Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

チャ葉エキスは、英名はCAMELLIA SINENSIS LEAF EXTRACT

で、ツバキ科のチャノキの葉から

抽出した、エキスで、

一般的に、抗菌や、収れん機能のある成分です。

チャ葉エキス

成分評価 5

 

チャ葉エキスは、抗黴(カビ)剤、抗菌剤、酸化防止剤、収れん剤、

香料、口腔ケア剤、皮膚保護剤、エモリエント剤、

保湿・湿潤剤、皮膚コンディショニング剤(未分類)、褪色防止剤

等様々な機能をもっている。

特に、チャ葉エキスには、タンニン、カフェイン、アミノ酸(テアニン)、ビタミンC

を初めとする、有効成分を多く含んでおり、

特に、毛穴を引き締める 収れん作用や、毛穴の炎症を防ぐ効果

皮膚の酸化を防ぐ効果があります。

チャ葉エキス

チャノキの特長

チャノキ(茶の木、学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹である。

チャの木、あるいは茶樹とも記される。

単にチャ(茶)と呼ぶこともある。原産地はインド・ベトナム・中国西南部とされるが詳細は不明、

野生化した樹木を含め熱帯から暖帯のアジアに広く分布。

 

チャノキは、大きくわけて、2種類の変種があり、

中国と日本で栽培されている、中国種とインドスリランカにて栽培されている、

アッサム種の2種類がある、

 

日本で栽培されている、中国種といわれるチャノキは、1m前後に

刈り取られているが、野生種については、2m前後になっている。

大きい物になると、5m前後まで大きくなる。

一方アッサム種は、8~15mと、非常に大きくなるのか、特長で、

収穫量も多くなっている。

 

成分を使用している製品

ミントブレンド クレンジング レシピ

 

 

参考資料

チャ葉エキスとは?

チャ葉エキス

チャ葉エキス

チャノキ

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る