Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

シャンプーは、ノンシリコンブームで、シャンプーにシリコン成分が 入っていると、

何故か嫌われるもとなっていますが、

実際本当にシャンプーの中のシリコン成分は悪いものなのでしょう?

シャンプーのシリコン成分の役割

 

そもそも、シリコンってどんな成分なんでしょうか?

 

シリコンは地球の主要な元素のひとつ、ケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂。

「人体に影響がないことから身近な食品の加工、医薬品にも利用されているます。」

 

 

シャンプー成分のシリコンは、化学反応によって作られる完全人工物で、

キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、

手触り良く艶を出すなどの効果があり、髪をあらう時に、指通りを良くします。

 

このシャンプーのシリコンは表面的な美しさを出す役割は果たしますが、

残念ながら髪の毛を中から補修・保湿したり、、強くすることは出来ません。

 

豊胸で使用するシリコンとを想像する人がいますが、それとは違います。

 

 

また、毛根や毛穴がつまると嘘を言っているのをみかけますが、

それは全くありません。

 

コンディショニング成分には 天然成分から合成のものまでたくさん

種類がありますが、この場合そのひとつが、シリコンなのです。

 

シリコンは耐熱が高い事もあり、髪にコーティングされる事で、

髪の耐熱性を高める事が出来、ドライヤーの熱から、髪を守る事が出来ます。

 

シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、

日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

 

ちなみに、よくシリコン(silicon)と言われることが多いですが、

これはケイ素のことを指す言葉。

合成樹脂はシリコーン(silicone)と呼ぶのが正しく、

「シリコーンシャンプー」が正式名称になるのですが、

一般名称としてのシリコンシャンプーが浸透してしまったため、こちらの言い方が主流となっています。

 

シリコンシャンプーのメリットまとめ

シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防ぐ

毛髪同士の摩擦を防ぐ

ドライヤの熱から髪を防ぐ

廣か競りやすい髪をしっかりまとめる

 

シャンプー成分 シリコンのデメリット

 

これは、デメリットなのか疑問もありますが、

髪の毛がシリコンの皮膜でコーティングされる事で、

パーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなります。

パーマやカラーを長持ちさせたい人にはノンシリコンがおすすめです。

 

 

実際シャンプーのシリコン成分はどんな表示をしているの?

 

一言で、シリコンとは言っていますがシリコン成分として、こんな表記をしています。

[メチコン]の成分(例:ジメチコン、アミノプロピルジメチコン、シクロメチコン、ジメチコンコポリオール、など)
[シロキサン]の成分(例:シクロテトラシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、シクロペンタシロキサン、など)
[シリル]の成分(例:ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ、ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、トリメチルシリルアモジメチコン、など)
[シラン]の成分(例:シスチンピスPGプロピルシラントリオール、加水分解野菜タンパクPGプロピルシラントリオール、など)

 

基本的に、シリコン成分を気にする人は、ノンシリコンでも同様の成分がありますので、注意が必要です。

実際シャンプー中に シリコン、コンディショニング成分として0.5~1.0%程度しか入っていません。

 

シリコンシャンプーの間違った噂の真実

シリコンシャンプーは、毛穴がつまるらしい ☓

実際、シャンプーに使われるシリコン(正式にはシリコーン)は、

一時的に頭皮の毛穴に入ることがあったとしても、シャワー等で、

洗い流されてしまう。

 

シリコンシャンプーは薄毛になりやすい ☓

毛穴に詰まるという話から連想されたと思われます、

この噂は当然違います。

「“ノンシリコンだから”、 “シリコンだから”というより、しっかり地肌を洗えていない、

シャンプーをしっかり洗い流せていない事のほうが、頭皮にかなり良くないんです」

 

シャンプーにシリコン成分が入っていた方が良い人チェック

 

  • □ 枝毛・切れ毛は少ないほうだと思う
  • □ サラサラヘアに憧れる
  • □ 洗い上がりは「しっとり」より「サッパリ」派
  • □ ナチュラル・天然素材なものに惹かれる
  • □ 髪にボリュームが出ず、いつもペタンコになる
  • □ 髪が短く、からまりや枝毛は少ないほう
  • □ ヘアアイロンやコテは使わない

 

これらが、あてはまらない人は、シャンプーに シリコン成分が入っている方をおすすめします。

 

何故シャンプーにシリコンのような成分が入っているのか?

そもそも、何故シリコン成分がシャンプーに入るようになったのか

をちょっと考える必要があります。

シャンプーで、髪を洗うと、髪の皮脂が取れてしまい、ギシギシになります。

そのため、安定した、油脂成分である、シリコンを入れるようになったのです。

しかし、洗浄成分とは、逆の機能をもったもの

そのため、0.5~1%程度しか配合出来ないのです。

同様にノンシリコンシャンプーとして、オイル成分が入っているものも、

実際の機能としては、この部類に入ります。

シリコンとは異なり、安定性は無いのと、 機能に必要な濃度まで配合出来ないため、

実際どこまで効果があるのかは かなり疑問です。

 

そもそも、洗浄成分が強すぎるために、それを隠す意味で、このコーティング成分を

いれていますので、シリコンが良い、ノンシリコンが良いと言う前に

主成分である、界面活性剤を注目をした方が良いと思います。

 

避けるべき界面活性剤

実際洗浄力の強い、界面活性剤の代表としては、 高級アルコール系があります。

一方で、アミノ酸系、ペタイン系については、低刺激の界面活性剤です。

高級アルコール系の代表としては、 ラウリル硫酸Na や ラウルス硫酸Naですが、

その他、色々あります。

高級アルコール系がそのまま悪とは、言っているわけでは無いですが、

洗浄力が高いため、毎日の頻度で洗う事が出来ません。

例えば、美容師、理容師は、毎日お客さんの髪の毛を洗ったりしますが、

どうなっているでしょうか?

みずみずしい状態の人は、少ないのではないでしょうか?

シャンプーは、髪の皮脂を汚れとともに、取ってしまうのは当たり前ですが、

皮脂は約0.1ミクロン程度の薄い皮膜で、皮膚を守っています。

その皮膜は、一度取り除くと、完全に復活するまでに、3~4時間程度かかります。

ただし、毎日がこの状態ですと、復活に時間がかかる場合と、常時皮脂が足りないと

身体が勘違いして、大量の皮脂が出る。2パターンが発生します。

 

シャンプーにコーティング剤としてのシリコンや他の油脂成分については、

取り除いた皮脂のかわりに付与するために入っているのです。

身体に1番あった 天然の皮脂を取り除き、人工の油脂で、コー手イングしているのです。

さあ、あなたなら、どう考えますか?

 

参考資料

今さら聞けない、ノンシリコンシャンプーって何が違うの?

ノンシリコンシャンプーVSシリコンシャンプー論争に最終決着!

ノンシリコンシャンプーにだまされるな! 「髪」命のみなさん永久保存版のシャンプー最新情報をお届け!

ノンシリコンシャンプーを激安で購入する方法

絶対知っておくべき、プロに聞いた効果的なシャンプーのやり方

市販のシャンプーで髪や頭皮のタンパク質は変性しません

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket