トリートメントにはシリコンが入っている。シャンプーでは、ノンシリコンを使っているのに、トリートメントとなると、シリコンたっぷりの製品を使用してる人をよく見かけます。今回そのあたりに注目してみました。

トリートメントにはシリコンがたっぷり

トリートメント シリコン
出典写真AC




市場では、ノンシリコンシャンプーがブームなので、そんなシャンプーが良く売れています。

一方で、知ってか知らずか判りませんが、シリコン入りのトリートメントをよく使用している人をみかけます。見てて、非常に不思議なんですが、どうゆう気持ちなんでしょうか?

それでは、シリコンについて、どんなものかをまとめてみました。

トリートメントに入っている シリコン成分とは

一般的に”シリコン“と呼ばれていますが、シリコンとは、元素のケイ素と呼ばれる、元素の事で、あなたが思っている油やゴムのような物質ではない。

正式名所としては、”シリコンオイル”だったり、”シリコーン”と言ったりするが、ここでは、そんな化学的な話をしても、難しいので、一般名称の”シリコン“で話しをすすめます。

シリコンは、全体的に、非常に安定性に飛んだ物質で、特に耐熱性、耐薬品性に優れている物質です。つまり良きにしろ悪しにしろ肌への影響はそれほど無いのです。よくシリコンが「毛穴につまる」や、「シリコンで肌が荒れる」などと書かれているものがありますが、そんな事はありません。

その性能を使って色々なものに応用されている。ヘアコンディショニングとしては非常に優れております。そんなシリコンは、非常に多くの種類があります。

化粧品に入っているシリコンの種類

シリコン成分は、耐熱性、耐久性が良い成分で、トリートメントの成分として使用した場合、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれる事や髪の毛の多い人の場合、ボリュームダウンなどが出来るトリートメント成分となります。またシリコンといっても非常に多くの種類があります。表示名にメチコン、シロキ、シリル、シランなどが含まれていれば、シリコンのひとつと考えて良いでしょう。そんなシリコンを大きく4種類にわけてみました。

ジメチルシリコン(ジメチルシリコーン)

ジメチルシリコンは、非常にに基本的なシリコン成分で、分子量が小さいものから大きいものまで、様々で、分子量によって性質が異なり、高分子なものほど髪の毛に付着しやすく、感触が良くなる一方でベタツキやすい性質で、分子量の低いものほどサラサラとして質感になりやすいが、取れやすい性質があります。代表的なものとしては、ジメチコンジメチコノールになります。

ジメチコン

ジメチコンは、代表的なシリコン成分で、シリコントリートメントに入っているシリコン成分の代表格といえます。また、ジメチコンは、ガスコンのような経口薬の主成分にもなっているように体内に入ってもまったく影響の無い成分です。またコンディショナーやトリーメントとして髪の毛に使用した場合、成分が浸透、結合する訳ではないので、24から36時間程度で、脱落してしまいます。そして、シリコンー系のトリートメントは全体的にボリュームダウンをする傾向があります。

揮発性シリコン(揮発性シリコーン)

揮発性シリコンは、揮発をしやすいシリコンの事で、揮発環状型シリコンや揮発分散型シリコンなどの種類があります。常温で揮発する成分を含んでいる事で、他の成分と混ざりやすい性質があり、使用感がさらっとしたものが多いものです。また高分子シリコンなど混ざりにくいものを混ぜやすくする性質もあります。成分としては、シクロペンタシロキサンやシクロメチコンなどがあります。

シクロペンタシロキサン

シクロペンタシロキサンは、環状型のシリコンで、ジメチコンと比較すると、軽めのトリートメント成分です。またジメチコンと比較すると髪の毛から落ちにくいという特長をもっています。その特長を利用して水に濡れても落ちにくい、ウォータープルーフなどに使用しているシリコン成分です。

アミノ変性シリコン(アミノ変性シリコーン、カチオン化シリコーン)

アミノ変性シリコンは、通常のシリコン剤と比較すると、髪の毛への吸着力を高めたシリコン成分で、髪の毛に付着しやすくするため、一部にカチオン基を付加した成分です。アミノ変性シリコンは、カチオン度が高いほど、分子量が高いほど髪への吸着力は高くなるが、肌への付着力も高くなり、シリコンの安全度は逆に低くなる場合があります。代表的なシリコン成分としては、アモジメチコンアミノプロピルジメチコンなどがあります。

アミノプロピルジメチコン

アミノプロピルジメチコンは、ジメチコンの持つメチル基の一部をアミノプロピル基で置換されたもので、アミノプロピル基が、カチオンとなるため髪の毛の持つマイナス電子に吸着する性質となるため痛んだ部分に特に吸着しやすいため、シリコン系の中では吸着力の強いシリコン成分です。

ポリエーテル変性シリコン(ポリエーテル変性シリコーン)

水との相性の悪い、シリコン成分のジメチコンなどに、界面活性剤を付加した成分で、界面活性剤の力で、水性成分への馴染みが良くなり、洗い流しやすい性質があります。洗髪時や髪の毛が濡れているときのきしみの緩和や、乾いた時の髪の毛のパサツキを抑える事が出来ます。そのため水溶性シリコンなどとも言われています。代表的なものとしては、ジチメチコンポリオール、ポリシリコン13、そしてPEG/PPG-18/18ジメチコンビスPEG-4ジメチコンなどPEG-〇ジメチコンと表示されるものがあります。

シリコン以外に含まれているトリートメント成分

トリートメントの成分としては、シリコン以外にも様々な成分が含まれています。

コンディショニング成分

シリコンはコンディショニング成分のひとつですが、髪を摩擦を下げてサラサラにする事で指通りを良くする効果があります。カチオン界面活性剤もコンディショニングとして使用されています。こちらは髪の毛がマイナスに帯電する性質を利用して、カチオン界面活性剤でコーティングする事が出来ます。シリコンよりもコーティングの保持が長くする事ができ、静電気を防止する事ができます。ノンシリコンのシャンプーはカチオン界面活性剤を使用しています。

ノニオン界面活性剤

トリートメントは、水と油を両方してようしている関係から、乳化剤が使用されています。トリートメントで乳化剤として使用されているのがノニオン界面活性剤です。コンディショニング成分としては必要不可欠な成分でもあります。

シリコン成分のその他の用途

シリコンスチーマー

シリコンスチマーと呼ばれるものをご存じでしょうか?野菜や肉、調味料を入れて、電子レンジでチンで調理が出来るものです。シリコンスチマーのメリットとしては、耐熱性、耐薬品性が優れている事から、シリコンスチーマーからは何も溶出しないため、料理の味を変えないで簡単に調理が出来るというものです。

ポリ袋の潤滑剤

一般的には、ご存じない方も多いですが、家庭にある、ポリ袋食品を入れたり、ゴミをいれたりする袋、ビニール袋なんて言う人もいますが、一般的にはポリエチレンで出来ていますが時間がたつと袋の内側がくっついてしまうため、袋が簡単に開くようにするため、袋の内側にはシリコンが塗ってあります。

洗濯洗剤の柔軟剤

シャンプーやトリートメントだけでなく、洗剤にもシリコンが入っています。一般的に柔軟剤と呼ばれるものがこれにあたります。シリコンには繊維と繊維の摩擦を減らして、繊維を柔らかくするメリットがあるからです。コンディショナー成分やトリートメント成分としてシリコンを使う理由も実は同じ理由からなのです

医療用品

シリコンは医療用品には非常によく使用されています。代表的なのは注射器の針でしょう。注射器の針はシリコン油でコーディングする事で、注射を刺したときの痛みの軽減をする事が出来ます。

また、シリコンは安定している事から体の中に埋め込むものに使用されるため、美容整形では未だにシリコンは使用されています。

シャンプー トリートメントシリコン成分の評判

シャンプー等に入っている場合、シリコンは毛穴につまって、禿げるとか、頭皮に悪影響があるとかる等の話をよく聞きますが、たぶん、ノンシリコンを初めて販売した業者が考えたキャッチセールスが、広まってしまった結果だと思います。

実際シリコンが、毛穴に詰まって、トラブルがおこったり、頭皮に付着して問題発生するなどはありません。あれば、さきほど説明した、医療部品特に体内に挿入されるようなものや、口に入るようなものに、使われるでしょうか?

ただし、シリコンは、親油性がありますので、お仲間であり、性質が似ている頭皮や髪の毛、に付着しますが、結合するまでの力が無いため、しばらくすると、脱落してしまいます。付着していられるのは、せいぜい2~3日程度です。

トリートメントシリコン成分の役割

シャンプーやトリートメントの多くには、シリコンが入っていますが、目的としては、コンディショナー機能が大きいです。シリコン成分の髪への影響としては、髪の毛の表面をコーティングする機能です。

シリコンは耐熱性が高いため、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。

シリコンは、安定的なものですので、腐らない特性があります。一方でノンシリコン系のシャンプーやトリートメントには、シリコンのかわりに入っているオイルは、酸化して臭いを出す場合があるので注意が必要です。

シリコンは、髪の毛のツヤがでて、髪の毛同士がつかなくなるため指通りが良くなります。そのため、摩擦も減りますので髪の毛が絡む事も少なくなります。また、油脂ですので、全体的にボリュームダウンの傾向があります。シリコンのコーティングされる事で、紫外線でのダメージも軽減します。

ただし、コーティングだけの機能となると、だいたい24時間程度経過で、どんどん脱落する傾向がありますので、補修という事は、期待が出来ません。

また、シリコンの髪へ影響として欠点とされるのが、毛染めやヘアカラーが出来なくなる事です。髪の毛が薬品に強くなるため、カラーリングといったものも染まりにくい事になります。そのため、黒髪でストレートを維持している人なんかは、シリコン入りがおすすめになります。

ノンシリコンはアミノ酸と相性が良い

シリコンはアミノ酸とは相性が悪いのはご存じでしょうか?アミノ酸系のコンディショナーはシリコンが入っているものはありません。アミノ酸界面活性剤は、洗浄力等が弱いため、油成分を入れると洗浄能力などが落ちてしまうため、シリコンオイルを配合する事ができません。そのためアミノ酸シャンプーのシリコン入りなどは存在しません。

シリコンとノンシリコンは、機能で選びましょう。

シャンプーの方は、圧倒的に、ノンシリコンが多いのですが、トリートメントについては、シリコン系が多いのも事実なのもあります。

実際洗わないタイプのトリートメントは、シリコン入りが多かったりするのでカラー等を定期的にする人は、シリコンのコーティングが邪魔するため、ノンシリコンタイプが良いかもしれません。

関係する商品一覧

1 2 3 4 5 6 .. 1868

MOGI スタイリングトリートメント(ダメージヘア用トリートメント) ノンシリコン 250ml

MOGI スタイリングトリートメント(ダメージヘア用トリートメント) ノンシリコン 250ml
2,921 円
傷んだ髪や頭皮、手肌にもやさしいノンシリコントリートメント。

"【キューティフィックス キューティFIX】ノンシリコン、ノンシリコントリートメント、ノンシリコン トリートメント、ヘアトリートメン..

"【キューティフィックス キューティFIX】ノンシリコン、ノンシリコントリートメント、ノンシリコン トリートメント、ヘアトリートメン..
1,944 円
"翌日のセットもラクラク、新感覚のノンシリコントリートメント!本品をスプレーし、ドライヤーやヘアアイロンの熱を加えて、ストレートも巻髪もキープ!スタイリング時にお使いいただくだけで手軽に集中トリートメントができます!ハネ、うねりでお悩みの方におすすめです..

"SoyMilkBeauty ノンシリコントリートメント(490mL)(発送可能時期:通常3-5日で発送予定)[ノンシリコントリートメント]"

"SoyMilkBeauty ノンシリコントリートメント(490mL)(発送可能時期:通常3-5日で発送予定)[ノンシリコントリートメント]"
1,512 円
"黒豆由来の保湿成分配合ノンシリコントリートメント"

KOSE コーセー ジュレーム ノンシリコントリートメント (モイストリペア) 500ml

KOSE コーセー ジュレーム ノンシリコントリートメント (モイストリペア) 500ml
2,826 円
髪を芯から補修するノンシリコントリートメント。

KOSE コーセー ジュレーム ノンシリコントリートメント (モイストリペア) 500ml

KOSE コーセー ジュレーム ノンシリコントリートメント (モイストリペア) 500ml
2,760 円
髪を芯から補修するノンシリコントリートメント。

1 2 3 4 5 6 .. 1868

CS Shop




参考資料

シャンプーに使われるシリコンの成分名一覧

シリコンについて

シリコン剤の成分表記名 本当にノンシリコンシャンプーですか?

シリコンって何?シリコンの髪・頭皮への影響のメリット・デメリットまとめ

ジメチコンは有害?無害?髪と頭皮へのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーにだまされるな! 「髪」命のみなさん永久保存版のシャンプー最新情報をお届け!

ノンシリコンシャンプー&トリートメントについての正しい知識と見

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も