カチオン界面活性剤(Cationic surfactant)

カチオン界面活性剤(Cationic surfactant)は、水に溶けたときに疎水基のある部分がプラスに電離する界面活性剤で、石けんなどの洗浄剤として使用されるアニオン界面活性剤とは逆の構造となっている事で、逆性石けんとも呼ばれています。またプラスになってる事で、陽イオン界面活性剤ともいいます。

髪の毛は濡れるとマイナスに帯電するため、表面に電気的に強着して、柔軟性、帯電防止、殺菌性などの効果があります。また、構造的にはアルキルアミン塩型、第4アンモニウム塩型に分類されています。

電気的な力で吸着している事で、シリコンのように物理的に吸着しているものよりも吸着力が強い性質があります。ただ一方で頭皮にも吸着すると頭皮に炎症がおこったり、たんぱく質変性の原因となります。そのために頭皮のすすぎをしっかりとする必要があるものです。

参考資料

界面活性剤の主な性質と種類

代表的な界面活性剤の分類・名称・用途

カチオン界面活性剤

カチオン界面活性剤の毒性と刺激性について

陽イオン界面活性剤(wiki)

イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート

535PV

シャンプー 成分
イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート

イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェートは4級アンモニウム型のカチオン界面活性剤のため帯電防止剤、ヘアコンディションの機能のある成分です。 イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチ […]

[アルキル(C12 14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI]味の素が作ったアミノ酸系コンディショニング成分

12854PV

シャンプー 成分
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIはアミノ酸系のコンディショニング成分として使用され、帯電防止、ヘアコンディショニング、皮膚コンディショニング 機能のある成分です。 アルキル(C12,14) […]

[ステアルトリモニウムクロリド]髪を保護するコンディショニング成分

36237PV

シャンプー 成分
ステアルトリモニウムクロリド

ステアルトリモニウムクロリドは別名塩化ステアリルトリメチルアンモニウムで、四級アンモニウム塩に属する、カチオン系界面活性剤です。カチオン系界面活性剤は、毛髪へ吸着する効果があるため、帯電防止、ヘアコンディショニングとして […]

[グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド]グアー豆から取れたコンディショニング成分

46093PV

シャンプー 成分
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは豆科の植物である、グアーの実を主原料として、塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加させて得られた4級アンモニウム塩である、カチオン界面活性剤です。帯電防止剤、コンディショ […]

ページの先頭へ