アミノ酸界面活性剤(Amino acid surfactant)

アミノ酸界面活性剤(Amino acid surfactant)は、アミノ酸を疎水基に持つ界面活性剤の総称です。アミノ酸の代表的なものは、タンパク質を作り出している成分の最小単位で、約20種類存在します。また化粧品成分としはては、アミノ酸は保湿成分の代表として使用されています。

そんなアミノ酸をもとにして合成した界面活性剤がアミノ酸界面活性剤です。

アミノ酸界面活性剤は、その組み合わせによって性質が異なりますが、全体的な特長としては、しっとりとした洗い上がりで、肌への刺激が少ないため、肌の弱い人には最適の洗浄成分です。一方で、刺激が弱い事で、肌に残留するとかゆみを伴う事があり、すすぎを丁寧にする必要があります。また生分解性が高いものが多く環境影響の低いのも特長です。

参考資料

アミノ酸系界面活性剤のクレンジング。メリットとデメリット

シャンプー基礎知識「アミノ酸シャンプーの見分け方」

界面活性剤の種類と特長(アンダンテシャンプー)

アミノ酸系シャンプーに使われる界面活性剤(洗浄成分)

アミノ酸系界面活性剤について

 

ココイルメチルアラニンNa(ラウロイルメチルアラニンNa)は起泡性の高い洗浄成分

6710PV

シャンプー 成分
ココイルメチルアラニンNa

ココイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の洗浄成分の中でも、洗浄力が高めで、起泡性の高い洗浄成分です。 ココイルメチルアラニンNa 成分評価3 ココイルメチルアラニンNaとは ココイルメチルアラニンNaは、ヤシ油由来の脂肪 […]

[ラウロイルアスパラギン酸Na]ベビーシャンプーに使われるアミノ酸洗浄剤

13759PV

シャンプー 成分
ラウロイルアスパラギン酸Na

ラウロイルアスパラギン酸Naは植物由来のラウリン酸を原料に使った、アミノ酸系界面活性剤のひとつで、洗浄剤として使用するものです。洗い上がりもマイルドでベビーシャンプーの成分としても使われているものです。 ラウロイルアスパ […]

[ジラウロイルグルタミン酸リシンNa]ベリセアとも呼ばれる肌荒れ修復成分

3150PV

シャンプー 成分
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはセラミドと同等の保湿力があり、浸透力が高い特長があり、ダメージ髪への修復機能がある成分で、保湿、保護、肌荒れ防止、乳化、浸透等の機能がある成分です。 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa […]

[アルキル(C12 14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI]味の素が作ったアミノ酸系コンディショニング成分

12072PV

シャンプー 成分
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIはアミノ酸系のコンディショニング成分として使用され、帯電防止、ヘアコンディショニング、皮膚コンディショニング 機能のある成分です。 アルキル(C12,14) […]

ページの先頭へ