LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

フケ原因は、人そけぞれですが、実はその原因は、人によって異なります。他人から見られれば不快に思われるし自分でも何故こんなに出るのだろうと悩まれる人が、多いものです。

フケ原因を確認せずに、フケの対策として、シャンプーで思いっきり洗うなんて事をやっている人が多いのではないでしょうか?

フケ原因は、色々ありますが、フケの元が、表皮の脱落ですので、思いっきり洗ったら、無くなるというものではありません。

そこで実際の原因と、それに対する対策について、書いていますのでご確認ください。

フケ 原因判明!?フケが出る3つの原因と対策

フケ

まず、フケ原因を考える前に、フケが出るメカニズムについて考えて見ましょう。

フケは、先ほども言いましたが、頭皮が古くなり脱落したものです。

そのため、驚かれる方も多いとは思いますが、誰もが一定量は、フケが常時出ています。はっきり言って見えていないだけです。

その出ているフケの量が多いか少ないかで判断しており、脱落の量が多くなる時に、一般的にフケ症と判断しています。

フケ原因としては、ターンオーバー異常が一番に考えられます。

ターンオーバーとは、新陳代謝の事で、一定期間で、頭皮の細胞の古いものが、新しいものに、入れ替わる事をいいます。

頭皮が健康な状態であれば、このターンオーバーは、20~40日程度でおこっています。

若年齢時は、このターンオーバーが早く、加齢とともに、遅くなる傾向があります。このターンオーバーが何らかの原因で、異常に早くなり、どんどん脱落していくのが実はフケ原因となっています。

そのため、まず自分のフケ原因が何なのかを考えて、それぞれの対策を見つれる必要があるのです。

フケ原因はこれだ!

フケには実はいくつかの種類があります。フケ症には、大きくわけて2つのタイプがあります。白く乾燥した、フケである、乾性フケと湿った感じのフケである、湿性フケです。

一般的に見分け方としては、乾性フケは、白いものが肩にパラパラと落ちており、暗色系の洋服をきていると非常に目立つものです。一方で、湿性フケは、肩に落ちると言うよりも、髪の毛にまとわりついている感じのものが、多く、乾性フケとは、異なり黄色っぽい感じの色のものとなります。

フケ原因としては、それぞれが異なりますので、対処方法も異なります。そのため、それぞれのフケ原因について見ましょう。

乾燥フケ原因と対策

まず、フケ症の人で、フケ原因として多いのが、この乾燥フケと言われているものです。

いつのまにか肩に白いものがのっているなんて、経験ないでしようか?特長としては、白くて細かいフケで、感触としては、さらさらしているものです。

これは、頭皮が乾燥しやすくなっており、潤いが足りないため、角質化しやすく、角質化した、頭皮がターンオーバーの乱れによって脱落して乾性フケとなります。

実は、この乾燥フケ原因はシャンプーにあります。

そして、シャンプーを含めて次のようなものがあります。

  • 洗浄力の強いシャンプーによる皮脂のとりすぎ
  • ストレスや運動不足の影響による体の不調 ・偏った食生活による栄養不足
  • パーマやカラーリングによる頭皮の刺激
  • フケ原因菌(カビ1種)の増加
  • 不潔にしていることによる頭皮環境の悪化

さあ 思い当たるものはあるでしょうか?

シャンプーの方法を変えて、乾燥肌からさようなら

一番多い原因としては、先ほども書きましたがフケ 原因はシャンプーによって必要な皮脂が奪われて、表皮が乾燥して角質化して脱落する。これが一般的に一番多いフケ 原因です。

フケが多いとシャンプーで思いっきり洗うようなフケの原因対策をされている方が多いと思いますが、この場合実は シャンプーで思いっきり洗う事で、必要な皮脂を取り除いてしまい、フケ 原因を取り除こうとがんばった結果、さらにフケ 原因を増やすような事を実はやっていたのです。

実際、シャンプー等で洗髪をして、皮脂を取り除いてしまった場合、皮脂が復活するまで2~3時間程度かかると言われています。

そのため、その間皮脂が無い事で、頭皮 乾燥が進行して、ひび割れやあかみといった頭皮トラブルが発生、頭皮が角質化を経てフケとなるのです。この場合は、洗いすぎに注意です。洗い方も気をつける必要があります。

 正しいシャンプーの方法 を参考にしてください。

食事で、乾性フケを抑える

乾性フケの原因として、実はビタミンB2不足の場合もあります。ビタミンB2は、一般的に脂質の代謝に影響を与える、ビタミンでこのビタミンB2が不足すると、皮膚や粘膜に異常が発生して、頭皮トラブル、肌荒れ、目の充血、子供だと、成長障害がおこります。

このビタミンB2はこんな食品に含まれます。

含有料の多い順番として

  • レバー
  • うなぎ
  • 納豆

実際取り過ぎる事は殆ど無いため、多めに取る事をおすすめします。

水虫の原因 真菌が 頭皮に広がる

フケ原因 対策として、頭皮の雑菌に注目する必要もあります。頭皮には、常用菌が存在しており、健康な状態だと、ブドウ球菌、アクネ菌等の勢力が強いですが、通常、少数勢力である、黄色ブドウ球菌、真菌、マラセチア菌などが勢力を増大する事があります。これが、頭皮 フケ原因になります。

通常、弱酸性下では、これらの害をなす常在菌は、増殖しません。これらの菌は、アルカリ下でしか増殖しません。つまりシャンプーで洗う事で、頭皮がアルカリ性に一次的に変わります。

その時に、悪玉菌たちは、勢力を伸ばそうと増殖を開始するのです。やはり、フケ原因がシャンプーになります。ただ シャンプーをしては行けないと言う事ではありません。正しい知識で、シャンプーをする事が重要になります。

そのため、正しいシャンプーの方法

大事になるのです。

脂性フケ原因と対策

一方で、脂性フケですが、こちらは乾性フケと異なり、フケ原因が違います。

こちらの特長としては、乾性フケと比較して、塊が大きく 脂を含んでいるため、若干黄色っぽい色のフケで、髪の毛にくっついたままのものが多いです。

この脂性フケは、頭を掻いた際に爪の中に溜まりやすいフケです。そのため、落ちると粘性のあるベタベタしたフケとなります。

さて、脂性フケ原因は、どのようなものがあるのでしょう。

  • 洗髪の仕方が悪く、洗髪不足となっている。
  • 睡眠不足
  • 食事のバランスが悪い
  • ホルモンバランスが崩れている
  • ストレスが多い
  • 皮脂の増加
  • マラセチア菌の増加

フケ 原因の食事を見直す

まず、脂性フケ原因としては、揚げ物や脂肪分の多い、食物を多く摂取すると、それだけ皮脂も出やすくなります。ケーかやお菓子といったものも入ります。その場合、頭皮べたつきだけでは無く顔のベタツキや、肥満等にも繋がっていきます。特に、ニキビが出やすい場合は、脂質のものを多く取り過ぎている可能性があります。

フケ原因 対策として、脂質の多いものを抑えて、髪を健康にするビタミンB2・B6・B12・A・Eを含む豆類・青魚・卵・緑黄色野菜などの食品を多く取りましょう。

フケ 原因のシャンプーを見直す。

脂性フケ原因はシャンプーでの洗い方が丁寧でない可能性もあります。フケ 原因 対策として、シャンプーを使いすぎない事です。まずは、湯シャンをきちんと実施する事が改善に繋がります。この場合は、洗い方が足りないのですが、乾性フケ原因 対策と同様の方法で問題ないです。

 正しいシャンプーの方法 を参考に。

脂性フケの場合、毛穴がつまり易いので、毛穴まで、洗うと言って洗浄力の強いシャンプー等をつかうと、逆効果です。

汗をかいて、フケ原因 を取り除こう

皮脂腺がつまる話もありますが、皮脂線は、その名の通り油脂のため、確かに、つまり易いのです。しかし皮脂腺は、頭皮表面に潤いを保護する、大事な器官です。

フケ原因がシャンプーとしても、洗剤で取り除く事はおすすめしません。どうすれば良いかと言うと運動です。運動を定期的におこない汗のかきやすい体にする事が、重要です。定期的に汗を流せば皮脂腺がつまり、脂性フケ原因となる事はありません。

サウナ等で汗をかいても、なかなかこの皮脂腺が抜けるまではなりませんそのため、口に水を含んでサウナ等に入るのが効果的です。その時に、口に含んだ水は、飲まないで必ず、捨てましょう。たぶん白濁しており、かなり不純物が出るからです。これは、口腔内に水分があると、体は、水分が多いと勘違いするため、より多くの汗がでるようになります。

脂漏性皮膚炎

また、脂性フケの場合フケ原因として重傷なのは、この脂漏性皮膚炎です。

これは、頭部と顔に出来るフケを伴う湿疹である。皮脂中のトリグリセリドを大繁殖したマラセチア菌によって、分解して、大量の遊離脂肪酸を発生させ、接触性皮膚炎を大量に発生させるのがこのフケ原因です。マラセチア菌は、頭皮がアルカリ性になると繁殖しやすい傾向があります。

また免疫低下によって、マラセチア菌の増殖がおこるため、原因として、ビタミンB2,B6の不足・アルコール依存・ストレス・糖尿病・肝疾患等が考えられ、場合によっては、HIVによる免疫低下の初期症状とし存在する。特に抵抗力の低い、乳幼児や高齢者におこりやすいものであります。

ただし、こちらはフケ 原因が確実には特定できていないのです。もし原因が、マラセチア菌である、脂漏性皮膚炎であれば、自分で治すことは出来ません。その場合は、フケ原因 対策として、専門の皮膚科医を受診するべきかと思います。この脂漏性皮膚炎は、頭皮のかゆみを伴う特長もありますので、かなり強力なかゆみ止めと殺菌力の高いシャンプーを処方されるはずです。フケの原因菌をシャンプーで殺菌して、正常なフローラを復活させるのが目的です。

どちらにしても、普段から正しいシャンプーの方法を実践する事で、フケ原因対策 となりますので、是非実践をしてください。

髪と頭皮にやさしい シャンプー おすすめランキング

本物のアミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

参考資料

気付いたら肩が真っ白!?気になるフケの原因と対策

フケをケアしたい!

脂性フケの原因

15年ぐらい続いていたフケ症が解消した話

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket