[テトラヘキシルデカン酸アスコルビル]油溶性ビタミンCはエイジングケア成分

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、油溶性のビタミンC誘導体で、抗酸化性、コラーゲン生成促進作用、老化防止、エイジングケア、美白、くすみ抑制、シミ改善、メラニン生成抑制などの効果が期待できる成分です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(Ascorbyl tetraisopalmitate)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

成分評価3

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルとは

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(Ascorbyl tetraisopalmitate)は、イソバルミチン酸(2-ヘキシルデカン酸)とアスコルビン酸とのテトラエステルで、一般的にVC-IPと呼ばれる油溶性ビタミンC誘導体と呼ばれる無色~淡黄色した液体成分です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、化粧品成分として使用される成分ですが、医薬部外品として使用される場合は、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルと表示されます。

一般的にビタミンCは、水溶性ビタミンのためその誘導体である、ビタミンC誘導体も水溶性である事が多いですが、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、油溶性のため肌内部までの浸透性が高く、また持続する事ができる特長をもっています。そのためジェルやクリームなどに入れると使用した場合、なじみが良く吸収性が優れている化粧品になります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの効果、効能

テトラヘキシルデカン酸アスコルビン酸は、油溶性ビタミンC誘導体のため、ビタミンCが本来持っている抗酸化性の他に、コラーゲン生成促進作用、老化防止、エイジングケア、美白、くすみ抑制、シミ改善、メラニン生成抑制などが期待出来る成分となっています。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの毒性、副作用、安全性

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、油溶性のため、水溶性であるビタミンCのデメリットをカバーしているため刺激が少ないとされています。ビタミンCは水溶性のためイオン化しやすく、高濃度で使用すると肌への刺激が強いとされています。一方で油溶性であるテトラヘキシルテカン酸アスコルビルは、持続力が高くゆっくりと反応する事で肌に優しい成分とされています。

成分が含まれる製品一覧

haruシャンプー(株式会社nijito)

ヘアミネラルエッセンス150mL

成分が含まれるその他の商品一覧

1 2 3 4 .. 223

脂溶性ビタミンC誘導体原液(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル) 32ml

脂溶性ビタミンC誘導体原液(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル) 32ml
13,750 円

phiten ファイテン VC-IPエマルジョン 美容原液シリーズ

phiten ファイテン VC-IPエマルジョン 美容原液シリーズ
5,500 円
【成分・素材】水、プロパンジオール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 、グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル

ピュアスマイル ヨーグルトパック ビタミン 1回分 9g

ピュアスマイル ヨーグルトパック ビタミン 1回分 9g
110 円
「ピュアスマイル ヨーグルトパック ビタミン 1回分 9g」は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルを配合したヨーグルト パックです。ヨーグルト成分により、肌に栄養分を与え、つるつるなめらか素肌へ導きます。また、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルが、日焼けによりダ..

Obagi オバジC クリアフェイスパウダー

Obagi オバジC クリアフェイスパウダー
3,080 円
ビタミンC誘導体※配合のふんわりやわらかなパウダーで、透明感のあるツヤ肌へ仕上げます。※:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

Obagi オバジC クリアフェイスパウダー

Obagi オバジC クリアフェイスパウダー
3,850 円
ビタミンC誘導体※配合のふんわりやわらかなパウダーで、透明感のあるツヤ肌へ仕上げます。※:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

1 2 3 4 .. 223

CS Shop

参考資料

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)とは…成分効果と毒性を解説

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の特徴は?

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体・油溶性(VCIP・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)/3ml

NIKKOL VC-IP