で、溶け出す程度の油脂なのです。もともとの皮脂の少なく、乾燥肌かゆみが出る人は、お湯だけで洗髪しても差し支えありません。

2)シャンプーを事前に泡立てる。

頭皮かゆみ によいとされる、シャンプーをつかうのが良いのですが、ここでは普通のシャンプーを使ってシュミレーションをしてみましょう。

頭皮かゆみの原因である、シャンプーの残渣等を防ぐためにも、泡立てのるは重要な工程です。泡は、実は、ちょっとイメージ沸きにくいですが、サンドイッチのような構造になっており、界面活性剤が、パンの部分で、具が水のような水の周りを界面活性剤がコーティングしているような状態となっています。

これに、汚れが近づくと、油脂等の汚れを中心として、くるっと丸まったミセル構造になります。ここで考えて欲しいのは、頭皮にとって必要な皮脂も、界面活性剤から見れば、汚れと区別が付きません。

頭皮の汚れは、皮脂の上に乗っかっている形ですので、泡立てる事で、優先的に汚れを先に取り込む事が出来るようになり、頭皮にとっては、刺激が低くなるのです。

ここでの覚えておいてポイントとしては、シャンプー液が、汚れを落とすので無く、シャンプー液で作った泡が汚れを落としている事を理解してください。

3)シャンプーで、洗う時には指先で、マッサージするように洗う。

現在1番 良い方法としては、指を動かさないで、頭皮を動かしてマッサージをするようにしながら、洗う事がベターと言われています。

爪で擦る人は、少なくても、指先で、頭皮を擦る人は結構大勢いるかと思いますが、これも実は強すぎるのです。シャンプーはヌルヌルした感触のため、摩擦力が減少していると勘違いしている人が多いですが、脱脂効果があるため、逆に摩擦力を上げる事か判っています。そのため、頭皮の弾力を利用した方法か有効なのです。

この方法の場合頭皮全体が伸縮する事で、毛穴の中の汚れも出やすくなり、汚れを落としやすくします。また、頭皮を無用に傷つける事もありません。また、加齢やその他の理由によって、抜け毛がしやすい人も、髪の毛を引っ張らないようになるため、抜け毛の予防にも繋がります。

この方法は、頭皮の新陳代謝が良くなるため、きっちりやると頭皮が暖かくなり、育毛効果も期待できる方法です。頭がハゲている人は、頭皮と頭骨がくっついている人が非常に多いと言われています。それは、頭皮と頭骨の間には、毛細血管が走っているのですが、この2つに挟まれて、血流が流れずらく、天頂部分に栄養素が行き渡らないため、脱毛や薄毛原因と言われています。

最初は、頭皮と頭骨がくっついて動かないなんて人もいるかもしれないですが、何回かやっていれば、離れるようになりますので、気長に行う事が大事です。

4)十分なすすぎ

実はシャンプーをする場合、1番重要なのは、すすぎ工程となります。それは、シャンプー 成分が残留する事で、頭皮トラブルのひとつである、頭皮かゆみが発生します。

この場合、いくら低刺激のアミノ酸シャンプーを使用したとしても、十分すすぎをして、使用したシャンプー 成分を落としましょう。目安としては、シャンプーを泡立てていた時間の約3倍です。

5)乾燥

乾燥も実は大変重要になります。自然乾燥ですと、どうしても、頭皮の奥の水滴は取れずに残ってしまいカビが生える原因ともなりうるためです。ただ、一方でドライヤーで乾かすと、傷つきやすい髪や地肌が熱風でやられてしまうため、おすすめしたいのは、強冷風ドライヤーでの、頭皮乾燥です。冬場は寒いといってしまうかも知れないですが、冷風であれば、いくらやっても、髪や地肌が傷つく事はありません。

また、冷風でも強風であれば、十分に頭皮乾燥は可能です。

まとめ

今回、正しいシャンプーの方法で、頭皮 かゆみ について大半は、改善が促されるといいましたが、シャンプーの方法で、改善出来ないものもあります。食生活の改善や、湿疹疾患等です。

正しいシャンプーの方法については、簡単に出来るものですので、是非実践していただき、それでも改善出来ない場合は、医師の診断を受ける等をおすすめします。

また毎日シャンプーが習慣化している人であれば、出来るだけ低刺激のシャンプーを使用する事が大事になります。

頭皮に優しいアミノ酸シャンプー 森かける香風

アミノ酸シャンプー 森かける香風




参考資料

頭皮のかゆみを起こす5つの原因と自分でできる対策のまとめ

頭皮のかゆみの原因と対策

乾燥による頭皮のかゆみへの正しい対処法

10年来悩まされてきたアトピー性皮膚炎がだいたい完治したので、

15年ぐらい続いていたフケ症が解消した話

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket