LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

ナイアシンアミドは、通称ビタミンB3で、

水溶性ビダミンのひとつで、

体の中で、炭水化物、タンパク質

そして、脂肪をエネルギーに

変えるときに必要な補酵素で、

体内で合成も出来、アミノ酸の

一種トリプトファンを材料として、

合成可能成分である。

ナイアシン

 

成分評価 5

 

ナイアシンとは

ビタミンB3であり、ニコチンアミド、抗ぺラグラビタミン

とも呼ばれたりするものです。

 

食材から取り入れられるもので、

たらこ、かつお節に多く含まれており、

豚や牛の肝臓、かつお、いわし、まぐろといった

魚類、海苔、わかめ、あおさといった海産物

にも多く含まれている成分である。

 

ただし、ナイアシンは、外部から取らなくても、

アミノ酸のひとつである、トリプトファンを材料として

体内で合成する事が可能である。

22475cf13fab01334935cf08d089b736_s

 

ナイアシンの性能

ナイアシンは、水溶性のビタミンで、熱、紫外線、酸化

に対して、安定しているビタミンで、体内では、

炭水化物、脂肪そして、タンパク質をエネルギーに

変えるために働くビタミンです。

ミトコンドリアでおこる、TCA回路に重要で、

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)および

NADP(ニコチン酸アデニンジヌクレオチドリン酸の

働きを助けるビタミンである。

ナイアシンは、ホルモン合成にも係わるビタミンで

細胞に取って必要不可欠であり、食事から取り入れた

場合、ナイアシンは、腸で、吸収され、肝臓で

蓄えられる。

つまりナイアシンは、肝臓の働きと関係が高く、

飲酒によって肝臓が解毒に働く時に、

このナイアシンは大量に消費されます。

そして、ナイアシンが欠乏すると、

ベラグラと呼ばれる皮膚病になり、紫外線に極端

に弱くなる事で、顔や手等に炎症が

おきたり、胃腸障害や精神障害がおこります。

ただし、取り過ぎも問題で、ナイアシンを取り過ぎた場合、

肝臓障害、嘔吐や下痢といった現象が出る成分

です。

また、コラーゲンの合成にも働きかけるため、ハリと

弾力を蘇らせて、シワを改善する効果を期待できる。

 

成分が含まれている製品一覧

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

キウイ エンパワー ボリューム レシピ スカルプ フィード エッセンス 洗い流さないトリートメント

 

参考資料

ビタミン B3 (Niacin)

ナイアシンアミド 500mg 100カプセル (海外直送品)

ナイアシンアミド(ビタミンB3) 500mg

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket