Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

頭皮洗うか 髪の毛を洗うのか、

よく論争が出ますが、

抜け毛や頭皮 薄毛を 気にするのであれば、

頭皮洗うのが、正解です。

抜け毛や頭皮 薄毛を無くす頭皮洗う方法

抜け毛や頭皮 薄毛の原因は、主に血行不良です。

血行不良の原因を取り除くような、

頭皮の洗い方が、結局、抜け毛 や 頭皮 薄毛の対策になります。

 

頭皮 洗う

 

抜け毛や頭皮 数毛がおこる、頭皮の洗い方

現在どんな洗い方をしているのでしょうか?

 

・泡立ちの良いシャンプーを使っている

・しっとりよりスッキリが好きだ

・爪をたてて洗っている

・ゴシゴシ洗っている

・髪は特に念入りに洗っている

・髪を乾かすときは、自然乾燥が基本

 

こんな洗い方をしている人は、頭皮洗う方法が間違っています。

頭皮の洗い方が間違っていると、頭皮トラブルが発生します。

 

頭皮洗う方法が間違っているとおこる頭皮トラブルは、

髪の毛 ダメージ

頭皮 薄毛

頭皮 乾燥

頭皮 べたつき

抜け毛

頭皮 かゆみ

フケ

頭皮 臭い

これらの問題が発生します。

頭皮トラブルの詳細についてはこちらを参照

 

実は、頭皮の洗う方法で、これだけの頭皮トラブルに実は繋がっているのです。

それぞれの頭皮トラブルは、実はそれぞれが、関連しているのですが

この中で特に深刻なのは、頭皮 薄毛 や 抜け毛 

では無いでしょうか?

 

最近は、抜け毛 や 頭皮 薄毛 の頭皮 トラブルは、 男性だけで無く

女性にも、多く発生しています。

 

抜け毛 や頭皮 薄毛 には、食事なども関係していますが、

ここでは、頭皮洗う方法を考えていきましょう。

 

頭皮洗うためのポイント

 

頭皮を洗う場合の注意点としては、

・正しいシャンプーの方法

頭皮洗う時間と頻度

・使用するシャンプー種類

 

 

この2種類によって劇的に

頭皮トラブルが減少していきます。

それだけ、この2つに起因するトラブルが多いのです。

 

正しいシャンプーの方法

頭皮洗う方法として、正しいシャンプーの方法を

知っておく事が重要です。

 

まずは湯シャン

頭皮洗う方法として、まず湯シャンです。

湯シャンは、他の資料でも紹介していますが、

洗髪をする時に、シャンプー成分を使わない方法です。

 

ハリウッドセレブ発信で、現在は、タモリや福永も実際

継続している洗髪方法です。

 

ままず、シャワーの温度としては、38℃前後が良いです。

頭皮がベタツキやすい人は、温度を一度単位で、

アップしていく事が出来ますが限界の温度は、40℃

が良いです。

 

皮脂は、常温でも液体の油脂で、38℃位から、

シャワーでも流せるからです。

但し、40℃ぐらいになると、皮脂は流しやすくなるのですが、

頭皮が若干、あかみや 軽度の火傷をおこすため、

別の頭皮 トラブルが発生しますので、温度は高すぎないよう

に注意しましょう。

 

ただし、湯シャンの場合は、やり始めたばかりの時には

皮脂が多くでているため、定期的に、あぶら取り等が必要に

なります。

だいたい、半年位で、皮脂が落ち着いてくるため、

それからは皮脂がそれほど出ないように

なるでしょう。

 

シャンプー成分を使った、正しいシャンプーの方法

湯シャンがホメオスタシスの観点からいうと、

ベストなのですが、湯シャンの場合80%程度しか

落ちていない事と、

頭皮ベタツキが続く事が、どうしても耐えられない

という方のために、もう一つの方法です。

これは、当サイトが推奨しているものですが、

 

泡立てる

湯シャンの後で、シャンプーを使うのですが、

シャンプーは、頭皮に直接はNGです。

手のひらに500円玉ぐらいの量を取り出します。

お湯をかけて、手のひらで泡立てます。

 

厳密の言うと、界面活性剤の親油基(汚れとくっつく方)

が泡立てる事で、すべて、外側に向くのです。

そうする事によって、近づいてきた汚れを

素早く捕らえる事が出来る用になるのです。

これは、汚れは、必要な皮脂部分よりも、出っ張っている

ためです。

 

泡立てる理由としては、頭皮は、手のひらの

厚みの3分の1ぐらいしかありません。

泡立てる事で、頭皮へのダメージを最小限にする事が出来ます。

 

頭皮を洗う

泡立てた、シャンプーを、頭皮にまんべなくつけて、

頭皮をマッサージするようにして下さい。

頭をボールに例えると、指でかかえるような

状態で、指先を動かさずに頭皮を動かして下さい。

 

以外に思う人が多いですが、

シャンプーの時には、脱脂される事で、

摩擦が大きくなります。

そのため、指と頭皮の摩擦で、かなり力がかかります。

そのため、弱い髪の毛が抜けてしまうのです。

 

髪の毛の引っ張り耐久は、一般的に100g程度はありますが、

抜け毛 や 頭皮 薄毛 になりやすい人は、

半分以下に下がっているとの事です。

 

そのため、シャンプーをする時の、指の動きは重要です。

また、頭皮を動かす事で、頭皮の血行促進となり

育毛に効果があります。

また、泡立てをきちんとしてあれば、この方法で

頭皮洗う事が可能です。

 

すすぎの時には、シャンプー時間の3倍時間をかけて

シャンプー成分が残らないように注意してください。

 

そして乾燥については、ドライヤーほ使用するのは、良いのですが、

必ずコールドで冷風乾燥を心がけましょう。

 

頭皮を洗う時間と頻度ほ意識する。

シャンプーのするのに良い時間があります。

それは、夜の9時前です。

 

実際まもれていない人も多いと思いますが、

人は夜10時から翌朝の2時位が、デトックス・頭皮 成長等の

ゴールデンタイムとなります。

この時間に頭皮が清浄な状態な時に、

頭皮の成長が促されます。

(注意 洗いすぎの状態は清浄ではありません)

 

そのため、この時間の前までに、頭皮がキレイな状態で

ベッドに入って熟睡している必要があります。

 

また、頭皮洗う回数ですが、1日1回まで、

すっきりしたい、泡立つまでやりたいと思う気持ちも

判りますが。

毎日洗う人は、1日1回までで、すっきりは頭皮にはNGです。

頭皮を洗う頻度が週1回ぐらいなら、すっきりまで洗っても

良いですが、毎日の場合頭皮トラブルのもとですので、

やめた方が良いです。

 

使用するシャンプーの種類

シャンプーの種類としては、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

ドラッグストアーで、入手可能なシャンプーの大半が、

高級アルコール系シャンプーと言われる分類のシャンプーです。

これは、

洗浄力が強い

泡立ちが良い

価格が安い

と3拍子揃ったものですが、毎日使うには、脱脂性能が高すぎる

ため、1週間に1回程度使うのに適したシャンプーです。

 

そのため、毎日洗う人には、おすすめなのが、アミノ酸シャンプーなのです。

洗浄力も穏やかで、毎日洗っても問題の無いシャンプー成分です。

しかし、これでも 使用は、1日1回程度に抑えてください。

 

頭皮 薄毛 や 抜け毛 は頭皮の新陳代謝に影響していますが、

アミノ酸シャンプーは高級アルコール系の洗浄剤と比較して、

毒性も刺激性も低いため、改善を促す方向にいくものです。

 

アミノ酸シャンプーの洗浄剤は、一般的に、

泡立ちも穏やかで、洗浄力は、少ないですが、

頭皮トラブルがおきやすい人には、最適のシャンプーです。

 

まとめ

頭皮の洗う方法としては、

正しいシャンプーの方法で、詳細をまとめていますので、

ご参照ください。

頭皮の洗う方法 や シャンプーの種類をみなおす事で、頭皮トラブルの8割程度は解決

していきますので、お試し下さい。

 

 

低刺激で、毎日使えるアミノ酸シャンプー 森かける香風

 

参考資料

【抜け毛予防】頭皮を綺麗にする!おすすめの洗い方はコレ!

たるみ防止や抜け毛予防に!正しく髪と頭皮を洗う7つのコツ

本当に正しいシャンプーしてますか?

“サラサラの髪の毛”も夢じゃない? 正しいシャンプー手順や自宅トリートメントでヘアケア

オリーブオイル最強論!美容・健康・ダイエットその万能すぎる使い方のまとめ。

絶対知っておくべき、プロに聞いた効果的なシャンプーのやり方

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket