LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

あなたは、正しいシャンプー方法をご存じでしょうか?

髪と頭皮を洗う時にシャンプーの種類を選ぶのも重要ですが、

やはり、正しいシャンプー方法がさらに大事です。

ちょっとしたテクニックみたいなものです。簡単な方法です。覚えてしまいましょう。

正しいシャンプー方法

正しいシャンプー方法 ステップ1 (髪を整える)

髪の毛のゴミを取ります。

使うなら、やっぱり先端の柔らかい櫛を使用するのが良いです。

頭皮を傷つけるようなものはダメです。

そのため、先端のとがったものは、使用しない方がよいでしょう。

シャンプー時は、結構摩擦が、強くなりますので、絡んでいると

抜け毛の原因ともなりますので、実施した方が良いですが、

このステップはねそれほど、神経をつかう必要は、ありません。

正しいシャンプー方法 ステップ 2 (すすぎ)

シャンプー前のすすぎ洗いをする。

ちょっと以外に思う方もいるかもしれないですが

実はこのすすぎによって 約80%の汚れを落とすことができるのです。

シャンプーの液は、髪の毛がある事で、地肌まで、到達しにくいのです。

これによって

・地肌をきれいに洗う事が出来る。

・大部分の汚れがおちる事で、シャンプー液の量を減らす事が出来るのです。

また、すすぎに使用するシャワーの温度ですが、

38℃がベストです。

これは、皮脂が溶ける温度で、熱くするとねさらに溶けやすくなりますが、

40℃になると、皮膚が軽い火傷状態になりやすいため、

38℃~40℃未満の温度で行うのが、良いとされています。

シャワーの水圧で、地肌まで濡れるように、実施する事を推奨致します。

正しいシャンプー方法 ステップ3 (シャンプーを泡立てる)

シャンプー液は、まだ直シャンをしては、行けません。

何処かのメーカーが推奨していましたが、危険すぎて、話になりません。

まず、手のひらに適量のシャンプー液を出して、少しお湯を入れて、

泡立てをしてください。

とりあえず、シャンプーメーカーの推奨する適量からスタートして、

必要に応じて、減らす事をおすすめします。

この方法ですと、少量で、泡立つようになるため、シャンプー液の節約にも繋がります。

手のひらと頭皮を比較すると、頭皮は皮膚が薄いため、

シャンプー液は、洗浄力の強いものがあります、そのため、泡立てる事で

肌への影響を最小源にする事が出来ます。

10年後にいままでと同じ肌で、いたいなら、やることをオススメいたします。

正しいシャンプー方法 ステップ4(泡を頭皮に持って行って洗う)

さあいよいよシャンプーをします。

泡立てた、シャンプー液を頭皮全体に塗って

手をパーの状態にして、両手で、頭を包むような状態にして、指の腹を使って、

頭皮を動かしましょう。

ここでは、指を動かすのでは無く、頭皮が頭蓋骨の上を滑っている感覚で動かしましょう。

この方法を実施すると、シャンプーの後、血行促進になり、頭が熱くなってくるのが判ります。

最初は、物足りない感じかも知れないですが、そんな動きだけでも

頭皮の伸縮のみで、シャンプーの泡がまとわりつくので、洗えます。

髪の毛はわざわざ洗う必要はありません。

シャンプーが流れていく過程で十分汚れは、落ちるからです。

時間にして、最大でも1分程度にしましょう。

それ以上行うと、シャンプーが皮膚に染みこんでいってしまうからです。

においの気になる人は、首の後ろ、耳の後ろも同時に洗いましょう。

正しいシャンプーの方法 ステップ 5(すすぎの時間)

ここは、全工程の中で、一番重要な工程です。

まず、シャンプーを実施した時間の3倍の時間をかけて、シャンプー液を洗い流しましょう。

シャンプーは、弱酸性に調整してあっても、メインの洗浄剤は、アルカリです。

アルカリの特長は、揮発しないものが多く、少量残っていても、

乾いていく過程で、どんどん濃縮してしまい、皮膚へのダメージに繋がるからです。

そのため、念入りに洗う事が重要なのです。

ただ、折角シャンプー時の摩擦が出ないようにしても、このすすぎの時に

なってしまうと、抜け毛等の原因となってしまうため、

シャワーの圧力とシャンプー時の手の動きで、洗髪をする事を心がけてください。

正しいシャンプー方法 ステップ6(タオルドライ)

自然乾燥は、基本NGです。

その理由としては、髪の根元がどうしても、自然乾燥では、

乾かないのと、

濡れたまま、放置していくと、頭皮のカビ等の原因となる可能性が

あるからです。

ゴシゴシ拭くのも、濡れた髪は、キズがつきやすいため、

タオルドライ等で、水分を拭き取る感じが良いです。

正しいシャンプー方法 ステップ7(乾燥)

最後は、

近代文明の力を利用しましょう。

それは、ドライヤーです。

ただし、ドライヤーは、強 冷風で行う事を推奨します。

ホットでも、良いのですが、

かなり熱くなる関係で、髪にダメージが出る可能性があるためです。

頭皮が熱くなる場合はそれ以上に神経の無い髪は、熱さを感じています、

また、実質一度ダメージを受けると、基本修復は出来ないため、

このように気をつかう必要があります。

正しいシャンプーの方法を実施 事で、髪や頭皮のトラブルである、

フケ、頭皮 かゆみ、頭皮 臭い、抜け毛、髪の毛 ダメージ等の改善が期待できます。

実際、髪の毛が生え替わる期間である 半年程度で見違えるようになるはずです。

正しいシャンプーの方法 ビデオはこちら

 

参考資料

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプー

地肌チェック/正しいシャンプー方法

正しいシャンプー法は育毛の基本!

正しい洗髪法を学ぼう 非モテなら特に

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket