Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

低刺激な化粧品って本当にあるのでしょうか?

実際、化粧品を使っている、敏感肌の人は、

ご使用になる、化粧品について神経質に

なってしまうのではないでしょうか?

低刺激な商品を購入する時のみるべきポイント

低刺激が必要な敏感肌の特長

敏感肌の特長として、共通しているのは、

水分、ミネラル分が欠乏していると言うことです。

一方で、皮脂分が多くなってしまう等も

あります。

特に問題なのは、ダメージを受けやすい

事です。

 

実際、敏感肌の人は、新陳代謝もわるくなり

ターンオーバーも正しい周期でまわらなくなります。

肌の生まれ変わるスピードが遅いため、

肌が不安定な状態になっています。

 

そもそも何で、乾燥して、敏感肌になるのか?

これは、最近の研究で、表皮ぶどう球菌の数が肌

に影響している事がわかっている。

 

水分量が少なく、皮脂が多いトラブルの多くは、

肌にいる、常在菌のバランスが

崩れている事が原因の場合が多い。

 

常在菌は、体に有益に働く、日和見菌と

悪さを働く、悪玉菌がいます。

 

通常日和見菌である、表皮ぶどう球菌、アクネ菌

は勢力が多く、日常は、人の皮脂を

食料として、弱酸性の分泌物を出している。

これが、表皮を弱酸性に維持させ

外敵の侵入を防いでいるのです。

 

それが、様々な要因で、日和見菌が減少

して、悪玉細菌が増加すると、

皮脂のバリアが無くなり、

角質のセラミドが減少する事で、

肌の乾燥がはじまります。

 

セラミドが無くなると、そのまま刺激物

が入ってしまうため、肌が荒れやすく

なるのです。

これが、敏感肌が出来る理由です。

 

日和見菌を減少させ、肌を乾燥させる原因

これは、1番の原因は、界面活性剤です。

顔を洗う、髪と頭皮を洗う、どちらにしても、

日和見菌にとっては、減少させるきっかけ

となります。

 

1度、洗浄すると3~4時間は、日和見菌が復活

するのに、時間がかかると言われています。

 

ただし、洗浄しないわけには

いかないため、きちんとした、

洗浄方法が必要です。

 

低刺激な肌の洗浄方法

1番良いのは、界面活性剤を使用しない事です。

つまり、洗顔もお湯と水以外使用しないことです。

これは、肌にとって1番低刺激な状態です。

 

頭皮などは、湯シャンという方法があるように

洗顔の場合も、水がお湯のみを使用するのが

ベストです。

 

ただし、普段化粧をしている人は、なかなか、

お湯だけでは、おちないもがありますが、

一部、お湯だけで、おちるファンデーションも

実際あります。そのようなものを使う事が

肌の乾燥には、最適です。

 

一般的な化粧品は、低刺激であっても

お湯で落とす事は出来ません

そこで洗顔料の正しい使い方が必要です。

 

低刺激な洗顔料の使い方

 

使用の説明書には、きちんと書いてある

とは思いますが、洗顔料も

シャンプーも、事前に泡立てる事が、

肌の刺激を緩和する働きをします。

 

頭皮の場合は、アミノ酸シャンプーの

ように、低刺激なシャンプーが

ありますが、

洗顔料は、どれも、洗浄力の強いです。

 

化粧品よりも、肌への負担が大きく、

肌の乾燥をひきおこし、

肌の弱い人は、敏感肌になってしまい

ます。

 

クレンジングで、肌の乾燥を促す

化粧を落とすのに、クレンジングを使用する人

は多いと思いますが、

これは、強すぎるクレンジングは、皮脂も梳かしてしまう

ものがあります。

クレンジングが必要な場合は、

良く落ちるものでは無く、

ギリギリで落ちるレベルのものを使用する事が

大事です。

 

 

 

敏感肌には、ケアが必要

 

敏感な肌を放っておくと、バリア機能が低い事で

肌が乾燥して、保湿機能が十分に発揮できない状態で、

保湿成分すらも流れでてしまう。

乾燥は、その他の肌トラブルを招く

事になります。

 

そのため、保湿成分の補給をする、スキンケアが

必要になります。

 

 

低刺激な化粧品を選ぶポイント

低刺激なスキンケアについては、

できる限り、シンプルな基礎化粧品が

ベストであります。

肌に低刺激のためには、

香料、着色量、パラペン、鉱物油等などの使用

していないものが、ベターです。

 

 

基礎化粧品の種類

・化粧水

通常化粧水は、肌から蒸発する時に、

刺激を与えてしまうため、

熱う肌用の化粧水は、控えた方が良い。

 

肌表面が、クッションとなる性質の

敏感肌用の化粧水があるため

それがおすすめです。

油分を含む美容液やクリームを

塗る場合使用すると、

有効成分が浸透しやすく

敏感肌の改善をより効果的に行えます。

また、乾燥予防にも効果的です。

 

・美容液

低刺激な化粧品が必要な人は、

肌が乾燥する事で、肌トラブルを

おこしやすくなっています。

 

そのため、とにかく保湿する事が、

肌トラブル防止に繋がります。

 

最近は、ジェルタイプが人気がありますが、

必要な保湿成分としては、

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンがありますが、

即効性のある、保湿剤としては、セラミドが

良いです。

 

・クリーム

クリームを使って保湿ケアも、水分を逃がさない

方法として、良いです。

化粧水で、水分補給をした後に

水分の蒸発を防ごうとオイル成分配合のクリーム

を使用する場合、

スクワラン等の天然オイル成分の入ったものが、

良好です。

 

低刺激なスキンケアのポイント

敏感な肌は乾燥しているため、必要なのは、水分補給です。

保湿効果の高い、成分を配合した

化粧品が必要です。

乾燥を防ぐ製品であれば、

肌荒れを防ぎ、肌を内側から、

潤す事が出来ます。

 

低刺激な化粧品の効果

敏感肌な人は、低刺激な化粧品を

つかう必要があるのですが

潤いを補うものが効果的です。

そうすると、自然治癒力が促され、

肌本来の健康な状態へとなります。

 

肌のターンオーバーが正常になるため、

肌荒れ、吹き出物等が出にくくなる。

水分と皮脂のバランスが向上することで、

肌の劣化を抑えられます。

低刺激なメイクアイテムに拘ろう
低刺激な化粧品が必要な敏感肌の人は

肌のSOSです。

特に化粧品によるダメージは大きいです。

 

敏感な肌トラブルをかかえる人は、

低刺激なファンデーションである、

「美容液ファンデーション」や「ミネラルファンデーション」

です。

これらは、敏感肌に良い、低刺激なファンデーションです。

 

・美容液ファンデーション

基礎化粧品に匹敵するほどの、美容液成分を配合しているファンデーションです。

 

特長として

ファンデーション機能に加えて、保湿ケアが出来る機能があり、

乾燥予防が出来るのが特長です。

 

美容成分が配合されている事で、摩擦によるダメージが軽減できます。

・ミネラルファンデーション

天然ミネラルから作られている、ファンデーションで、

メイク落としは、洗顔石けんや、洗顔料で

十分落とせます。

特長として、日焼け止め効果もあるので、

しっかりと紫外線から守りながら、メイクが可能

 

メイク落としによる摩擦を受けないため

敏感肌の人には、最適です。

 

化粧品の種類によって、なんと5才も若返る事が出来ます。

低刺激な肌にやさしい、ファンデーションで、

健康的な肌を維持する事につながります。

 

肌の乾燥状態を復活させる、表皮ぶどう球菌 化粧品

まだ、開発中との事ですが、もともと肌の乾燥しやすい人は、

表皮ぶどう球菌が、少ない事が、

調査の中でわかっています。

 

そこに、新たに、表皮ぶどう球菌を足していく方法です。

表皮ぶどう球菌は、個人々違うため、

最初、自分の肌から、表皮ぶどう球菌を取り出し、

純水培養して、増殖させ、

 

それを化粧前等に塗っていくのです。

もともと、自分のものですので、

アレルギー等にもならないので、

非常に良い方法です。

 

これにより、肌の悪い人は、水分量が少なく、

皮脂が多くなる傾向がありますが、

これが、1ヶ月ぐらいで、大きく改善すると

調査結果がでいます。

これは、非常に理想的な状態と思われます。

 

参考資料

低刺激・敏感肌

敏感肌でも使える低刺激の化粧品

敏感肌にオススメ

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る