Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

頭皮フケは実際 男女年齢問わず悩んでいる人が多いのではないでしょうか?特に冬場になると、夏の紫外線の影響と、冬の乾燥した気候で、フケが出やすくなります。

また、暗色系の服を着ることで、目立つというのもあります。そんなフケの原因と対策についてまとめてみました。

頭皮フケの原因と対策

頭皮フケかゆみが止まらない原因は?

毎日シャンプーをしているのに、かゆいあなたは、そんな事ありませんか?

頭のかゆみは多少我慢出来ても、フケが多く出て、悩む人も多いかと思います。しかも、髪や肩に白いものがあると、他人からは不潔と思われてしまいます。

そんなフケの正体は、頭皮の角質が剥がれたものです。

実は、頭皮フケは、多かれ少なかれ、常時出ているのですが、フケといわれる人は、何らかの原因によって、その頻度が多くなり目立つようになった状態なのです。

髪や肩に白いものが、フケ原因は何だ!

一般的に言われるフケ原因としては、次の6つがあります。

☑洗浄力の強いシャンプーで、皮脂を取り過ぎている。

洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要以上に皮脂を取ると、水分の保持が的無くなり、乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になる角質が乾燥して剥がれやすくなる事で、乾燥したフケか出るのです。

☑ストレスによる、体の不調

ストレスによって、頭皮のターンオーバーが崩れるとフケが出やすくなります。ストレス性であれば、一次的なものですが、特にフケによってかゆみが出るとストレスになりさらに悪化します。

☑運動不足

運動不足の場合、汗をかかない事で、皮脂がつまりやすく、脂性肌になりやすくなります。かといって洗浄力の強いシャンプーで、洗ってしまうと、詰まった皮脂といっしょに、必要な皮脂まで、根こそぎ取ってしまうような事になり、ある部分では、乾燥してしまい、かゆみを伴う、乾いたフケが出ます。

☑カラーやパーマによる頭皮のダメージ

カラーやパーマでは、薬液によって頭皮がダメージを受けて、頭皮湿疹かゆみなどが発生しやすくなります。それによって、フケが増加するのです。

☑フケの原因菌の増加

頭皮環境が悪くなると、頭皮の常在菌のバランスが崩れます。通常は、表皮ぶどう球菌やアクネ菌といった日和見菌が、優勢な場合、弱酸性で健康な状態なのですが、黄色ぶどう球菌、真菌などが優位になると頭皮がアルカリ性となります。特にマラセチア菌が増殖すると、皮脂が多くなり、脂漏性皮膚 炎頭皮におきて、脂性のフケおよび頭皮かゆみが出ます。

脂性肌の状態ですが、これは、洗えば洗うほど酷くなりますので、皮膚科での診断が必要なものです。

☑頭皮を不潔にしている。

頭皮を不潔にしていると、古い角質が頭皮に残ってしまいます。洗いすぎも問題ですが、洗わないのも問題です。古い皮脂は酸化して、過酸化脂質に変化して、頭皮環境をさらに悪化させます。

特にフケ症のような状態となって、髪の毛にまとわりつくような、脂性のフケが発生します。

この場合、フケ防止のためには、きちんとしたシャンプーの仕方で行い、逆に乾燥肌にならない対策が必要です。

フケには、2種類のフケがある。

実はフケには大きく2種類のフケがあります。ひとつは、白くてサラサラした、フケで、気がつくと、肩に、白い物があるようなもので、一般的には”乾性フケ“と呼びます。

そして、もう一方は、髪の毛にまとよりつくようなフケで、色は、黄色っぽい感じで、さわるとべたつきのあるフケで、乾性フケよりもひとまわり大きい特徴なのが、”脂性フケ“と呼ばれているものです。

 

それぞれが特長と原因が異なります。

 

頭皮 フケ

 

多くの人が気になる”乾性フケ

乾性フケは、その名前の通り、白くサラサラしたフケで、毎日シャンプーをして、清潔感の強い人ほどおきやすい、フケです。フケやかゆみで悩んでいる人のほとんどがこちらに該当します。

乾性フケの場合、いつのまにか肩に白い物が落ちているのうなフケの種類です。

この乾燥した、頭皮フケの正体は、古くなった頭皮の角質です。古くなった頭皮が新陳代謝によって、剥がれ落ちる現象のため、時間が経つと自然に剥がれ落ちているため、誰しもがフケは出ているのです。

頭皮が出来はじめて、角質となり、剥がれおちるまでの事を新陳代謝またはターンオーバーと呼びます。この周期は通常20~40日と言われています。

このターンオーバーが短いと、フケとして、視認されるのです。乾性フケの場合、乾燥する事で、ターンオーバー期間が、通常の半分以下となってしまい目立つようになるのです。もともとターンオーバー期間は、若い時は短く、加齢とともに長くなりますので、乾性フケは、どちらかというと若年齢でおこりやすいとも言えます。

乾性フケの原因

乾性フケ原因としては、大半は、ヘアケアの間違いです。

フケ原因乾燥なのに、フケ頭皮の汚れと思い込んで、洗浄力の強いシャンプーで、ゴシゴシと爪を立てて洗ってしまう人が非常に追いのです。

実際の原因は、頭皮乾燥です。皮脂が足りない事で、頭皮の保湿が出来ないため、乾いた皮膚がドンドン剥がれ落ちてしまうのです。ここで出るフケは、汚れでは無く、早めに剥がれた角質のため、シャンプーの種類やシャンプーの仕方を見直す必要があるのです。

 

乾燥フケの具体的な対策

フケに悩んでいる人のほとんどが、さっぱり、すっきり、泡立ちが良い、洗浄力が強い、こんな、イメージでフケ対策シャンプーを選んでいるのでは無いでしょうか?

しかし、乾燥フケが出やすい人は、こんなイメージシャンプーは選んではいけません。

まず乾燥フケに悩んでいる人は、シャンプーの選び方を気をつけて、正しいシャンプーの方法で洗髪を心がける事が重要です。

“脂性フケ“は、ひどくなると本当に病気です。

フケの種類として、もうひとつが、”脂性フケ“です。

脂性フケは、乾性フケとは、異なりべたべたした 頭皮 フケです。色は、皮脂を含んでいるため、黄色っぽい色で、乾性フケと比較すると、大きいのが特長です。また、ベタツキのあるフケのため、髪の毛にまとわりつく特徴があり、肩には、落ちる事が少ないフケです。

脂性フケの原因

こちらも原因は、様々ですが、頭皮ケアの悪さで、なっている場合があります。

乾性フケの場合と同様に、脱脂力の強いシャンプーを使って、一次的にすっきりさせると、人によってですが、ホメオスタシスという防御反応で、体が、常に皮脂が足りないと反応してしまい、必要以上に皮脂をだしてしまうのです。

乾性フケと、原因は、いっしょでも、体質によって、出てくる現象が違うため対象方法を間違ってしまうのです。

また、脂性フケの場合、食べ物も影響します。頭皮べたつきの原因としては、皮脂の過剰排出ですので、皮脂の材料となるものを多く摂取していると、同時に皮脂も多くなります。そのため、脂性フケに繋がる頭皮フケが多い人は、控えるものがあります。

それは、動物性脂肪分です。動物性タンパクの赤み部分は、栄養豊富で、髪の毛の成長にかかせない栄養素を多くふくんでいますが、脂肪部分については、それほど必要ありません。

動物性脂肪は、皮脂の増加を招くとともに、コレステロールが多い事もあり、血行促進に対して弊害となります。魚の脂肪の場合は、DHA等によって、血液の循環がよくなる事から、魚介類については、それほど、影響無いと考えられます。

脂性フケの対策

脂性フケの場合も、他の頭皮フケの場合と同様で、まずは、シャンプーの方法を見直す必要があります。

まずは、湯シャンから挑戦してみましょう。実は、湯シャンは、ホメオスタシスを正常に働かせるのが目的で、湯シャンを、実践している人は、芸能人でも多いと聞いています。

もともと、ハリウッドセレブが発信もとですが、日本では、タモリや歌手の福山などが、実践しているとの事です。

これは、髪や頭皮をお湯シャワーだけで洗うのですが、脂性フケがおこりやすい人は、頭皮を洗う前に、湯船に長くつかる事をおすすめします。

湯船につかって、しっかりと汗を流すことで、毛穴につまった、皮脂汚れを押し出す事が出来るからです。ちょっとぬるめの38℃で30分~1時間しっかりと入って汗を流すことが非常に大事です。

 

その後同様に38℃前後のお湯で、頭皮の皮脂を洗い流します。

ちょっと洗い足りない場合、温度を上げるのは、良いのですが、限界温度としては、40℃を上限としましょう。

それ以上の温度、頭皮のあかみを伴う事もあるため、問題が大きくなりますので、温度には、注意しましょう。

 

頭皮フケを防ぐ、正しいシャンプーの方法

“乾性フケ“でも”脂性フケ“でも両方については、湯シャンは、ホロオスタシスで言うと、非常に良い方法なんですが、

体がなれるまで、約半年程度かかります。そのため、その間の対処が大変になるため、シャンプーを使ったやり方をおすすめします。

まずは、湯シャンまでは、同様です。この方法で実際80%程度の汚れは落ちます。シャンプー成分を使って残り20%の汚れを取るのを目的とした、洗い方です。

つまりこの方法で、大事なのは、シャンプーの量を極力減らす事で、頭皮への刺激を減らし、頭皮フケ原因とならないようにするためです。

シャンプーの量は、泡立ちで確認できます。泡立ちが多いほど、汚れは、無いと言えます。そのため、頭皮上で、泡立ちが良いとすでに、汚れが無い合図となります。泡立っている分だけシャンプーを余計に使っている事になります。

頭皮フケが酷い場合は、なるべく泡立ちはギリギリにするのが良いです。

正しいシャンプーの方法では、手のひらの上で、泡立てさせる事をおすすめしていますが、これを実践すると、少量でも、泡立ちがものすごい事が判ると思います。

手のひらで、泡立てたシャンプー成分を頭皮に持って行ったときに、軽い泡立ちになるのが、使用量としては、丁度良いです。それによって肌の乾燥しないで、汚れだけ落とすことが出来ます。

アミノ酸シャンプーで、頭皮ケア

現在、シャンプーの洗浄成分で分類すると、高級アルコールシャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプーの3タイプあります。

高級アルコールシャンプーは、ラウレス硫酸ナトリウムを初めとする洗浄成分を使用したもので、ドラッグストアーでおいてあるものの殆どがこれにあたります。洗浄力が強く、泡立ちが良く、安価であるため、人気のあるシャンプーですが、洗浄力が強いため、頭皮の乾燥が進みやすいシャンプーです。

次に石鹸シャンプーですが、カリ石鹸と呼ばれる、脂肪酸を水酸化カリウムでケン化したものを洗浄成分として使うもので、固形石鹸とは、成分が異なります。洗浄成分は強いのですが、下水に流した場合の自然分解能力が高いため、環境には優しいシャンプーです。ただシャンプーは、アルカリ性のものしか作れないため、必ずリンスとセットに使う必要があります。

最後にアミノ酸シャンプーは、当サイトでは、一押しの洗浄成分です。理由としては、毎日使える唯一のシャンプーの種類だからです。

一般的に、ドラッグストア等で、見られる大半のシャンプーは、高級アルコール系のシャンプーですが、洗浄力が強すぎるため、毎日のシャンプーには、使いにくいシャンプーです。頭皮の事を考えたら、高級アルコール系シャンプーは、おすすめできません。

1週間~10日に1回だけ洗うなら、問題ありません。

毎日洗髪するのは、日本では、当たり前となっています。毎日使用出来る、シャンプーというと、もうアミノ酸シャンプーしか選択肢がありません。

アミノ酸シャンプーは、頭皮への刺激も軽く、洗浄力も穏やかです。そんなアミノ酸シャンプーでさえ、1日1回が限度のシャンプーです。2回のシャンプーはNGです。

また、価格的にも高いデメリットはありますが、実は1回の使用量は、コンビニのコーヒー1杯分なのです。頭皮フケにお悩みなら使って見たら、いかがでしょうか。

 

1回の使用量が、コーヒー1杯分のアミノ酸シャンプー 森かける香風

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

参考資料

フケが出る

そのフケ、頭皮が乾燥しているサインかも?

なぜ頭にフケやかゆみが出るの?

シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい

10年来悩まされてきたアトピー性皮膚炎がだいたい完治したので、

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket