Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

アミノ酸系洗浄成分とはどんなものがあるのでしょうか?

通常シャンプーは、洗浄成分である、 界面活性剤ベースに3種類に大別されています。

高級アルコールシャンプー、石鹸シャンプー、そしてアミノ酸シャンプーです。

そのアミノ酸シャンプーの主成分である、アミノ酸系洗浄成分について説明を致します。

アミノ酸系洗浄成分の特長

全体的な特長としては、アミノ酸系洗浄剤としては、

良い点としては

○低刺激で肌に優しい

○しっとりとした洗い心地

○肌には易しい

 

悪い点

○洗浄力が低い

○洗ってもさっぱり感が無い

○泡立ちが悪い

○値段が高い

 

特長を見ていただいて如何でしょうか?

 

短期的ですと、洗浄力が低いと聞いて、汚れが落ちていないのでは?

と思う人が、いますが、 毎日洗髪している人であれば、

まったく問題ありません。

ただし、アミノ酸シャンプーに表示の規定が無いのが問題で、

アミノ酸系の洗浄剤が少しでも入っていれば、アミノ酸シャンプーと表示して

良い事になっています。

つまり 1%でも入っていれば、アミノ酸シャンプーと書いて販売して良いのです。

そのため、裏面に書かれている、成分は嘘がつけないですので、

宣伝に踊らされずに、成分を見て買われる事をオススメ致します。

 

アミノ酸系洗浄成分の中身

アミノ酸系洗浄成分は実は3つに分かれています。

○メチルアラニン系

○ココイル系

○ペタイン系

が代表的な成分です。このワード長い成分名に入っている場合

すべてアミノ酸系洗浄成分となります。

 

実際に表示されている名前としては、

ココイルグルタミン酸TEA

コカミドプロピルペタイン

ラウロイルメチルアラニンNa

 

アミノ酸系洗浄成分と言っても種類が多いため、このような見方をして

確認をしてください。

そして、裏面の成分表示として、1番最初か2番目(水が最初にかいてある場合)にこのような名前が書いてあるものをご使用

いただきたいです。

 

アミノ酸洗浄成分の歴史

アミノ酸系洗浄成分の入ったシャンプーは、実は1980年代に一部の

肌や髪に優しい成分のシャンプーとの事で、使用されはじめたのが

最初で、近年になり、アミノ酸シャンプー という名前で発売されるようになりました。

 

人工で作った界面活性剤としては、石鹸でした。

石鹸で、洗髪すると、キューティクルが開いてしまうとの事で、ギシギシに

なってしまいます。

その次に生まれたのが 現在高級アルコールシャンプー

と言われているものです。石鹸系と違い、保湿成分や香料といった付加価値の高い成分

を添加出来るのが特長で、しかも安く出来るのが特長です。

そのため、市場の70~80%は、このシャンプーが多いのではないでしようか。

但し、ラウリル硫酸Naはすでに論外ですが、

一番多く使用されている、ラウレス硫酸Naについては

毎日洗うには、界面活性剤としては、強すぎる関係があり、

やはり、100%アミノ酸系洗浄成分のアミノ酸シャンプーをオススメいたします。

 

もちろんアミノ酸系成分すべてが、パーフェクトでは無いですか、

必要な成分特長としては、

・皮膚へ染みこみにくい(界面活性剤としては実は逆行している考え方です。)

・皮膚毒性が低い(ターンオーバーを促すため、 頭皮の常在菌に影響のある、毒性の強いものを避ける)

この2つが大変重要です。

年々新しいものが開発されていますが、最新としては、やはりアミノ酸系洗浄成分が今現在はベストです。

 

アミノ酸シャンプーは開発されてから、まだ日が経っていない事と、市場への出回りが少ない事で

高価です。但し、10年後の自分自身を考えた場合絶対に必要なものです。

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

参考資料

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)とは

アミノ酸系洗浄成分のタイプ

植物性アミノ酸系洗浄成分配合

大高博幸の美的.com通信(197) 割と最近の優秀ヘアケアアイテム、お試しレポート!

「アミノ酸系シャンプーを使っていたら頭皮がベタついてきた」~シャンプーの仕方を見直してみましょう^^

カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る