Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

アルコールシャンプーは、アルコール系界面活性剤を使用している、シャンプーの事です。

市場に1番出回っているシャンプーです。

安価で、洗浄力が高く、香もつけられる事で、人気の商品です。

ただし、安全性については、若干の疑問はないでしょうか?

アルコールシャンプーは市場で何故こんなにも、大半を占めているのか?

アルコールシャンプーが多い理由としては、

シャンプーの特長でもある、洗浄力が高い、価格が安い この2つが大きいでしょう。

成分の多くを占めている、界面活性剤が 約80%だいたい

10gで1円程度ですので、

だいたい、30~40円で中身が作れてしまうので、

こんなにも安価で販売できるのです。

 

アルコールシャンプーによくある 有効成分○○配合

 

添加剤を気にする人も多いが、実際入っている量としては、全部で10%以下

CMでよく名前の出る有効成分○○は多くても1~2%です。

単体で効果があっても、その成分を入れて効果があるのか、はなはだ疑問な成分もあります。

 

逆にアレルギーが出る理由で、悪者にあげられる、パラペンについては、

配合割合として0.5%で、シャンプー液を腐らせないために入っている成分です。

実際パラペンを入れないと、カビの繁殖が発生するため、必要なものです。

シャンプーは洗浄目的のため、皮膚に常時接触するものではないため、

パラペンが例え入っていたとしても、影響度は低いと考えられます。

 

アルコールシャンプーの悪者理論の背景

アルコールシャンプーの最大の問題はその洗浄力です。

洗浄力が強いことで、最小源の量で、正しい使用方法をすれば、

それほど問題はありませんが、

毎日洗うのでも多いのに、2度3度洗いする人もいるのが現状です。

特に、2回目は泡立つから、喜ぶ人が多いですが、皮膚の防御壁が無くなっている証拠ですので

皮膚にシャンプーが染みこみ易いため、かなり危険な行為です。

(パラペンが危険だ なんて言っているレベルではありません。)

特に良い香りをつけた営業で、危険だと言う事もみな忘れているのでしょう。

出来ないかもしれないですが

アルコールシャンプーの場合は3日は間を開いて使用する事をオススメします。

アミノ酸シャンプー 森かける香風

森かける香風

 

参考資料

市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーの悪い所・見分け方

高級アルコール系シャンプーとは

高級アルコール系シャンプーに注意!

シャンプー、知らずに使うと頭皮が腐る? ベストバイはどれ? 買ってはいけない商品も

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket