アミノ酸系のシャンプーは、人気度も高く頭皮ケア系のシャンプーでも機能も期待できるものも多いです。そのため、偽物のアミノ酸系も出るしまつ成分を見て正しい、判断で選ぶ事が正しいヘアケアの第一歩です。

アミノ酸系のシャンプーの選び方と成分のポイント

アミノ酸系

アミノ酸系が良い理由

アミノ酸系界面活性剤は、最新の研究で開発された、界面活性剤です。これは、アミノ酸の分子構造を含んでいる事からつけられている名前です。

また、ぞれぞれのアミノ酸系の界面活性剤は、グルタミン酸、メチルタウリン等のアミノ酸の名前がはいっているのが特長です。ただし、よく勘違いする人が多いのですが、実際アミノ酸から合成しているのでは、ありません。

アミノ酸系の特長は、毎日洗髪している人のライフサイクルにあわせて作られた、シャンプーだと言うとです。また、耐環境性に優れたものも多く、自然界での分解性能に優れており環境影響も少ないものが多いです。

毎日使うものだから、良い物を

市場で氾濫している、シャンプー成分の代表として、高級アルコールシャンプーがありますが、洗浄力が強いため、毎日のシャンプーには、適さないもので、石けん系のシャンプーも同様です。

現在、毎日使用出来るのは、アミノ酸系のシャンプーだけです。ただ、良い処ばかりではありません。アミノ酸系のシャンプーは、高価なのです。生産量が限られている事で、高級アルコール系の界面活性剤と比較すると10倍ほどの価格差があるものを使っています。

そのため、製品にした時も、それなりの価格差となってしまいます。

そんな中で、毎日使用しても問題無いのは非常に大きいメリットです。但し、この価格差が、ちょっといい加減に商品の発売に出ています。

アミノ酸系は、成分をきちんと見てから買いましょう。

安価でアミノ酸系が販売していたら、ちょっと確認が必要です。

実は、ノンシリコンやオーガニックなんかも同じですが、アミノ酸系と表示するのに規制は無いため、酷い場合は、アミノ酸系の界面活性剤が入っていないのにアミノ酸系と表示して販売しているからです。これらは、アミノ酸系と書いてあるのに激安で販売しており、成分を調べたら入っていないものです。

これの方が圧倒的に多いのですが、主成分は、高級アルコール系で、ちょっとだけアミノ酸系の成分を入れて、アミノ酸系シャンプーとして販売しているものです。少しでも安価で売りたいのは、判りますがこれらは結構あります。

購入する場合は、きちんと成分名を見て購入を心がけてください。

アミノ酸系成分の表示名

アミノ酸系の代表としては、

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルアラニンNa

この辺りが、通常シャンプーでよく見かけるアミノ酸系成分ですので、まず、こんな成分が入っている事が重要です。

また、成分表は、成分の多い順番に入っていますので、水を除く上位3つというか水の次にこれらの成分が入っていないとアミノ酸系とはいえません。

どうですか?

今もし、アミノ酸系のシャンプーをお使いの方で、安堵された方と、そんなの書いていないと思った方がいるのでは、ないでしょうか?

参考ですが、ヤシ油、ラウリン酸、ミリスチン酸とかはアミノ酸系ではありませんのであしからず。

アミノ酸系の成分がなぜ良いと言われているか?

界面活性剤は、実は数百種類あると言われています。その中で、何故アミノ酸系が良いかについては、あまり書かれていませんがいくつか、ありますのでご紹介します。

界面活性剤は、実は、構造がちょっと違うだけで、性能がかわってきてしまいます。そこで、全体的な特長としては、

洗浄力が穏やか

アミノ酸系は、洗浄力が低いとよく言われていますが、 一般的な、高級アルコールシャンプーが逆に強すぎるのです。それは、昭和時代 以前であれば、良かったかも知れないですが 現在では、強すぎるようになったのです。 それは、ライフスタイルが変わったことです。

今でこそ毎日、洗髪しているのが、普通ですが、実は以前は、週に1回が当たり前だったのです。 それより前であれば、戦争中まで、いくと洗髪の頻度が低い場合、しらみや頭皮の病気があった時代に 開発されたものですので、もともと強い洗浄力が必要だったのです。

そのため、現在のライフスタイルとしてはアミノ酸系のシャンプーが1番あっているのです。

頭皮への浸透力

界面活性剤は、洗浄力の他に実は、浸透力という性能があります。知らない人も多いのですが、化粧品のクリーム関係や、軟膏なんかもその界面活性剤の能力を使って有効成分を皮膚の中に浸透させるのです。

シャンプーはもちろん頭皮で使うものですが、頭皮は皮膚の厚みが以外と薄い部分で、手の平と比較すると6分の1程度しかありません。そのため浸透力が強いものは、問題があります。

もちろんこれは、全部では無いですが、一般的に分子量が大きいと入りにくい、分量が小さいと入りやすいという性質があります。

そのため、シャンプーは手早くする事が大事ですが、その間に染みこまないようにするため分子量の大きいものを選ぶ必要があります。

これらは、専門外の人は、眠くなるだけですが、分子量が小さいものは、泡が細かく、分子量が大きいと、泡が大きいとの事もあるため、それで、見るのもよいかもしれません。

アミノ酸系のシャンプーは泡立ちも穏やかで浸透性も低いので、頭皮のダメージになりにくいのです。

シャンプー成分の毒性

これを聞くと、ドキっとするかもしれませんが、シャンプーも薬品ですので、毒性があります。もちろん販売許可を受けているレベルですが、それでも、かなりの開きがあります。

簡単に言うと、高級アルコール系の代表であるラウリル硫酸、ラウルス硫酸とアミノ酸系シャンプーの代表である、ココイルグルタミン酸の比較をすると毒性として、ココイルグルタミン酸の方が約8分の1位低いのです。

脱脂力☓浸透性☓毒性の3つは、乗数倍の差が出ます。頭皮ケアを考えるなら、アミノ酸系シャンプーが良いのでは無いでしょうか。

アミノ酸系シャンプーはオールインワンがお好き

実は、アミノ酸系シャンプーは、オールインワン製品をつくる事が出来ます。その代表が、コンディショナーです。その中でも、カチオンポリマー入りが良いです。

しかし、オイル系のコンディショナー入りはおすすめしません。それは、オイルはたしかに、コンディショニングとして機能はありますが、洗浄力と相反するものですのでオールインワンは出来ません。

売られている物は、組み合わせに問題があるのです。

アミノ酸系シャンプーは弱酸性?

アミノ酸系は、一般的に、弱酸性のものが多いです。ちょっと勘違いしている人が多いですが、洗浄剤である限り、界面活性剤はアルカリ性です。

それを、クエン酸みたいなものでpHの調整をしています。これは、アルコール系のシャンプーも同様です。石けんシャンプーは、これが出来ません。

但し、頭皮で使うものでは弱酸性は、マストです。それはシャンプーの時に表皮にいる、常用菌を殺して洗い流してしまうのです。表皮ぶどう球菌、アクネ菌等なんですがこれらは、日和見菌と言われているのですが、頭皮にとっては必要なものですがこれが流れてしまうのです。

そのため、弱酸性のシャンプーは頭皮というよりは、日和見菌にやさしいシャンプーなのです。そのな弱酸性に調整が出来るのはアミノ酸系シャンプーなのです。

参考資料

市販でおすすめのアミノ酸系シャンプー「いち髪」

アミノ酸シャンプーについて

10年来悩まされてきたアトピー性皮膚炎がだいたい完治したので、

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も