Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

かゆみは、非常に我慢が出来ないものです。頭皮の状態に異常が起き出しているというサインでもあります。ヘアサロンや理髪店ででシャンプーをしてもらうと・・「かゆいところはございませんか?」と必ず質問されます。それは、プロは「かゆみ」の重要性をよくしっているから!

かゆみの多くは、頭皮の状態が適切でないことを示すメッセージだからです。たかが「かゆみ」と油断しないで、しっかりと頭皮と向き合いましょう!

かゆみ“は何故おこる?

頭皮のかゆみ、炎症、フケ症といった皮膚の病気は、いきなりやってはきません。

注意喚起のようなサインを出してくれます。それが、「かゆみ」です。

そのため、かゆいと思ったときは、頭皮ケアを見直す絶好のチャンスなのです。

正しい髪の洗い方、ヘアケアの方法を身につけて、あなたを悩ませるかゆみとお別れしましょう!

かゆみの原因と対策

頭皮 かゆみ
写真AC




頭がかゆいと思って、すぐに掻いてしまうのやめましょう。症状が悪化するだけで、絶対に解決しませんので、様々な症状別の対象をする事が大事です。

頭の皮脂の取り過ぎが、頭のかゆい原因です。

日本人は、世界的に見ても、きれい好きです。お風呂好きといって過言では無いと思います。その中でシャンプー等は汚れだけで無く、必要な皮脂までとってしまいます。皮脂が無くなる事で頭皮が乾燥しやすい状態となります。乾燥は、頭がかゆい原因の第一位です。頭の皮脂を適度にもたせ、乾燥を防ぐことが、頭のかゆみの防止となるのです。

頭皮の雑菌がかゆみを引き起こす

かゆい原因として考えられるのは最大の理由は、「頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こし、その部分が痒くなる」というものです。

基本的には、この理由が一番多いのですが、頭皮に雑菌が繁殖するに至るまでのプロセスが色々とありますので、そちらについてご紹介していきます。

頭皮の傷が雑菌をまねく

かゆみの原因は雑菌の可能性があります。まず、頭皮に雑菌がつく理由で一番多いのが「頭皮が傷つく」というものです。頭皮というのは皮膚の中でも弱い部分になりますので、簡単に傷つきます。

傷ついても血が流れてくるというようなことは、ほとんど無く、知らないうちに傷つき、炎症が起こりかゆみが出るのです。

頭皮が傷つく最も多い原因は「シャンプー」です。もちろん、シャンプーをしないと頭皮に皮脂が溜まっていきますので、この皮脂が雑菌にとっては格好の餌食となってしまい、悪玉雑菌が大繁殖する原因ともなります。

しかし、シャンプーをきちんとやっているつもりでも、洗髪方法を間違えていると、結局 かゆみを発生させる原因となってしまうので注意が必要なのです。

誤ったシャンプーの方法

かゆみは、間違ったシャンプーでおこる。間違った洗髪方法としてはいくつか、考えられますが、主に以下の4項目が挙げられます。

☑ちょっと熱めのお湯で髪を濡らしてから洗髪をする
☑シャンプーを手にとって、直接頭皮に塗ってから泡立てる
☑洗髪時に爪を立ててゴシゴシと洗う
☑すすぎが不十分でシャンプーを洗い流していない

これらの項目のどれか1つにでも当てはまった方は洗髪の方法を間違えています。

熱いお湯で洗髪

頭皮のかゆみがあると、ちょっと熱いお湯であらった方が気持ち良く感じます。また髪を濡らす時と洗い流す時に熱めのお湯の方が綺麗になるように思えます。事実、熱いお湯は、皮脂が溶けやすいため、髪は濡れやすいですし、シャンプーも洗い流しやすいのですが、40度を超えるような温度の場合は、頭皮が軽い火傷のような状態になってしまい、頭皮の炎症をおこしてしまいます。つまり頭皮がかゆくなるのです。

頭皮の皮脂を溶かすベストな温度は38度といわれています。たぶんほとんどの人が”ぬるめ”と感じる温度です。ただ、頭皮にとっては、40度を超えるお湯は熱すぎるのです。 

原液を直接頭皮に塗る

かゆみは、シャンプーが原因!?

次にシャンプーの原液を直接頭皮に塗ってしまうと、原液が頭皮の毛穴の奥にまで入り込んでしまうため、お湯で洗い流しても綺麗に流せなくなってしまいます。一般的に直シャンという方法になります。

そして、シャンプーの中に含まれる刺激物のせいで頭皮が荒れてしまい、炎症を起こして雑菌を呼び寄せて、かゆい原因だけで無く、フケ原因にもなるのです。

シャンプーの原液そのものでは、汚れは取れません。汚れを取るのは、あくまでも泡です。泡立てる事で、汚れも落ちやすくなりますし、肌への刺激も少なくなるため、頭皮かゆみのもととなる、ダメージが軽減していくのです。

そのため、シャンプーを付ける時は、まず手に取ってよく泡立てから、髪につけるようにしましょう。 また使いすぎには注意が必要です。

はっきり言って、頭の上でもこもこ泡が出ると、シャンプー液は使いすぎです。ポイントとしては、よく泡立てたシャンプーを頭全体に浸透させた時に、泡が消える程度が丁度良いと思って下さい。

泡立つという事は、頭皮を守っている皮脂まで、既に無いという合図だからです。

爪を立てる

次に洗髪時ですが、頭皮はやさしく、指の腹で洗う事がいいのですが、頭が痒い場合、どうしても爪を立てて洗ってしまいがちで、ゴシゴシ洗うことで、頭皮も綺麗になっているような気がします。

かゆみがある部分をゴシゴシ洗えば気持ち良く感じるのですが、一方で、力いっぱい洗うと頭皮が傷つきそれが頭皮のかゆみの原因にもなります。爪と頭皮を比べると遥かに爪の方が固いので、そのようなもので頭皮を掻くとそれだけで頭皮を傷つけてしまいます。

そのため、洗髪時には指の腹で頭皮を動かすように洗うのが理想なのです。そうすると、頭皮を傷つけることも無く余分な皮脂を浮かび上がらせることができるので、洗髪にはこれで十分です。

すすぎが不十分

最後に、当然ですが洗髪後には綺麗に洗い流すようにしてください。シャンプーが頭皮に残っていると、それだけで炎症を引き起こす原因となってしまいます。

シャンプー液は、汚れを絡め取る事も出来ますが、同時に必要な皮脂や表皮にも付着してしまいます。そのため、使用量も大事なのですし、最後のすすぎが非常に大事になるのです。

お湯で洗い流す時間は、すすぎ残しがないよう、シャンプーの時間の3倍、3分程度を目安にすると良いでしょう。間違ったシャンプーのやり方は、かゆみを引き起こすだけではなく様々な頭皮トラブルの原因となるので特に注意が必要です。特に刺激の強いシャンプーは、刺激がある事で、残ってもそれほど気にならないため特にきちんと行う必要があります。

正しいシャンプーの方法

シャンプーが合っていない

フケかゆみがあると、シャンプーが足りないと思って、複数回洗ったり、激しく洗う人が多いですし、フケかゆみによさそうな、シャンプーとして、洗浄力の高いものや、メントール入りのものを選んだりしているかと思います。

ただ実際は、フケかゆみに良いと思って、シャンプーをし過ぎると、かえって悪化させる原因になってしまいます。

一般的な、シャンプーは、多くても、1日1回程度が限界です。それ以上は、頭皮を傷つける事でかゆみがおこるからです。頭皮にマッチしていないシャンプーを使わない事が、頭皮かゆみ防止の近道です。

カラーリング液、パーマ、ワックスなどの刺激

ヘアケア剤やワックスなどの整髪料は、かゆみの原因となっています。

ヘアケア剤やワックスなどの整髪料は、髪には問題無いですが、頭皮につくとかゆみ原因となったり問題になります。そのため、頭皮につすた場合は速やかに洗い流す必要があります。

また、パーマやカラーには、非常に強い薬品を使用します。髪の形状を変えてしまうような、薬品ですので、頭が痒くなる原因のひとつです。

最近は、パーマ液に使用する、ジアミンなどは、美容師などは、手袋をして取り扱っているようなものですが、最近は取り扱っている美容師も自身の健康のために、カラー、パーマをやらない人も増えてきました。

そんなカラー、パーマについては、頭皮に直接受けていますので、肌が荒れて、フケかゆみ原因になってもおかしくないものなのです。

かゆみが気になる人は、カラー、パーマはもちろんですが、整髪料等も刺激になるため、の使用を避けましょう。

頭皮を洗う時は、お湯でならすすぎ過ぎはありません。特によごれや泡が残りやすい生え際や耳まわり、えり足などは十分に注意して、徹底的にすすぎましょう。

正しいシャンプーの方法

疲労・ストレス・睡眠不足

生活習慣もフケかゆみが出る原因になります。

ストレスが髪の状態へ影響を与えることはよく知られていますね。円形脱毛症がそのひとつです。

ストレス以外にも食生活の乱れも頭皮のフケやかゆみの原因になることが多いのです。栄養バランスが良くない食事は頭皮の状態を悪くし、よってかゆみを引き起こす原因をなってしまいます。

いずれもバランスよく取り入れる事が、頭皮や髪のために役立つことになります。フケかゆみ対策そのものに効果的な食べ物という事では無く、頭皮環境を整えるために必要な食品を摂り入れる事が、頭皮の環境を整え、フケかゆみそして臭いを解消できることにもつながります。 

カビが繁殖している

フケ原因菌」は皮脂を食べて生きるカビの一種で、誰の頭皮にも住んでいます。

癜風菌(でんぷうきん)ともいわれ、皮脂腺が多い頭皮はもちろん、顔、胸、背中などにも好んで住みつきます。このフケ原因菌が増えると、フケかゆみ原因になります。

特にベタベタしたフケやかゆみがある場合は、

フケ原因菌」の増殖を抑える成分が配合されている予防シャンプーをおススメします。

フケやかゆみに効くシャンプーとして、おすすめなのが、コラージュフルフルです。

防カビ成分配合の「コラージュフルフル」の詳細はこちら

防カビシャンプーで洗っても、フケかゆみが改善しない場合は、働きの違うシャンプーに替えてみるのも方法のひとつでしょう。

また、髪を濡れたまま放置すると、フケ原因菌が繁殖する原因になりかねません。髪にダメージを与えないよう正しく乾かして、健康な頭皮を保ちましょう。

正しいシャンプーの方法




頭皮の乾燥がフケかゆみの真の原因

シャンプーなどもそうなんですが、頭皮乾燥が実はフケかゆみの最初の原因なのです。頭皮の保湿は非常に大事なのですが、シャンプーや実は温度の高いシャワーもそうですが、皮脂を取り過ぎると、頭皮乾燥してしまうのです。

お風呂が出ると、頭が引っ張られる感覚が出る人がいますが、それは乾燥している合図です。

乾燥だけなら良いのですが、それによって頭皮のターンオーバーが崩れて、フケやかゆみの原因につながり、ほっておくとフケかゆみが悪化してしまうのです。

地肌に良いアミノ酸シャンプー 森かける香風

頭皮ニキビが出来て、頭がかゆい

頭皮ニキビは、皮脂と密接に関係しています。常温で皮脂は液体のため、毛穴が詰まる事は無いのですが、皮脂線が汚れる事で、目詰まりをしてしまい、詰まった皮脂とアクネ菌が反応して、固形状になってしまいます。これがニキビのはじまりです。

頭皮は身体の中で特に皮脂の多い場所です。それは、髪の毛がある事で、髪の毛通しがつかないように、頭皮から皮脂を分泌する事からと言われています。そんな頭皮では実はニキビが発生しやすいのです。

頭皮では余分な皮脂が溜まりやすい環境もあり、頭皮のニキビも起こりやすくなっています。しかしスッキリさせたいと思って、脱脂力の強いシャンプー等を使うと実は逆効果になりますので、注意が必要です。

頭皮ニキビが出来てしまった場合、頭皮の環境が良くなる事が改善の近道です。皮脂が原因だからといって、皮脂をごっそりと取ってしまうような、頭皮ケアシャンプーを使う事は、逆効果となる事が多いので注意が必要ですね。

頭皮の湿疹がフケかゆみの原因になる。

気づかぬうちに、多くの人が、頭皮湿疹で悩んでいるようです。

頭皮の湿疹は、髪の毛で覆われた頭部、髪の毛の生え際などにみられる湿疹です。気づかぬうちに多くの人が、頭皮湿疹で悩んでいるようです。

頭皮湿疹の症状は、皮膚が赤くなったり、皮膚がポロポロとむけたり、かゆみも伴うこともあります。ただ、かゆみを伴いますが、かゆみは、激しいものになる事は無いのですが、湿疹の部分を無意識に掻きむしってしまうために悪化すると言われています。

湿疹の原因は多数あり、皮脂、汗、ストレス、生活習慣など様々です。頭なので、直接自分の目で見ることができず、気づかまま放置する人も少なくないようです。

頭皮のかゆみをまねく、頭皮乾燥は、シャンプーの選び方が大事。

頭皮のかゆみがある場合は、やはり洗い方の改善をする事が非常に大事です。

頭皮のかゆみのような頭皮トラブルがある場合は、ドラッグストアーで販売されているような、刺激の強いシャンプーを使わずに、フケ、かゆみに効くシャンプーを選ぶ事が大事です。

頭皮に優しいアミノ酸シャンプー 森かける香風

アミノ酸シャンプー 森かける香風

ただ、頭皮のかゆみ がある場合は、低刺激のシャンプーに合わせて、専用の治療薬で症状を抑えることをおすすめします。薬局にいけば、どこでも専用の治療薬が販売されています。

ただ、頭皮のかゆみが酷い場合は、皮膚科で、一度度治療を受けたほうがいいでしょう。

15年間続いていた頭のかゆみが解消

フケかゆみを改善した方の体験談です。

中学生ぐらいのときから、パラパラと落ちる頭皮に悩んでいた。床にも落ちるので部屋も汚してしまうし、なにより不潔に見える。

不潔に見えるとモテないし、自分なりに解消しようと試行錯誤してきたが、多少の効果はあったものの完治はぜず、慢性化していた。

しかし、最近試した一連の対策で、完全解消とはいかないまでも、劇的に症状を改善させることが出来た。 

劇的に改善した方法として

まあ、要するに、医者に行く。皮膚科に行く。フケかゆみだと言うと、たぶん2種類の薬をくれる。

両方とも、とんがったノズルで液体を頭皮にチョンチョンとつけるタイプの薬。

1つが、炎症かゆみ止め(ステロイド入り)。もう1つが、カビ真菌の繁殖を抑えるカビ止め。この2種類から分かるように、フケ症の治療は「炎症の治療」と「カビの繁殖を抑える」という2つが重要なんだそうだ。

「炎症の治療」でまず重要なのが、かゆみが出たら絶対にかかずに、すぐかゆみ止めを塗ること。医者が出すかゆみ止めは強力なので、一瞬で頭皮の痒みが消える。ムヒの5倍ぐらい効く。掻くと皮膚がはがれる原因になるし、炎症が広がっていいことないので、かかないことは凄く重要。自分は外出するときも常にこの薬を持って、痒みが出たらすぐトイレにいってこれを塗ってた。

ステロイド入りだから怖いかもしれないが、アトピー持ちだった自分は経験的にステロイドは慢性的に塗り続けるようなことがなければ大して問題がないと実感してたので、むしろバシバシ塗って短期で治した方が良いと思ってそうしていた。

「カビの繁殖を抑える」で重要なのは風呂のとき、良かったと思う方法が、医者からもらったカビ止めを1円玉大ぐらい手に出して、シャンプーと混ぜてから頭を洗う。基本的に髪が邪魔で頭皮に薬は塗りにくいし、カビ止めはかゆみ止めと違って即効性が感じられないので、ついつい塗るのがおっくうになってしまうのだけど、この方法は楽なのでおすすめ。

あと、シャンプーが残っているのも良くないようなので、すすぎも念入りに。そして風呂から出た後、自分の場合、いままで不十分だった「ドライヤーで髪を完璧にカラッカラに乾かす」

というのが効果が大きかった。今までは、頭皮が乾燥してよくなさそうという理由で、あまりドライヤーを当ててなかった。

むしろ濡れたまま自然乾燥にすることも多かった。もしかして、と思ってこれでもかと乾かしてから寝たら、次の日に凄く調子が良かったので、これだと思った。これらをやるようになったら3日ぐらいで、ほぼかゆみはなくなり、フケもいままでの1/20にはなった。フケかゆみがなくなったので現在は、かゆみ止めはたまにしか使用しなくなった。

医者からもらったカビ止めが無くなったらどうなるかわからないが、カビに関してはドライヤーの効果が大きいと感じているので、しばらく薬無しにしてみるつもり。

まぁそれでダメだったら、この長年の悩みから、解消されるんだからカビ止めだけもらいに医者に通うのも全然OKだ。

脳に電気刺激→かゆみ抑制  アトピーの効果的処置に期待

かゆみには、直接関係ないが、 電気信号で、かゆみが止まるとの事で、コラムを紹介します。

 愛知県岡崎市の生理学研究所は12日、脳に外部から弱い電気刺激を与えることでかゆみを抑制することができたと発表した。

「薬よりも副作用が少なく、将来的にアトピー性皮膚炎の効果的な処置などにつながる可能性がある」としている。

中川慧研究員(現・広島大院助教)らによると、大脳皮質の感覚運動野に同様の弱い電気刺激を与えることで、痛みが緩和されることが知られている。

研究グループはこの感覚運動野が、かゆみも感知することに着目し、刺激でかゆみも抑制できると考えた。実験は成人14人の頭に簡易な通電装置をつけ、人によっては感じない程度の電流(1ミリアンペア)を15分間流して感覚運動野を刺激した。そのうえで、薬剤で腕にかゆみを引き起こし、感じ方を9段階で申告してもらった。 その結果、電気刺激を与えない時に比べ、頭 かゆみの感じ方が弱まったり、感じる時間が短くなったりすることが確認できたという。

研究グループは「電気刺激で大脳皮質の神経活動が活発になったところに、新たなかゆみのシグナルが来ても、脳が処理できずに感じにくく、なるのではないか」と推測している。

頭皮のかゆみについてこちらも参考にしてください。

 

頭皮に優しいアミノ酸シャンプー 森かける香風

アミノ酸シャンプー 森かける香風

参考資料

頭皮のかゆみの原因とは?

頭皮にかゆみが出る原因と、その対策方法

かゆみは頭皮からのメッセージ

15年ぐらい続いていたフケ症が解消した話

脳に電気刺激→かゆみ抑制 アトピーの効果的処置に期待

花粉症・アレルギー対策【その2】~アロマオイルを使って花粉症の不快感やストレスを解消!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket