増粘剤(Thickener)

増粘剤(Thickener)は、主成分の粘度を高めるために使用される添加成分で、食品、化粧品、医薬品、その他の工業製品などに使用されています。食品の場合ゼラチンのような動物性のものや、植物性のセルロース、多糖類などが使用されています。増粘剤の目的としては、粘度を高める事で、有効成分がその場所に溜まりやすくしたりしたり、食品であれば、とろみをつけたりする事が出来ます。代表的な成分としては、ペクチン、グアーガム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、などがある。またコンクリートの製造やナパーム弾をつくる場合にも増粘剤は使用されています。

参考資料

増粘剤(wiki)

増粘安定剤(wiki)

増粘安定剤は身体に害? 食品添加物の真実

冷凍&レトルト食品やアイスなどの「増粘多糖類」は人体に危険?がんや糖尿病の恐れも

増粘剤、安定剤、ゲル化剤又は糊料

[ジオレイン酸PEG-120エチルグルコース]とうもろこし由来の非イオン界面活性剤

50713PV

シャンプー 成分
ジオレイン酸PEG-120エチルグルコース

ジオレイン酸PEG-120エチルグルコースは、とうもろこし由来の界面活性剤で、主要界面活性剤の助剤として使用される、非イオン系の界面活性剤である。洗浄目的よりは、刺激の緩和や増粘剤として使用されている成分である。 ジオレ […]

ページの先頭へ