Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

フケで悩む人は、頭皮トラブルの中では、ダントツに多く、様々な対策をしている人を見かけます。ただ、その対策については、実はかなり間違っている場合が多いのです。

それは、フケ原因が様々だからで、原因毎に対応策が違ってくるからです。フケを無くすためには、まずは、フケ原因を突き止める必要があるのです。

フケ原因を突き止めて、気にならない毎日へ

日本人の抱える地肌トラブルの中で、フケかゆみが最も大きな悩みのひとつです。

 

実に女性の86%、男性の87%が「このような地肌トラブルを経験したことがある」と答えています。それだけフケについては、日本人は、非常に真剣に悩んでいる人が多いのです。

頭皮乾燥フケ原因

圧倒的に多いフケ原因として、頭皮乾燥です。頭皮乾燥した時のフケは、比較的細かいフケで、サラサラとしています。また、気がつくと肩に白いものが落ちていると事で、目立ちやすいフケでもあります。

特に冬場は、空気も乾燥しているため、頭皮乾燥しやすくフケ原因となると言われています。また場は、暗色系の洋服を着る事で、こまかいフケが肩におちる事で、非常に目立つため、他人の目からも気になるものです。

通常、頭皮は通常20日前後で、ターンオーバーがおこるようになっているのですが、頭皮乾燥すると、頭皮が角質化するのが1週間程度まで、早まり、角質化した頭皮が脱落する事でフケとして認識するものなのです。

一般的に、このようなサラサラのふけの事を乾性フケといいます。フケの人の多くは、この乾性フケで、頭皮乾燥の原因も様々です。

乾燥原因は様々ですが、頭皮乾燥に繋がるのは、こんな事が上げられます。

 

・シャンプーで洗いすぎている

フケの人は、フケは、”汚れ”と思っている人が多いので、洗浄力の強いシャンプーで、ゴシゴシ洗う人が非常に多いのです。

洗浄力の強いシャンプーは、台所洗剤と変わらないものです。汚れ落ちが非常に強いものなのです。そして汚れと思い込んで、除去しているのが皮脂です。間違ったCM等の影響で、皮脂がすべて悪者みたいな印象を持っている人が多いのですが、皮脂が無いと頭皮乾燥してしまうのです。

皮脂は、頭皮保湿のためには、必要不可欠なものです。

フケが多いと、頭のかゆみも併用している場合が多いため、サッパリとする、洗浄力の強い、泡立ちの良いシャンプーを選びがちですが、頭皮乾燥する事で、ターンオーバーが早まり、さらにフケが出やすくなる悪循環となっているのです。

頭皮乾燥シャンプーが原因で、これが、フケかゆみ原因のひとつとなっているのです。

の乾燥で、頭皮乾燥してフケが出る

冬場に空気が乾燥すると、肌も乾燥気味になります。そのため頭皮乾燥ケアが必要になります。

は、頭皮乾燥して、フケかゆみが出る場合があります。フケ対策には、頭皮保湿が欠かせません。

頭皮乾燥には、オイルローションを塗る事で、頭皮保湿を促す事が出来ます。オイル保湿は、フケ予防にも繋がります。

ストレスや運動不足の影響による体の不調がフケ原因?

強いストレスや運動不足によって、皮脂腺が詰まってしまう事があります。皮脂腺が詰まると、頭皮に皮脂を供給出来なくなる事で、頭皮のコーティングが出来なくなる事で、頭皮乾燥させてしまい、角質化を促進しフケ原因となるのです。フケ防止のためには、油脂分を取る事も大事です。

偏った食生活による栄養不足がフケ原因

頭皮乾燥を防ぐためには、ある程度の皮脂が無ければなりません。

皮脂の材料は、油脂ですが、これの供給源は、実は食事です。食事の油脂成分をきちんと取り入れているかで、油脂成分の少ない食事をしていると同時に皮脂が足りなくなって頭皮乾燥してしまうのです。頭皮乾燥する事でターンオーバーが早くなってしまい、が多い原因となるのです。これが乾燥フケとなるのです。

パーマやカラーリングによる頭皮の刺激がフケ原因

パーマやカラーリングは、ジアミンなどで、髪の表面をキズつける事で、色を入れたり、ウエーブをつけたりする方法ですが、同様に頭皮にもダメージを与えて、肌荒れをおこしているのてす。

健康に人では、すぐに回復するため、大きな問題にはならないですが、継続的にカラー、パーマを行っているとどうしても、頭皮にも影響してきます。

カラー液、パーマ液が頭皮につくと、傷が出来る事で、最初は、ちょっとかゆいだけかもしれないですが、そこから頭皮乾燥が始まります。

かゆい(痒い)とどうしても、掻いてしまう事があります。それによって傷口が広がってしまいます。この時、頭皮乾燥が始まっているのです。

特に薬品によって、頭皮が荒れる事で、フケだけで無く、湿疹が出来る事で、頭皮のかゆみを誘発するのです。

フケ原因菌(カビの一種)の増加

頭皮には、様々な常在菌が存在しています。通常は頭皮フローラと呼ばれるように、日和見菌と悪玉菌のバランスが取れているため、頭皮は、弱酸性の状態でバランスが取れています。そのため頭皮がかゆいなんて事は無いのです。もちろんフケが出るなんて事はありません。

ここで言う日和見菌とは、表皮ぶどう球菌、アクネ菌の事をいい、これらは、皮脂を食べて、弱酸性の生成物を排出する事で、皮膚表面にコロニーを形成しています。弱酸性の状態を好む日和見菌は、人の肌と共生しているのです。

アクネ菌は、頭皮ニキビの原因菌なのですが、通常増殖する事の無い、皮脂腺内で増殖する事で、ニキビを発生するのですが、普段は日和見菌として認識されるものです。

一方で、頭皮フローラの中には、一般的に悪玉細菌と呼ばれる、黄色ぶどう球菌、真菌、マラセチア菌などがいます。これらは、アルカリ性の肌を好むため、普段の頭皮環境では、なかなか増殖しにくい環境ですが、シャンプーなどによって、頭皮がアルカリによって洗われると、普段小勢力であった、悪玉細菌が、増殖を開始し、フケかゆみの原因になるのです。

頭皮フケかゆみシャンプーによって発生しているのです。これは、アルカリ性の環境を好む悪玉菌は、日和見菌と同様、皮脂を食べて増殖するのですが、副生成物として、毒素を出したりする事で人体にも害があるものが多いのです。

頭皮ケアのつもりでシャンプーをしているのに、シャンプーが頭皮かゆみニオイの原因となっているのです。

黄色ぶどう球菌の場合

黄色ぶどう球菌は、一般的に食中毒の原因菌でもあります。特に毒性の持続力が強いため、頭皮においては、皮膚疾患を引き起こす原因菌のひとつです。皮膚に炎症をおこす事から、フケ乾燥の原因になり、頭皮かゆみニオイの原因になってりします。

ただ、黄色ぶどう球菌は、多勢には弱い性格で、日和見菌が増殖する事で、勢力が小さくなる特徴があります。

真菌

真菌は、一般的な言い方をすれば、水虫の原因菌の事です。頭皮水虫と言えば、判りやすいと思いますが、頭が痒くなる原因となります。

真菌も、もともと湿度の高い環境を好む細菌で、頭皮も繁殖しやすい環境で、増殖すると皮膚をボロボロにしていくため、フケが出る原因かゆみの原因となり、また臭いの原因のひとつとされています。

もともと、足に水虫がある人は、爪を媒介して、頭皮に感染する事があるようです。また以前は、革靴等を履くことで、男性サラリーマン特有と言われていた水虫ですが、ストッキングやブーツを履くことが多くなった女性も例外なく、水虫になる人が増加しており、同様に頭皮にも感染をしている可能性が高いです。

マラセチア菌

マラセチア菌が増殖すると、皮脂が多く出てしまい、脂漏性皮膚炎フケが多くなるのです。頭皮湿疹原因ともなる事から、フケかゆみ原因につながるのです。

特徴として、「フケがでかい」。これは、脂性フケとなるため、粘りがありべたつきがあるため、大きい、でかいフケになるのです。フケのイメージとして、肩にパラパラとおちるのを想像する人が多いですが、油分を含んで、粘りがあるため、髪の毛にまとわりついた形になります。

また、フケがすごい出るの共に非常に強いかゆみがあります。またそれだけじゃ無く、頭皮の臭いが出ますので、専用のシャンプーで、フケかゆみに対処する必要があります。

脂漏性皮膚炎になったら、フケ かゆみ に 効く シャンプーで洗髪して、フケかゆみをつける必要があります。

フケがひどいと思ったら、脂漏性皮膚炎を疑って、自己解決せずに、フケ治療病院皮膚科に行く方が近道です。 

アトピーもフケ原因になる。

アトピーは、原因が多岐にわたる、アレルギーのひとつです。

アレルギーは、食物アレルギー、接触性アレルギー等があって、個々で原因は異なります。総じて言えることは、健常者であれば異物と判断しないものが、体が免疫が強力に反応してしまうことで、専門的に言うと 体内のIgE抗体が通常よりも活性化しているのが原因であると言われており、過剰免疫のひとつです。

アトピーの皮膚炎を起こすことが知られており、アトピーによって、頭皮フケが多くなる事があります。そしてかゆみ対策として、アミノ酸シャンプーなどが、フケには良いです。

また、免疫過剰になる原因としては、ビダミンA不足、エストロゲンの低下も原因のひとつと考えられている。

偏った食事が脂性フケ原因になる。

これまでは、説明してきた、乾性フケは、白いこまかいフケですが、脂性フケと呼ばれるものは、乾性フケと組閣すると、大きいフケで、粘り気があるものです。そのため、肩におちると言うよりも、髪にまとわりつく感じで、色も若干黄色っぽいものです。

フケ効く いいシャンプーだけでは、解決出来ないものです。

フケをなくすにはまず食事の見直し

脂性フケ原因である、皮脂が大量に出るのは、いくつか理由があります。まずは、食事の見直しからする必要があります。

皮脂が大量に出る理由として、動物性脂肪の過剰摂取があります。動物性脂肪を取れすぎると、血中の中性脂肪が増加して、皮脂の増加につながります。

 

この皮脂の増加が、頭皮のべたつき しいては、フケかゆみの原因に繋がるため、フケかゆみ対策としては、動物性脂肪の摂取を抑える事が有効なのです。

マラセチア菌の増殖

先ほども簡単に説明しましたが、頭皮のマラセチア菌が増殖すると、皮脂の異常分泌が発生して、頭皮のべたつきとともに、頭の フケ痒みが発生します。

この場合、頭皮フローラのバランスが崩れてしまった事ず原因ですので、頭皮フローラを作り直すために、頭のフケかゆみに効果がある殺菌シャンプーや抗生物質を使う必要がある。

 

また、頭がかゆい時には、皮膚科で、副腎皮質ホルモン系のかゆみ止めの処方してもらい塗る事が良いです。

 

免疫力低下

免疫力低下によって脂性フケが出るデーターもあります。頭皮炎症がフケの排出には、アラキドン酸、オレイン酸が影響すると言われています。ただ健常者の場合は、影響は受けないのですが、免疫力が低下しているときには、これらによって、脂性フケがひどくなると言われています。

また、HIV陽性患者は、免疫力が低下していることで、脂漏性皮膚炎の発症率が高いと考えられています。これは一般の人が、脂漏性皮膚炎になる確率が1~2%に対して、HIV陽性の場合は80%の高さがあるからです。

シャンプーやり過ぎが頭皮のべたつきを引き起こす。

シャンプーのやり過ぎについては、頭皮乾燥を招くと先ほど説明しましたが、実は、逆に常に乾燥している事から、免疫反応(ホメオスタシス)の影響によって、頭皮が乾いている事で潤すために、皮脂を大量に排出するようになり、頭皮がべたつきます。

頭皮がべたつく事で、さらに、泡立ちが良く、洗浄力の強いシャンプーを使用する事で、頭皮環境がさらに悪化していくのです。

 

フケ 原因 

フケ治す方法フケ対策シャンプー

フケ種類として、大きく、乾性フケ脂性フケの2種類があります。

どちらも、フケ原因としては、様々ありますが、共通している原因としては、シャンプーがあります。シャンプーは、泡立ちや洗浄力が強いと、皮脂をごっそりと除去してしまい、頭皮乾燥がおこります。個人差がありますが、乾燥状態がつづく場合と、皮脂が過剰に分泌されて、べたつきが発生する場合があります。

どちらも原因はシャンプーのやり過ぎです、乾燥状態がつづけば、角質化がすぐに始まり、乾性フケが、乾燥した頭皮を守ろうとして、皮脂が大量に出る事で、べたつきのある、脂性フケが出るのです。

どちらも、シャンプーの方法を少し見直す必要があります。

フケを止めるシャンプーの方法

 

フケを治すには、皮脂の特性を知る必要があります。皮脂は、常温で液体の油脂ですので、実は38℃という低温のお湯で洗い流す事が出来るのです。

もちろん100%では無いですが、約80%はお湯だけで、頭皮の汚れをシャンプー無しで洗う事が出来るのです。これは湯シャンと言われる方法で、海外では、ハリウッドで流行っており、ブラッドピットなどは、愛好者と言われ、日本でも、タモリや歌手の福山などが行っていると言われています。

 

実際は、身体が馴れるまでは、半年程度かかると言われていますが、まずは、限定2週間程度やって様子をみても良いのではないでしょうか?まずは、乾性フケから解放される事でしょう。

フケを治すシャンプーの方法

湯シャンだけで、解決したら悩まないと怒られそうですが、湯シャンだけで、半分以上のフケは、解決しますので、是非おこなってみてください。

ただ、フケ原因が真菌やマラセチア菌だった場合、洗い方を改善しても、治りません。ただ、これらの悪玉細菌が増殖するきっかけは、シャンプーのやり方が悪い事が原因の一部ですので、あながち関係無いとは言いがたいです。しかし、すでに、この2つが原因の場合は、自己治療では、解決出来ないので、フケ専門の病院の皮膚科にいく事をおすすめします。

真菌や、マラセチア菌が増殖する理由としては、アルカリ性のシャンプーで洗われる事でおこります。汚れや皮脂とともに、日和見菌である、表皮ぶどう菌も流されてしまいます。

実際復活するまで、3~4時間と言われていますが、度重なる事で、復活までまる一日かかる人もいるようです。そのため洗い方には注意が必要なのです。

さて、洗い方ですが、先ほど湯シャンで、80%の汚れがおちると説明しましたが、逆にいうと、シャンプーなどの洗浄成分は、20%程度の汚れ落としに使用するだけで良いのです。

シャンプーの使用量を最小限にする事が、フケ、かゆみの改善となるのです。

フケか出ないシャンプー方法

頭皮の汚れの取る、湯シャンは、確実に行ってください。

☑手の平で、シャンプーを泡立てる。

手の平に500円玉程度シャンプーを取ります。少しお湯をつけて、泡立てます。シャンプー液を直につけるのは、絶対にしないでください。

☑髪の泡をつける

髪の毛全体で泡をつけて、頭皮を掴んでもんでください。この時に指は、頭皮につけたままで、頭皮を前後左右に動かしてください。それだけで、泡は、頭皮全体にまわります。

指を動かすはおろか、爪でこすってはいけません。それは、頭皮に傷がつくからです。

☑シャワーの水流で、泡を洗い流す。

シャワーの水流でしっかりと、洗浄成分を洗い逃がしてください。基本的には洗浄時間の3倍といいますので、シャンプー時間が1分ならすすぎは、3分と言うにしてください。

☑乾燥

タオルでしっかりと、水気を取ったら、ドライヤーでしっかりと乾燥してください。

この時にドライヤーは、冷風で行ってください。どんな上手にやっても、ホット設定の場合は、頭皮を傷めるおそれがあるからです。

サイトがすすめる頭皮に良いシャンプー

1位 アミノ酸シャンプー 森かける香風

100%アミノ酸成分で出来た、シャンプーで、優しく洗い上げるのに特化して、余計なモノは入っていないシャンプーです。血行促進の成分として、漢方薬成分が入っており、オレンジの香りが無香料に近くて自分好みです。

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

2位 haru黒髪スカルプ・プロ

女性専用として、アミノ酸シャンプーで、頭皮と髪両方に良い成分がたっぷりと入ったシャンプーです。100%天然由来の成分でこだわったもので、男性が使っても問題ないものです。

haru黒髪スカルプ・プロ

3位 ミノン薬用シャンプー

市販で、販売されている、シャンプーの中でダントツに評価が高いものです。アミノ酸シャンプーで、頭皮のフケ、かゆみを抑える、グリチルリシン酸2Kを配合したシャンプーです。

ミノン薬用シャンプー

 

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る