Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

シャンプー 成分については、非常に多く数100種類の成分を

製造メーカは、チョイスして、配合して、製品として、出荷販売しています。

ユーザー側としては、1~2回使って見て、なんか良さそうと思っている人が多い事に驚きですが。

近年 販売している、シャンプーは 洗浄力が強すぎる、香で誤魔化している等

個人的には、疑問が多いものが、非常に多く感じます。

そこで、シャンプー 成分を理解度を高めるため、簡単にまとめてみました。

シャンプーの成分は何で出来ている。

 

シャンプー 成分のは大きな5つの分類。

シャンプーの成分を見るときに、商品の裏の成分表をきちんと見たことがあるでしょうか?

これは、実は書き方にルールがあります。

その商品の中身として、多く含まれているものが上位に表示されるようになっています。

これを見ると、どんなものが、含まれているかが判ります。

宣伝で、強調されていた、成分が実は微量しか含まれていない事は、結構ざらです。

今回、成分としては、数百種類程度ありますが、基本の5種類に独自で

シャンプー成分を大別してみました。これで 自身で選ぶ時の参考にしていただきたいです。

 

配合量 40~50%

シャンプーの中では、ダントツに配合量が多い成分です。

専門用語では、溶媒といいますが、簡単に言うと、

各種の有効成分を溶かすためのベースとなっているものです。

これは、薬事法上では、成分としては、表示をしても、しなくても良いもので、

成分表示としては、書かれていなかったものが多いのですが、最近は書かれている

主要成分を溶け込ますため、純水が入っています。

 

界面活性剤

配合量 40~45%

2番目に多い成分としては、この界面活性剤です。

界面活性剤は、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、ノニオン界面活性剤、両性界面活性剤

があり、主要な洗浄成分として使用するのが、アニオン界面活性剤です。

使用するアニオン洗浄成分に何を使ったかで、高級アルコールシャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプー、

と表示されています。

高級アルコール系ですと、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、石鹸シャンプーですと、カリ石鹸、ラウリン酸、アミノ酸シャンプーですと、ココイルグルタミン酸Naなどが、代表的な成分名です。 

界面活性剤にもそれぞれ機能・特長があるため、実際は、単体で使用するよりは、これらをブレンドして使用する事が多いです。

そのため、成分に少量しか入っていなくても、最近人気のアミノ酸シャンプーなどの表示をして、販売している

ケースが実際あります。また中には、アミノ酸系の成分が入ったいないのに、

アミノ酸シャンプーと表示して販売している商品もあるため、成分の確認は重要です。

 

保湿成分

配合量 4~5%

保湿成分として、代表的なの成分としてはグリセリン、BG(ブチレングリコール)等があります。

グリセリンは、固形石鹸をつくる時の副生成物で、

界面活性剤と混ぜる事が出来るもので、BGは保湿効果とともに、抗菌効果もあり、

グリセリンよりも、低刺激な成分で、グリセリンよりもべたつかない特長があります。

 

コンディショニング成分

配合量 0.5~1%

以外と少ないのに、驚かれる方もいるかと思いますが、実際は、このぐらいしか

入れる事が出来ないのです。

大きく分けると、樹脂系とオイル系の2パターンに分かれます。

樹脂系は、カチオンポリマーという粒子で界面活性剤の中では、単なる粒子ですが、

すすぎ時に界面活性剤の濃度が下がる事で、静電気が発生してその反発を利用して、髪の摩擦を減らす事が出来る

もので、ポリオクタニウム と表示されているものです。0.5%でも、十分機能が出るものです。

一方で、オイル成分は、シリコンオイル、アルガン、ホホバ、ツバキ等いろいろありますが、

実際、界面活性剤とは、逆の性質のものですので、配合量を多くすると、洗浄力が下がるため

最大でも1%程度しか入れられないものです。

 

抗菌成分

配合量 0.5~1%

代表的な成分としては、 メチルパラペンがあります。

化粧品としては、非常に嫌われもの成分です。但し、シャンプーは水分が多いため、抗菌剤を入れないと

24時間でカビが生えます。そのため、ノンパラペンと宣伝している、製品も実際ありますが、

パラペンよりも、毒性の強い抗菌剤を使っているケースもありますので注意が必要です。

 

この話題は、ワインに入れる、酸化防止剤と同じような議論と同様と考えます。

ワインの場合は、酸化某剤を抜いたものは、窒素置換をして、空気に触れないようにしたりとか

していますが、シャンプーのように、長期で使用するものは、それが出来ません。

嫌われ成分のパラペンですが、0.5%程度は人体に影響が出るレベルでは無いため、

大きな問題はありません。主成分と界面活性剤の方を気にした方が良いかと思います。

他には、エタノールなんかも抗菌剤として利用しています。

 

香料

配合量 0.2~1%

シャンプーの成分としては、非常に少ない配合量ですが、

香料の是非で、ユーザーは購入のきっかけとしている人は多いのではないでしょうか?

個人々の好みは違いマスが、一般的に、フローラル系、柑橘系、人気が高く、ムスク、シトラス系も続いて人気があります。

シャンプーの機能としては、ほとんどありませんが、

香の成分として、気分が高揚したり、逆にリラックスする感覚で選ぶので十分かと思います。

 

消去法で避ける、90%の悪いシャンプー

避けたほうがよい成分は?

まずシャンプーの成分として、一番多い界面活性剤に注力する事が重要です。

一番覚えておいて欲しいのが、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。高級アルコール系合成界面活性剤のひとつで、表示指定成分ですが、まずこの一つを避けるだけでも、約90%の悪いシャンプーを避けることができます。

また、同じアルコール系のラウレス系(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなど)の界面活性剤が、成分表示の上のほうに来るものも避けたほうが無難でしょう。

 

何故避けたほうがよいの?

これらの界面活性剤は、洗浄力が強すぎるため、頭皮や髪そのものに必要な脂質まで取り過ぎてしまいます。皮膚に残りやすく、毛根などに悪影響をおよぼすことも。パーマやカラーのくり返しなどで傷んでいる現代人の髪は、髪を守っているキューティクルがはがれたり、ささくれたりしているので、髪の内部の栄養が抜けやすくなっています。そこに洗浄力の強いシャンプーを使うと、シャンプーするたびに髪の傷みが激しくなることに。また、カラーの色あせが早くなる、パーマのウェーブがだれるなどのデメリットも。健康な髪への第一歩は、トリートメントより、まずシャンプーを変えることです。

 

シャンプーの成分と 歴史

洗髪という習慣は、江戸時代は、1回/月程度、近代になっても 1950~60年代までは、1回/週程度しか

洗髪しない習慣でありましたが、1980年代に 朝シャンブームあたりから、毎日シャンプーをする習慣

が出てきました。

一方で、シャンプーは、1932年に花王がシャンプーを発売以来

シャンプーとしては、洗浄力の高いものを目指していました、理由としては、それほど、毎日洗髪していなかった事に起因します。

特に、第二子世界大戦中などは、不衛生から、しらみや、頭皮の病気等の問題から、

洗浄力の強い 現在で言う 高級アルコールシャンプーがもてはやされました。

しかし、現在、毎日の入浴、衛生管理が良い事で、それほど、洗浄力が強いものは必要なくなっているにも係わらず、

その当時に開発されたものを使用しているのが現状です。

 

洗浄成分のリスクよりも、頭皮の汚れやしらみ問題のリスクが高かったため、それで問題無かったが、

現在は、界面活性剤の強さに対するリスクの方が高いため、割高ですが、成分としては、

アミノ酸系のシャンプーの成分をご使用する事をおすすめ致します。

 

 

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

参考資料

消去法で避ける、90%の悪いシャンプー

シャンプー解析ドットコム

おすすめ美容院の見分け方〜美容院ジプシーに捧ぐ〜

ノンシリコンシャンプーを激安で購入する方法

絶対知っておくべき、プロに聞いた効果的なシャンプーのやり方

化粧品成分情報サイト美肌マニア

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る