Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

メントールは、ハッカ臭を持つ、

揮発性の無色結晶である。

メントールにはいくつかのジアステレオマー、

鏡像異性体がある。

そのうちの l-メントールは歯磨きやチューインガムなどの

菓子類、口中清涼剤などに多用されるほか、

局所血管拡張作用、皮膚刺激作用等を

有するため、医薬品にも用いられる。

化粧品等では、爽快感が必要な時に

使用する成分です。

メントール

 

成分評価 3

 

メントールとは

メントールとは、環式モノテルペン、アルコールの一種で、

正式名称は、2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール

で、母骨格がp-メンタンのため、そこからp-メンタン-3-オール

という名前で誘導されたものが、和名の薄荷脳(ハッカ)です。

 

一般的にはハッカ臭を持つ、揮発性の無色結晶です。

メントールには、いくつかのジアステリオマー、

鏡像異性体があります。

歯磨き、チューインガム、菓子、口内清涼剤

等に使用されるのが、l-メントールです。

医療用として、局所血管拡張用、皮膚刺激作用

等の目的で使用されます。

 

薄荷(ニホンハッカ)、ミント(ペパーミント)等に

多くふくまれる成分です。

メントール

メントールの性能

メントールの最大の特徴はその清涼感です。

つまり、メントールを皮膚に接触させた時、

冷やりとした、感覚を得るもので、

実は、温度が下がっているわけではないのです。

冷感をひきおこすTRPM8と呼ばれる

受容体をメントールが刺激する事で、

そのように感じて居るのです。

 

メントールの約200倍の清涼感がある

イリシンという人工合成したものも同様

の機能で、清涼感を得るものです。

 

メントールは外用薬に使用した場合、

局所血管拡張作用、皮膚バリアの機能低下、

イブブロフェンの消炎反応を増強する効果があるようです。

 

メントールの効果・効能

一般的に、神経への作用、抗アレルギー作用、

防虫、忌避効果、抗炎症作用、経皮吸収作用

抗菌効果、血流亢進作用等があります。

 

成分を含む製品一覧

hair recipe  (P&G プロクターアンドギャンブル)

キウイ エンパワー ボリューム レシピ スカルプ フィード エッセンス 洗い流さないトリートメント

 

 

参考資料

メントール

l-メントール

メントール

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る